AQUOS Sense3 アクオスセンス3 ドコモ au ソフトバンク 人気機種に

AQUOS Sense3がドコモ auなどから販売されております。ソフトバンクはAQUOS Sense3 Plusという機種が販売されています。

AQUOS Sense3 Plus ソフトバンク スペック 価格 カメラ性能などは
AQUOS Sense3 Plusというソフトバンクから販売されている機種に関してお伝えしたいと思います。 AQUOS Senseシリーズもすでに3代目ということで、今回から新しくPlusモデルと呼ばれるAQUOS Senseとはまた異な...

ソフトバンクのAQUOS Sense3 Plusはこちらを確認してください。

 

ドコモ auのオンラインショップがおすすめ


こちらがドコモ、auのオンラインショップとなっています。
その中でもドコモオンラインショップでは事務手数料が無料となっています。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

こちらがドコモオンラインショップ以外で購入する時のもともとの事務手数料です。この元々の事務手数料が発生します。それが無料となるだけでもかなりメリットがあるのではないかと思っています。

AQUOS Sense3の人気がかなり高いことは知っていますでしょうか。その理由に関してお伝えしたいと思います。

AQUOS Sense3の人気
・安い
・信頼性が高い
・バッテリーの持ちがいい
・販売キャリアが多岐に渡る

これらの理由からAQUOS Sense3がかなり売れているということになります。AQUOS Sense3のスペックに関して紹介してみたいと思います。

AQUOS Sense3のスペック

モデルAQUOS Sense3
大きさ約147mm×約70mm×約8.9mm
重さ167g
OSAndroid9.0
CPUSnapDragon630
RAM4GB
ROM64GB
画面サイズ5.5インチ
解像度フルHD+
アウトカメラ有効画素数約1200万画素x2
インカメラ有効画素数約800万画素
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラーライトカッパー、ブラック、シルバー・ホワイト、ピンク
バッテリー4,000mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

それでは詳細スペックを見ていきましょう。

バッテリーの持ちが驚くほどいい

バッテリーの容量はなんといっても4,000mAhとなっています。かなりの大容量となっています。
このクラスのモデルで4,000というのも非常に少ないと思います。画面サイズもそこまで大きくないので、かなりのバッテリーの持ちが実現できているのです。
1日2時間程度の利用なら1週間もバッテリーが持つということになります。
動画の場合なら最大20時間連続再生を行うことが可能となります。
相当なバッテリーの持ちになっていることがわかるかと思います。基本的にはバッテリーの容量というのは、ここまで大容量のものはほかでは非常に少ないでしょう。
他のモデルでここまで大きいモデルがあったとしても海外製品がメインになっているため、そこまで大きくはありません。日本から販売されている機種でここまでバッテリーの持ちがいい機種というのはありません。基本的にはかなりオススメできるのです。

最近OPPOと呼ばれるメーカーの機種が販売されておりますが、そちらの機種は4000を超えるような機種がいくつか販売されております。バッテリー容量の大きなスマホというのは、かなりメリットがあります。

価格

ドコモの場合だと以下の通りになります。

36回払い:880円
一括価格:31,680円

非常に安価な販売価格であることがわかるかと思います。価格が安価なモデルであるということが、この機種の人気の秘密なのです。安価なスマホを購入したいと思っている人はそれだけ多いということです。

売上げランキング情報

2019年11月22日の集計として販売実績というものが出てきているようです。かなりびっくりしたのですが、AQUOS Sense3がかなり売れているようです。

AQUOS Sense3は発売されて間もない機種となっていますが、日本ではドコモ、auから発売され、SIMフリーモデルとしても販売されております。そのため人気がかなり出ているのではないかと予想されます。

売れ筋ランキング

こしらiPhone11が発売されてまだ間もない頃のランキングです。

1位 AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
2位 iPhone 11 64GB(SoftBank)(アップル)
3位 Reno A 64GB(OPPO)
4位 iPhone 11 128GB(SoftBank)(アップル)
5位 iPhone 11 128GB(au)(アップル)
6位 iPhone 11 64GB(au)(アップル)
7位 iPhone 11 Pro 256GB(SoftBank)(アップル)
8位 BASIO3 KYV43(京セラ)
9位 Galaxy A20 SC-02M(SAMSUNG)
10位 らくらくスマートフォン me F-01L(富士通コネクテッドテクノロジーズ)

こちらが売れ筋ランキングとなっていますが、1位がAQUOS Sense3でiPhone11を抜いています。

これは正直なところかなり驚きですよね。このAQUOS Sense3の型番というのはSH-02Mという型番となっておりますので、ドコモの機種ということになります。ドコモではAQUOS Sense3がかなり販売台数を伸ばしているということが、こちらからもわかるかと思います。

それではAQUOS Sense3という機種がどのような機種になっているのか見ていきましょう。

その後2020年2月のラインキングではどう変化したのでしょうか。こちらはドコモのみの集計をとったものとなります。

1位 AQUOS sense3 SH-02M
2位 iPhone 11(64GB)
3位 Galaxy A20 SC-02M
4位 iPhone 11(128GB)
5位 らくらくスマートフォンme F-01L
6位 iPhone 8(64GB)
7位 iPhone XR(128GB)
8位 らくらくホン F-01M
9位 iPhone 11 Pro(256GB)
10位 Xperia 5 SO-01M

こちらが順位となります。AQUOS SENSE3の人気が上位にいることがわかるかと思います。さすがAQUOS人気といったところです。

AQUOS Sense3とはどんな機種なのか

AQUOS SENSE 3 /lite /Plus シャープの格安スマホ スペック 価格 発売日
AQUOS Sense3シリーズが楽天モバイルより発売されることが決定しました。 AQUOS Senseシリーズというのは、低価格スマホとして、各社より販売されています。 今回発売されるモデルというのは、AQUOS Sense3...

こちらにAQUOS Sense3に関しての記事があります。AQUOS Sense3という機種というのは、低価格でありながらデュアルカメラを備える機種となっています。

やはり低価格であるというところが人気の秘密なのではないかと思っています。

最近高額機種というのは、本当に売れなくなってきています。iPhoneでもProシリーズと呼ばれる機種というのは、発売当時はすごい売れるわけですが、それ以降は残念ながらそこまでは売れません。iPhone11の販売台数がやはり伸びてしまうわけです。それは価格が安価であるということも理由の一つでしょう。

低価格機種が人気なことは悪いことではありませんが、ハイスペックに人気が集まる日本市場でここまで低価格機種の人気があるということは、若干ながら焦るべきです。それだけハイスペックモデルに魅力を感じなくなってきている人が多いということなのです。

AQUOS Sense3のデュアルカメラがいい

AQUOS Sense3というのはデュアルカメラです。また手ブレ補正にも対応しています。

今回のAQUOS Sense3というのは、どのような機種になっているのかということですが、デュアルカメラというだけではありません。

デュアルカメラの中でも超広角カメラが搭載されています。超広角カメラというのは、AQUOS Sense3だけではなく、iPhone11やiPhone11Pro、XPERIA 5などに搭載されている超広角カメラです。超広角カメラというのは、2018年モデルまででは搭載されているモデルというのは、日本のキャリアモデルでは発売されておりませんでしたが、2019年に入りデュアルカメラは、広角と超広角の2つのカメラを搭載する機種も増えてきたのです。その一つがこのAQUOS Sense3ということになります。基本的には今までなら広角と望遠の2つのカメラを備えていました。それがいつの間にか超広角と広角という2つのカメラが搭載されるようになりました。

望遠のニーズというのはあまりないのでしょうかね。実際にはそんなことはないと思いますが・・・やはり望遠をしてもデジタルズームということを考えるとそこまできれいに設営できないからなんでしょうかね。

Reno Aがランクイン

Reno Aという機種あまり知らない人も多いのではないかと思います。ファーウェイが日本市場からも排除されて、その次に出てきた中国メーカーとなります。OPPOと呼ばれるモデルとなっており、実は日本ではまだあまり知られていないメーカーとなります。

価格の割には性能がいいということで、今後日本市場の安価なモデルを牽引していくことは間違いありません。

価格も3万円ほどとなっており、価格的にもAQUOS Sense3とほぼ同じくらいの価格設定となっています。今の日本は本当に購買意欲が少なくなったのではないかと思っています。高額な機種がまったく売れ筋に入ってこないのです。

Reno Aなどが悪い機種というわけではないのですが、ハイスペックモデルが本来なら上位にきてもらいたいと思うのは私だけでしょうか。ハイスペックモデルを好む日本人が多かったのは過去の話で、最近では低価格を好むという傾向に変わってしまったのでしょうかね・・・ちょっと残念な感じもしますがどうなんでしょうか。

それでもこの2つの売れ筋の機種はAndroidの中でも低価格ながら品質は優れているということで、オススメできるかと思います。

ドコモオンラインショップでAQUOS Sense3を買うと安い

こちらドコモオンラインショップですが、こちらから購入すると事務手数料が無料で購入可能となります。

それだけでもかなりメリットがあるのではないかと思っています。また頭金もありませんので、ドコモオンラインショップでAQUOS Sense3を購入することはかなりお得なのです。

売れ筋モデルなので、在庫確保も問題ありません。ぜひドコモオンラインショップから購入いただければと思います。最近オンラインショップというのは、非常に人気が高く購入する人がかなり多いです。ぜひオンラインショップでの購入を検討してもらいたいですね。

AQUOS Sense3 カメラ性能

今回はデュアルカメラを搭載しており、カメラ性能にかなり力を入れているようですね。
カメラ性能というのは、各社最近かなり力を入れており、AQUOS Sense3でも同様にカメラ性能には力を入れているようです。
Senseシリーズというのは、今まで1つのカメラしかありませんでしたが、今回はデュアルカメラを搭載しています。
デュアルカメラというのは、2つの異なる機能を持ったカメラを搭載しており、今回は標準カメラと広角カメラの2つのカメラを搭載しています。
広角カメラというのは、ワイドに撮影できるので、大人数が集まった場合に、ワイド撮影ができるとそれだけきれいに撮影することができます。
それはそれでかなりメリットがあることではないかと思っています。

広角と標準カメラの切り替えが可能

このように広角カメラで撮影することも可能となっています。かなりきれいに撮影できていると思いませんか?広角なだけあって、それだけワイドに撮影を行うことが可能となっているのです。ワイドに撮影ができるということは、先程もお伝えした通り、大人数で撮影した場合でも端っこが切れることはありません。
またこちらのカメラのように、広い空間を撮影することも容易となります。そのため風景などの撮影にも向いているのです。
広角と標準カメラを使い分けできるということはかなりメリットがあるでしょう。

こちらが標準カメラで撮影しているところとなりますが、標準カメラで撮影している部分においても、ディテイルまでかなりきれいに撮影することができるのです。こちらを見てもらえればわかるかと思いますが、ディテイルがきれいに撮影できるだけではなく、被写体を際立たせ、背景をぼかすことも可能となっているのです。デュアルカメラならではのボカシ機能というのは、かなりおすすめしたいところではないかと思います。基本的にこのボカシというのは、一眼レフでは当たり前の撮影技法となっていますが、デュアルカメラを搭載するスマホであれば、かなりきれいに撮影することができるのです。そういうこともあり、デュアルカメラを搭載しているAQUOS Sense3ならではの写真撮影を行うことが可能となります。

IGZOと大容量バッテリー

IGZOと呼ばれるディスプレイを搭載しています。そしてなんといっても大容量バッテリーであることがかなりのおすすめできるポイント可と思います。

大容量バッテリーモデルはどんどん増えてきておりますが、大容量バッテリーでありながら、電菱をより消費するようなスペックではないため、当然ながらバッテリーの持ちはかなりおすすめしたいと思います。

こちらが大容量バッテリーの上になりたっている、利用時間ですが、待受に関しては38日というとんでもない時間の待受が可能となっています。相当待受時間は長いですよね。

そして動画再生も20時間もの動画再生が可能ということになりますので、ほぼ1日丸々動画を再生していても持つ時間ということになります。ここまでの大容量バッテリーの機種というのは、相当おすすめできると思います。基本的には、バッテリー容量というのは、このクラスで4000mAhもあることはありません。このAQUOS Sense3では4000mAhものバッテリー容量があるわけです。他の機種を見てもらいたいと思いますが、画面サイズが5インチ台でそこまでのバッテリー容量を持っている機種というのは、ほぼないかと思います。

ドコモでは使いこなしガイドプレゼント

AQUOS sense3 SH-02M キャンペーン 使いこなしガイドがプレゼントされる
ドコモはAQUOS Sense3を購入した人に向けてのキャンペーンを実施しています。 AQUOS Sense3というのは、低価格かつ大容量バッテリーの機種となっており、売上げランキングでも上位にいる機種の一つとなっています。 A...

ドコモでは使いこなしガイドをプレゼントしてくれます。購入者全員へのプレゼントとなっており、これはメリットがあるのではないかと思っています。
基本的に使いこなしガイドなどという攻略本に近いかたちで販売されているものは、1000円程度します。
それが無料で配布されるというメリットがあります。初めてAQUOSシリーズを購入するという人も、今までAQUOSシリーズを利用していたという人も、どちらにとってもメリットはありますので、この使いこなしガイドを利用したいところですね。
基本的にはこの使いこなしガイドというものは、ネット上で閲覧することも可能となっていますが、やはり冊子でもらいたいと思う人も多いのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました