XPERIA 2021年モデルの進化は? スペックはどれくらいまで良くなるのか

 

XPERIAシリーズが継続して販売されておりますが、2021年モデルではどれくらいまで進化するのでしょうか。

XPERIAシリーズは2021年にはどこまで進化するのでしょうか。最新のXPERIAシリーズをずっと追いかけている人も結構多いのではないかと思います。

それではどの程度XPERIAが進化するのが予想してみたいと思います。

 

XPERIA 2021年モデルはどのように進化するのか?


XPERIA 2021年モデルはどのように進化していくのでしょうか。ソニーとしてはXPERIA 1で採用されている縦長スタイルというものは継承され続けるものと思われます。XPERIA 1というのは、今までとは異なる新設計となっており、このスタイルを継承するものとなっています。次に発売されたモデルもXPERIA 5となっており、XPERIA 2という名称ではありませんでした。そういうことからXPERIA 2021年でも同様の縦長スタイルになると思われます。それではどのような機種になっていくのか細かく見ていきたいと思います。

XPERIA 2021年モデルに搭載されるCPU


XPERIA 2021年モデルに搭載されるCPUというのは、SnapDragon875は5Gにも対応することは間違いありません。5G通信もSnapdragon865で標準搭載され、その時に搭載されるモデムはX55モデルとなります。現状ではX50モデム、X52モデム、X55モデムなどが出ておりますが、2020年モデルのCPUでメインになるモデムはX55モデムになるということを考えるとさらに高速なモデムが発表されるのではないかと思います。
X55モデムですでに7Gbpsの下りを実現しておりますが、5G自体はもっと高速に通信を行うことが可能となっています。それならさらに高速なモデムが登場しても良さそうですね。
最大7Gbpsの通信を行えるX55モデムと5G最大の下りは20Gbpsです。その差を少しでも埋めることのできるようなモデムの登場にはかなり期待したいところです。
せめて10Gbps程度の高速通信を実現できるくらいのモデムが登場してほしいですね。
型番はX60モデムくらいになるのでしょうかね。それかX65あたりでしょうか。型番は実際のところなんでもいいわけですが、高速通信に対応できるようなCPUを登場させてほしいと思っている人が多いことは間違いないかと思います。
XPERIAの能力を左右するCPUですが、このCPUは2021年に登場するスマホには搭載されることは間違いないかと思われますので、ほかにはAQUOS R5などの機種にも搭載される可能性も十分にありえるかと思います。

XPERIA 2021年モデルに搭載されるRAMやROM


XPERIA 2021年モデルに搭載されるRAMですが、10GBを超えてくるのではないかと思います。2019年モデルのXPERIA 1の時点では6GBでした。それが今後は間違いなくRAMの容量は増えていくものと思われます。
5Gに対応する時点で、大容量のRAMがないと結構厳しいのです。その理由は一時的にでも通信をしたものをRAM上に蓄えておく必要があるからです。そういうこともあり、RAMの容量というのは、大きいほうが5Gをより高速に楽しむことができるようになるわけです。
実際のところGalaxy Note10+と呼ばれる機種の場合だと、2019年冬モデルに登場しましたが、そのモデルの場合は、12GBという非常に大容量のRAMを搭載しているのです。グローバルモデルではGalaxy Note10+は5Gに対応しており、そこまでの大容量のRAMでないと高速通信ができないと判断したのかもしれませんね。
このように高速通信をする機種に関しては、大容量のRAMを搭載する傾向があるようです。

XPERIA 2021年モデルに搭載されるカメラ

XPERIA 2021年モデルに搭載されるカメラですが、カメラはクアッドカメラ以上になっていると思われます。
XPERIAシリーズに搭載されるカメラというのは、XPERIA 1の時点で3つのカメラを搭載するモデルとなっていました。
3つのカメラというのは、超広角カメラが今までのデュアルカメラとは別に搭載されることになりました。超広角カメラはiPhoneなどでも利用されているカメラです。
今後はカメラが奥行きを持たせるカメラを保持する可能性が高いと思われます。
すでにGalaxy Note10+ではToFカメラと呼ばれる奥行きを持たせるカメラを搭載しております。カメラに奥行きなんて必要があるの?と思うかもしれませんが、このような奥行きを持たせるカメラというのは何に利用するのかというと、奥行きを持たせるカメラは、撮影時のボカシなどにいい影響を与えます。
ボカシ撮影などを行う時に、このような機能があれば非常に便利なのです。ToFカメラが前面に出てくることはありませんが、いわゆる補助機能としてのToFカメラということになります。そういう意味で、4つのカメラということになるわけです。
XPERIA 2021年モデルではこのようなToFが搭載される可能性が高いということです。

XPERIA 2021年モデルの発売日

XPERIA 2021年モデルの発売は、2021年夏モデルとして販売されると思われます。そのため2021年6月ごろの発売になる見込みです。今のところ名称などはまだ不明なので、どのような名称のモデルとして販売されるかということは未定です。
XPERIA 1の後継モデルがXPERIA 5となっていますので、その次のモデルはXPERIA 3となる見込みです。その次ということで、XPERIA 2になるのではないかと思います。
XPERIA 5の名称はXPERIA 1とXPERIA 10の間ということで、XPERIA 5となっているのです。半分の数字となっていることから今後発売されるモデルも半分になっていくと予想されます。そして2022年モデルで名称がガラッと変わるのではないかと思います。

購入は各社から販売の予定

[colwrap]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[/colwrap]
こちら購入は各社から販売される予定になっていると思われます。
XPERIAシリーズの中でもフラッグシップモデルにあたる機種というのは、ドコモ、au、ソフトバンクから販売されております。そういうことを考えると今後も同じように3社からの発売は間違いないかと思います。
XPERIAはAndroidスマホの中でも売れ筋モデルとなっていることから、どこの会社も販売したいと思っているはずです。
その中でも、ドコモオンラインショップなら機種変更やMNP、新規の事務手数料が無料となっており、非常にメリットがあります。そのためドコモオンラインショップから契約する人が非常に増えているのです。購入するのであれば、ドコモオンラインショップがかなりオススメです。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

コメント

タイトルとURLをコピーしました