iPhone12 Pro /Pro MAXでは6GBのRAMの搭載 3Dセンシングカメラも搭載される予定か

iPhone12シリーズの予想がかなり出てきております。iPhone12というのは、2020年に発売される最新のiPhoneとなっており、市場からもかなり期待されているモデルの一つとなっています。

iPhone12シリーズに関してもProモデルの発売が行われると予想されています。Proモデルというのは、通常のiPhone12よりもワンランク上のモデルとなる見込みとなっており、iPhone11Proシリーズの後継モデルとなります。iPhone12Proで搭載される予定のRAMの容量が今回予想として発表されておりますので、紹介したいと思います。

iPhone12Proに搭載されるRAMは6GB

Barclays証券のアナリスト、ブレイン・カーティス氏がiPhone12Proに搭載されるRAMの容量というのは、6GBになると予想しています。またiPhoneSE2の量産開始は2020年2月から行うとも予想しているのです。

また3DセンシングとmmWaveを備えているということです。3Dセンシングというのは、いわゆる半導体レーザとなっているため、レーザ照射で距離などを測定する用途に利用されることが期待されています。これに伴い、カメラの機能の飛躍的向上が期待されます。3次元測定を行うことができるので、立体の大きさなどを測定する用途にも利用することが可能となります。mmWaveというのは、ミリ波と呼ばれるものとなっており、先程の3Dセンシングを組み合わせることにより、まさに立体をきっちりと捉えることができるようになります。

ミリ波レーダーというものを自動車に乗る人なら聞いたことありませんか?前の車と一定の車間距離を保ったりするそれです。そのようなものがiPhoneに付くわけです。これはかなり面白い機種になりそうだと思いませんか?

アナリストは同時にiPhoneSE2に関して予想

今回はiPhoneSE2に関しても同時に予想しており、2020年2月から量産を開始するようです。そして今回の形状はiPhone8に似ているらしいのです。

そのため4.7インチの画面サイズになると予想されます。そしてA13という最新のCPUを搭載するとも言われております。そして3GBのRAMを搭載しており、これはかなりオススメできるかと思います。実質iPhone8の後継とも呼べる機種になると思われます。

TouchIDも搭載されており、iPhone8と同様に指紋認証でロック解除を行うようですね。日本ではiPhoneXから搭載されているFaceIDでのロック解除を嫌う人もかなり多く居ます。その理由はマスクをした時には、かなりの確率でロック解除できない問題があります。日本は冬の時期にかなりの人がマスクを行います。そのためマスクを外さないとできませんからね。そういうこともあり、iPhone8は日本でのニーズというものはかなりあると思います。

iPhoneSE2 Apple アイフォーンSE2 スペック 発売日 予約 ソフトバンク ドコモ au 予想 価格 噂

2019年11月7日

引用元:macrumors


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA