iPhone 2020年モデルは高くなる予想 400ドルほど高額機種に

iPhone 2020年モデルは高くなると思われます。2020年モデルではiPhoneでついに5G通信が対応可能となり、非常にメリットのある機種になると思われます。

iPhone11は価格がかなり抑えられており、一番安価なiPhone11なら74800円(SIMフリーモデル)の価格で飲むことができました。

いわゆるiPhone12の価格は今後どうなっていくのでしょうか。

iPhone12の価格は?

iPhone12の価格というのは、iPhone11と比較して、400ドルほどアップすると言われております。相当な価格上昇ですよね。

400ドルということは、日本円で5万ほどとなります。iPhone12の価格は一番安価なモデルであったとしても11万ほどになると予想されます。

iPhone12の場合廉価版モデルでも11万以上の価格設定になる可能性が非常に高いわけです。そこに消費税を入れると12万円を超えてくるかもしれません。

そこまで高額な機種が本当に売れるのでしょうか。

本当にそのような機種が売れるのかどうかというところが、一番気になります。

それでもiPhone12というのは、随所にiPhone11を買わずにiPhone12を待てと言われるようなブログ記事がかなりあるかと思います。

このようにiPhone12は、世間的にもかなり期待されている機種になっているのです。

内訳は部材コストとして5Gへの対応などが300ドル外観などの費用が50ドルほどアップされると見込まれています。それにしても非常に高額な機種になるのですね。

iPhone12は高くてもメリットだらけ

iPhone12というのは、実は高くてもメリットだらけの機種なのです。いくつかそのメリットに関してお伝えしたいと思います。

iPhone12のメリット
・5G通信が可能
・Proモデルはクアッドカメラに
・画面サイズなども継承せず、新設計になる
・無接点充電の親機に
・USB-Cの利用可能

少なくともこれらのメリットはあるかと思います。ひょっとするとこれ以上のメリットがあるのかもしれません。メリットがこれだけあるので、やはりiPhone12を購入したいと思う人は多いと思います。

まさにこれは需要と供給のバランスです。需要というのは、400ドル高くてもiPhoneが欲しいかどうかです。

400ドル払ってもiPhone12は見送ると考えた人にとってはiPhone12というのは、デメリットしかありません。基本的にiPhoneというのは、わくわくさせてもらえる機種となっており、iPhone12に関してもそのあたりは例外ではありません。

iPhone12を利用する上での楽しみいわゆるワクワク感というのは、カメラにとっておいてもらいたいですね。

iPhone12はカメラにかなり力を入れており、クアッドカメラという今までないカメラを採用するのです。それだけでもある意味重要なのかもしれませんね。

iPhone12はどんな機種に?

iPhone12 /12 Pro /12 Pro MAX 2021年 5G スペック 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク

2019年12月3日

iPhone12というのは、こんな機種になると予想されております。価格に関してはそれほど触れられておりませんが、iPhone11とiPhone12とで、比較した場合にiPhone12がいかにすごいのかがわかるかと思います。iPhone12というのは、それだけでも相当メリットのある機種になるのです。

iPhone12を欲しいという人も当然ながら増えるのではないかと思います。それでもネックは価格帯ですよね。iPhoneXからiPhone11のスペックアップ時にはそれほど本体価格はアップしませんでした。それがiPhone12になると400ドルも多くなるのです。iPhone12は相当メリットのある機種になると思われますので、たしかに購入は検討してもいいかもしれませんね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA