ドコモ ネット購入でのサービス キャンペーン 即日配送 ドコモショップでは初期費用が発生するケースも

ドコモでのネットサービスがどんどんお得になっていることを知っていますでしょうか?

ドコモはネットでのサービスを現在拡充させていっており、ドコモショップや量販店とは異なるサービスを展開していっているのです。

そのため最近はドコモオンラインショップを利用する人が非常に増えているのです。

ドコモオンラインショップというのは、ドコモがサービスを展開するドコモ直営のネットショップとなっており、最新のスマホの予約や最新のスマホの購入などを行うことができます。それではドコモドコモオンラインショップのサービスに関してお伝えしたいと思います。

ドコモオンラインショップの5つの大きなメリット

ドコモオンラインショップには5つの大きなメリットがあります。それぞれのメリットに関して一つずつお伝えしたいと思います。

ドコモオンラインショップを利用する人は年々増えているため、メリットに関しても恩恵がないとやはり契約されません。それが年々契約者数を増やしているということは、それだけ魅力的なショップということになります。スマホを購入する上での差別化という観点からすると店舗とはまた異なり、それだけ人気がかなりあるということになります。店舗よりもネットで完結するという、新しいスマホの購入方法です。

非常に便利なので、いつでも購入するということもできる様になりました。それではドコモオンラインショップのメリットに関して見ていきたいと思います。

分割支払い時の頭金なし

分割支払い時の頭金がありません。頭金というのは店舗購入のときは発生するケースが多く、店舗によっては1万円以上の頭金を払わないといけないというケースもあるようです。

頭金というのは、通常の本体代金に上乗せして支払う料金となっています。そのため本来なら払う必要のない費用となります。それではなぜそのような頭金というものがあるのでしょうか。
単純に現在スマホは売れないものとなっており、スマホが出たばかりのときのように大量に売れるわけではありません。スマホが世の中に出てきたときというのは、スマホの販売台数もかなりありました。それはまだスマホを持ったことがないという人が契約したということもありますし、スペックがそれほど高くなかったため、買い替えなどが頻繁に行われておりました。またスマホといっても10万円を超えるような価格のスマホというのは、ほとんど発売されていませんでした。
その頃というのは、スマホがかなり売れた時期となります。
それ以外にも一括0円での販売も行われたり、実質0円でスマホが販売しているケースも非常に多かった時代です。
現在は実質0円もありませんし、一括0円で販売されているケースもあまりありません。そういうことを考えるとスマホの価格というのは、5年ほど前を比較するとかなり高額になったわけです。そのためあまりスマホが売れなくなりました。まさに欲しい人だけが購入するということになったわけです。そういうこともあり、店舗での販売台数も昔に比べると間違いなく減ってきているのです。
スマホの販売台数が落ち込んでいると、店舗としては1台あたりの単価を上げる必要があります。そのため頭金の価格をあげて、スマホの価格をどんどんあげていったわけです。ただし本来なら支払う必要もないお金なので、ドコモオンラインショップではこの頭金がありません。それだけでもドコモオンラインショップはメリットがあるかと思います。

また分割支払いというのは、毎月の支払いを少なくし、家計の負担を助けるといういわゆるローンです。金利ゼロ%となっており、お得なように感じるのかもしれませんが、基本的にはこのローンの支払いというのは、債務となっており支払いが滞るとかなり厄介です。毎月数千円のため思わず支払いの遅延などをしてしまう人もいるかも知れませんが、分割支払いで遅延などを繰り返していると、将来のローンの審査などに影響する可能性が非常に高いので、注意が必要となります。基本的には、ローンと同じなので、遅延などを行うと、将来の住宅ローンやオートローンなどに影響するため、その時に困らないように確実に分割の支払いを行ったほうがいいと思います。

2750円以上の購入で送料無料

2750円以上の支払いで送料が無料となります。

この2750円というのは税込み金額です。そのため実質的には2500円以上購入すると無料となります。

基本的にスマホの購入を行うと2750円以上になりますので、スマホ購入時は送料無料になります。実際にモノを運んでいるので、送料というのは発生するものなのです。いわゆる2750円以上の支払いで送料はドコモオンラインショップが負担しているということになります。送料が発生すると購入を控えてしまう人も多いですからね。基本的にはスマホ購入時は送料が無料になるということを覚えておけばいいと思います。

それでも本来なら2750円以上の購入で送料無料ということは、3000円くらいの購入なら恐らく送料を入れたら赤字というレベルでしょう。最近Amazonや楽天含めて送料問題というものがかなり顕著化しています。2750円以上で送料が無料にできるということは、それだけの物量があるということだと思います。言い換えれば、ドコモオンラインショップを利用する人がそれだけ多いということになるわけです。確かに最近はドコモオンラインショップの広告もかなり増えてきていると思います。ネット上でもかなりの広告を出しており、それだけ集客をしているということになります。ドコモオンラインショップは本当に利用しやすいオンラインショップとなっていますので、スマホ購入時は検討の一つに入れてもいいと思います。

送料無料サービスというのは、当たり前のようで、本来なら事業者側が負担しているということは忘れてはいけません。

その恩恵を利用者である我々が受けているのです。この恩恵というのはかなりありがたい恩恵ですよね。

事務手数料が無料

これはかなり検知されていて知っている人も多いと思いますが、ドコモオンラインショップでは事務手数料が無料となります。

事務手数料無料となる対象の契約というのは、基本的にすべての契約においてです。

FOMAからXiやMNP、新規、機種変更すべての契約で事務手数料が無料となります。事務手数料無料のため通常XiからXiへの機種変更の場合、普通のスマホからスマホへの機種変更ですね。この場合だと、2000円の事務手数料が通常発生します。それが無料となるのです。MNPや新規に関しては3000円の事務手数料が無料となるのです。機種変更での3000円というのは、非常にメリットがあるかと思います。

事務手数料というのは、店舗で購入すれば今までは普通に発生していた料金となります。それが無料になるということだけでもメリットだと思いますね。まだオンラインショップで購入すると事務手数料が無料になることを知らない人も結構多いのです。事務手数料はどんな契約においても無料となりますので、そこを計算する必要はありません。

オンラインショップなら待ち時間なし

当然かもしれませんが、ドコモオンラインショップなら待ち時間がありません。そのためわざわざ店舗に行って待つよりもドコモオンラインショップを利用して待ち時間なしでスムーズに契約するほうがメリットがあります。

オンラインショップなので、当然といえば当然ですが、最近は店舗では残念ながらかなり待たされるようですね。店舗によっては4時間くらい待たされることもあるようです。

まずそこまで待たされる要因ですが、スマホという難しい操作になり、その操作方法がわからないという人が多発しているからです。

操作がわからないという人も多いということもあり、1人あたりの時間がかかるということがあるわけです。1人あたりの時間がかかるということは、店員の時間をそれだけ拘束しているわけです。もちろん初期設定に関してもそれだけの人が発生するということも、ある意味わかるかと思います。その場合どうしても待たされるわけですが、待っているほうは生産性は上がりませんので、ある意味イライラするだけです。それならスムーズに契約できるドコモオンラインショップを利用するほうがメリットありますよね。

待ち時間があってそこからまた機種の説明や初期設定などがあるので、実際にはかなりの時間を要するのです。何から何まで自分で設定などできる人にとっては無駄な時間でしかありません。無駄な時間を過ごさないためにもオンラインショップの利用はいいと思います。基本的に待ち時間ほど無駄な時間はありませんからね。

待ち時間があっても問題ないという人なら、待ち時間を有効活用できる人です。普通の人なら待ち時間に雑誌を読んだり、するくらいしか待ち時間を潰す方法はありません。そういう人なら待ち時間を活用できているとは言えません。自宅でゆっくりして待ち時間を過ごすことができるくらい店舗と自宅が近ければいいわけですが、自動車でわざわざ店舗に行くくらいの人なら移動時間に関してもかなり無駄なわけです。

ドコモオンラインショップの即日配送サービス

これはかなりありがたいシステムです。ドコモオンラインショップの即日配送サービスを紹介したいと思います。

2019年11月5日からのサービスとなっていますが、ドコモオンラインショップでは東京23区内なら即日配送サービスというものを実施しています。

通常なら最短2日でお届けとなりますが、東京23区なら即日配送となりますので、当日受け取れる可能性もあります。

対象契約はXiからXiへの機種変更及びFOMAからXiへの契約変更が対象となります。新規契約やMNPに関しては対象外となりますので、注意が必要です。

当日午後2時59分までに、お申込み専用サイトからお申込みください。
お申込みの際には、ドコモオンラインショップでの「受付番号」と、ご注文時に登録した「連絡先電話番号」が必要です。

当日の午後2時59分が受付の締め切りとなります。これは非常にメリットのあるサービスかと思いますね。現在試験運用中とのことですが、当日に配送してくれるということは非常にメリットがあるかと思います。一番需要のありそうな地域とまた当日配送できそうな地域とが組み合わさっています。東京23区に住んでいる人は本当にラッキーですよね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

店舗での初期設定は3300円かかる

こちらニュースにもなっておりますので、知っている人も多いと思います。2019年12月1日から初期設定サポートというものに対して店舗なら3300円の支払いが発生することを知っていますか?

初期設定サポートというものは、スマホを購入してからの初期設定いわゆる使えるまで持っていってもらう作業に対して3300円の支払いが発生するものとなります。

パソコンなどでも初期設定のサポートを受けるには、3300円以上の初期費用がかかることが当然です。それをスマホの初期設定でも料金が発生するというものになります。初めてスマホを持つ人でも発生します。

ただし発生するには条件があるのです。

初期費用が発生しない条件
その店舗で購入した場合は初期費用の発生が不要

いわゆる購入した店舗で初期設定を行う場合は無料です。逆にいえばそれ以外は有料となるわけです。ドコモオンラインショップで購入し、店舗受け取りにしておいて、その店舗で初期設定を行ってもらう場合は、残念ながら3300円発生します。それは2019年12月1日から発生するものとなります。

本当にこの初期設定サポートが開始されると困るユーザーもかなり出てくるでしょう。スマホを購入したけど使えないという人も出てくるでしょう。ITリテラシーの低い人というのは、このあたりの初期設定は本当にわからない人も多いと思います。そういう人というのは、無料でサポートを受けることのできる、2019年12月1日までに契約を済ませていくことをオススメします。

ドコモ 初期設定サポート ショップへの持ち込みで 3000円の費用負担がある

2019年11月29日

こちらに初期設定のサポートに関する記載をしている記事があります。こちらも合わせてご確認いただければと思います。初期設定に関するサポートもドコモとしては苦肉の策だったのではないかと思っています。基本的にドコモが初期設定として行うのは、その店舗で購入したものだけということになります。

それでもドコモオンラインショップから購入し、店舗へ発送した場合は問題ありません。ただしドコモオンラインショップで購入しているので、初期設定をお願いすると3000円発生するので、注意が必要となります。

今まで無料でやれていたこともかなりすごいことです。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

店舗で契約することが悪いわけではない

店舗で契約するということは悪いわけではありません。店舗で契約するということは、どの機種に相談することもできます。そのため今でも店舗で購入する人もかなり多いわけです。店舗で購入するメリットは他にもあります。

対面で現物をその場で確認できるため安心感はあるかと思います。

また在庫があれば実機を見てどのような機種か確認することも可能となっております。そのあたりはオンラインでは体験することができませんからね。

基本的にオンラインでのレビューなどは非常に重要かと思いますが、実際に手にしないと気がすまない人も多いと思います。

そういう人なら時間がかかってもオンラインより店舗での購入のほうがオススメできるかと思います。

ドコモはなんといっても電波がよい

ドコモユーザーがなかなか他社へ乗り換えないというのは、電波がよいということがあげられます。さすがに日本一のユーザー数を誇るキャリアだと思います。日本一のユーザー数を誇るキャリアということは、それだけ利用者が多いということです。当然といえば当然ですよね。

それだけの利用者がいるということは、電波状況というのは非常にいいのです。またドコモでは定期的に巡回して、電波を測定し、次回の設備投資時に電波の弱い部分の強度を上げるような施策も随時行っています。建物が増えたり減ったりということで、同じ場所でも電波状況がよくなったり、悪くなったりするのです。

そういうことから逐一自動車であらゆる場所を動き回って電波状況を確認しています。その時には、測定器も利用しますが、実機を使って電波の本数がどれだけ立っているのかということを測定していたりもします。結果的に実機で電波状況を確認したりもしているわけです。

特にマンションなどが建設されるとマンションの影になる部分では電波がどうしても悪くなります。そうならないように、基本的には逐一そのあたりの電波状況を確認しているのです。そのような試みが必要かと思いますね。地道な努力の結果やはりドコモは電波が一番いいという結果につながっているのです。

5Gの電波も非常に強い

5G回線はドコモ auが有利 ソフトバンク 楽天は劣勢の状況

2019年11月7日

5Gサービスがまもなく正式にリリースされますが、実はドコモは5Gに関しては非常に強くなることがすでに予想されております。電波の割当に関しては、auと並んで一番いいものを取得しているのです。

単純に電波といってもそれだけ電波を敷設する必要がありますが、基本的にはドコモは資金力がかなりあります。そのため5Gに関しても問題なく電波を建てることができると思われます。

電波に関してもドコモは割当が他社よりも多くなっていることから、今後5Gの普及機に入ったところで、ドコモは他社と比較しても有利なわけです。それは本当にメリットのあることではないかと思います。
5Gが今後当たり前になる世の中というのは、2023年くらいになってくるでしょう。その頃になるとそれなりに5Gのエリアも拡充されておりますので、やはりドコモはつながるキャリアということになります。他社が全くつながらないということではありません。信号機などに敷設する予定となっており、それらは共同アンテナになると思われます。そのため5Gは共同アンテナが多くなるということを考えると、やはり各社それなりのエリアは確保されると思われます。それでも与えられている帯域はドコモは他社よりも多いということはメリットの一つかと思いますね。

5Gが本格的に使えるようになるのは、2021年以降からだと思います。地方の方々も5Gが体感できるようになるのは、2023年頃くらいからでしょうか。実は結構先まで5Gの敷設には時間がかかりそうです。5Gが敷設されたからといっても、全国に展開されるまでには結構な日数がかかりそうですね。

5Gというのは、電波もあまり飛ばないため、アンテナの数をかなりつける必要があります。そういうこともあり、5Gの敷設には時間がかかります。電波の距離が短いということを知らない人も多いと思いますので、5G敷設は難しいことだということは認識しておきたいですね。

おしゃべり60という新しい施策が開始

こちらドコモから新しいプランが登場しました。おしゃべり60と呼ばれるプランとなります。

こちらのプランはどのようなプランなのかというと、スマートフォンをケータイから機種変更する人、もしくはMNPにて契約をする60歳以上のお客様が毎月700円の割引の恩恵を受ける事のできるサービスとなっています。

最大12ヶ月間受ける事のできるサービスとなっており、メリットのあるサービスです。

60歳以上の方がドコモオンラインショップを利用してMNPやケータイからスマホに切り替えるというのは、非常に難しいことかもしれませんが、それでも間違いなくこのプランにすることで、お得に音声プランのオプションへの加入は可能です。

今回のこのサービスというのは、よく話す人に対してはかなりいいサービスになるかと思います。実際にかなり話す人っていますからね。まだ60歳になったばかりの人などは相当話すと思いますね。特に女性の場合かなり話すこともあろうかと思いますので、ぜひこのサービスを利用してみてはどうでしょうか。

男性ならこのサービスの恩恵をそこまで受けるということは難しいかもしれませんが、それでも全く受けることができないのかというとそういうことではありません。他社の携帯電話を所持している人に連絡するときはこのプランが非常にメリットがあるプランとなるわけです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA