iPhone12 は5Gへの対応 クアッドカメラ 4カメラ搭載 すべてのモデルで5Gに対応

iPhone12が2020年に発売されるといわれておりますが、iPhone12は2020年ですべてのモデルで5Gへの対応となる見込みです。

iPhone12の5Gへの対応というのは、誰もが楽しみにしていることかと思います。5Gになるとなんといってもかなりの高速通信が可能となります。高速通信を楽しみたいという人も多いのではないかと思います。

すべてのモデルにX55モデルが搭載の予定

iPhone12のすべてのモデルにX55モデムと呼ばれるモデルが搭載される予定になっているようですね。

X55モデルというのは、2世代目にあたるQualcommの5Gモジュールとなっており、最大7Gbpsまでの通信を行うことが可能になるようです。

昨今販売されている機種で搭載されているもので、1.5Gbps程度は最大で通信速度が確保されているため、最大7Gbpsもの通信速度になれば、単純に5倍近くの通信速度になります。元々5Gは理論値で4Gの100倍とも言われておりましたが、実際は5倍程度にとどまると思われます。今後通信を束ねたりすることで、さらなる高速通信になることは間違い無いかと思います。

それでも7Gbpsもの通信速度というのは、Wi-Fiよりも高速に通信をすることができるということになり、自宅よりも5Gエリアで通信するほうが早いということになります。光回線は早くてもたいていの場合1Gbps程度ですからね。それよりもさらに高速に通信を行うことができるようになるわけです。

Androidも2020年には5G対応モデルが続々と登場の予定

Androidを搭載している機種に関しても2020年は5G対応モデルが続々と登場する見込みです。

2020年の夏モデルでは5Gメインのモデルがたくさん販売されると思われます。GalaxyシリーズやXPERIAシリーズすべてが5Gに対応モデルとして登場するかと思います。

5G対応モデルが2020年の前半に発売された後に秋のiPhoneの発売となるわけです。

iPhoneに対して期待したいことは、5G通信ができるということだけではありません。きっちりAndroidとライバル関係にあってもらいたいわけです。他社にはないなにかを搭載してもらいたいということもアップルに対しては期待している人もかなり多いと思います。

Androidはすでに世界的に見ると5G対応モデルが続々と登場しているのです。すでにサービスを開始しているアメリカや韓国などに向けてはそういう端末が発売されているのです。アップルはそういう意味では若干周回遅れ気味になっているわけです。

iPhoneはクアッドカメラに

iPhone12でクアッドカメラを搭載する予定となっています。実際にはクアッドカメラというよりも、ToFカメラと呼ばれるものが搭載される見込みとなっているのです。このToFカメラというのは、どのようなカメラなのかということですが、簡単にいえば奥行きを検知するカメラということになります。

Galaxy Note10+ではすでに搭載されており、Galaxy Note10+を購入した人なら奥行きを検知するToFを実感することもあったかと思います。基本的にToF単体で動作するというよりも他のカメラと組み合わせて動作させることが可能となります。

Galaxy Note10+の場合だと、他のカメラと組み合わせることにより、動画撮影時のボカシ機能が強化されたりと、かなり面白いカメラとして進化しております。

動画撮影時のボカシ機能というのは、今までの他の機種ではなかった機能かと思います。背景をぼかすことにより、より被写体を目立つようにすることが可能となります。

このように背景ボカシ機能の強化というのは、非常に面白いしかけかと思います。iPhone12でも同様にToFカメラが搭載されるのであれば、その機能も搭載されると思われます。

ToFカメラというのは、産業の分野などではすでに採用されているカメラとなっていますが、それをスマホに持ってくるあたりなんかは本当によく考えられているなぁ〜と思います。GalaxyシリーズでToFカメラが搭載されたことにより、各社ToFカメラを狙っている会社は多いのではないかと思います。

すでに3つのカメラを搭載しており、超広角と呼ばれるカメラだけでもかなりすごいと感じるわけですが、超広角以外のカメラとしてToFカメラが搭載されるわけです。今後ますますカメラ性能はよくなっていくのではないかと思います。

それなら困るのは2021年ですよね。正直なところネタ切れなんじゃないの?とも思いますね。2021年にはiPhone13?が発売される可能性もあります。iPhone13になると本当にどうなっていくのでしょうかね。

どんな進化になるのか想像しても面白いかもしれませんね。

iPhone12は高額価格設定に

iPhone 2020年モデルは高くなる予想 400ドルほど高額機種に

2019年11月6日

こちらをご確認いただきたいのですが、iPhone12はiPhone11よりも400ドルくらいアップすると言われております。

相当高額な機種になると予想されており、一般人からすると購入はかなり厳しくなると思われます。

間違いなく5Gのチップの価格が高額になったことが原因の一つかと思います。それ以外に関しては価格の上昇というのは、至って普通という感じです。

iPhone12が高額な価格設定になるということは、ある意味仕方ないことなのではないかと思いますね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA