X55モデムがA14CPUに搭載 2020年のiPhoneは非常に高速通信が可能となる

友だち追加

X55モデムというものを聞いたことある人もまだ少ないかと思います。X55モデムというのは、2020年のiPhoneに搭載される5G対応のチップとなります。2020年からiPhoneも5Gに対応するというニュースは何度か耳にした人も多いかと思います。iPhoneが5Gに対応されるということで、市場ではかなりの期待感があるわけです。

日本でも2020年の春ごろから5Gサービスが開始され、それに合わせてAndroidスマホを中心に5G対応モデルが色々販売される見込みとなっています。5Gへ対応させるためにはモデムというものが必要になるわけですが、5Gに対応されるモデムというのは、QualcommがX50モデムもしくはX55モデムのどちらかを搭載している必要があります。今のところSnapdragon855と呼ばれるAndroidを中心に搭載されているCPUではX50モデムとの組み合わせで5G通信を行えるモデルが世界的にはいくつか販売されています。

現状X50モデムもしくはX55モデムと呼ばれる2つの大きな5Gへの対応モデムのうち、X55モデムと呼ばれるものがA14と呼ばれる2020年モデルに搭載されるiPhoneのチップに搭載されるというニュースです。

 

X55モデムはどの程度の通信ができるの?

それではX55モデムというのは、どの程度の通信まで行うことができるのでしょうか。知らない人も多いのではないかと思います。

まずはX55モデムというのは2G通信から5G通信までを1つのモデムで行うことが可能となります。そのためコンパクトということになりますが、2Gという日本ではもう通信することができない通信帯域から5Gと呼ばれる最新の通信帯域まで非常に広い範囲をカバーすることができるのです。

それは本当にすごいことかと思います。X55モデムの素晴らしいところは下りスピードが7Gbpsまで対応するということです。逆にいえば7Gbpsまでの通信速度ならX55モデムでも行うことができるということになります。実際の5Gの通信速度の最高とまではいかないまでも7Gbpsという非常に高速通信が可能ということになります。7Gbpsというと、たいていの人が自宅での通信回線は1Gbpsの人が多いと思います。それの7倍の通信速度の恩恵を最大で受けることができるということになります。

それがどの程度なのかというと、単純に自宅などで何かをダウンロードする時の速度を計測してみるとよくわかりますが、単純にそれの7倍の通信速度になるわけです。相当高速通信を行うことが可能となりますからね。ある意味かなりすごいということになります。

iPhone12シリーズの3つのシリーズすべてに搭載

iPhone12シリーズの3つのシリーズすべてに搭載される見込みです。iPhone12というのは、3つのシリーズが販売される可能性が高いと言われております。

iPhone12と呼ばれるスタンダードモデルと後はProモデルとProMAXの3つのモデルとなります。

iPhone12ProMAX大容量バッテリー A14が搭載 予約開始は11月6日
iPhone12ProMAXの情報がありましたので、紹介したいと思います。iPhone12が2020年モデルのiPhoneとして発売されるということは知っている人も多いかと思いますが、今回はなんと6000mAhもの大容量バッテリーが搭載され...

これらモデルすべてのモデルに搭載される見込みとなっています。

iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 在庫 5G 対応 スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12の在庫も落ち着いてきました。iPhone12は非常に購入しやすい環境となっていると思います。ただどうしても在庫不足の時もあるかと思いますので、それは注意が必要となります。 在庫はリアルタイムに更新されるので、在庫のチェ...

こちらiPhone12に関して紹介したいと思いますが、iPhone12は相当期待できるチップも内蔵しており非常にいいモデルに仕上がるでしょう。

またCPUはA14になる見込みで、5nmという非常に細かいプロセスルールで製造されるモデルとなります。

A14というCPUというのは、A13の後継ですが、プロセスルールが改善されており、非常に期待できるかと思います。A14になるとバッテリーの消費もかなり抑えることができるようになると思われますので、市場の期待はかなり高まるものと思われます。基本的にはiPhoneに搭載されるCPUというのは、毎年レベルアップしていくわけですが、例年どおりなら1.3倍程度の速度アップには寄与することは間違いないかと思います。iPhoneに搭載されるCPUというのは、年々向上しているわけですが、iPhoneはiPhone6sなどでもまだまだ十分に利用できるレベルのCPUとなっています。それくらい完成度の高いCPUなのです。iPhone7でもまだまだ十分です。

そのため日本ではiPhone12が発売されたからといって、購入を急ぐ必要はないかもしれません。少なくともiPhone11の購入は控えるべきという記事も色々あがっておりますが、たしかにiPhone12ではかなりレベルアップすることは間違いないと思いますので、購入するのであれば、iPhone12まで待ってもいいのかもしれません。iPhone12は相当レベルの高いCPUやモデムが搭載されることになりますので、かなり期待してもいいのではないかと思います。後は価格だけですが、価格はかなり高くなるような気もしますね・・・価格が高いと逆にそれが問題でまた売れないのかもしれませんが・・・4年程度利用することを想定するのであれば、少しくらい我慢してもいいのかもしれません。それくらい十分な仕上がりになると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました