AQUOS Zero3 アクオスゼロ3 ドコモ au ソフトバンク スペック 価格 発売日は?

今後発売されるAQUOS Zero3に関する情報をお伝えしたいと思います。

現在AQUOSシリーズというシリーズというのは、AQUOS ZeroシリーズとAQUOS RシリーズそしてAQUOS Senseシリーズの主に3つのシリーズから構成されております。その中でもAQUOS ZeroシリーズとAQUOS Rシリーズというのは、フラッグシップモデルにあたるシリーズとなっており、非常に人気の高いシリーズとなっています。

日本の中でもソニーとシャープというと、スマホをかなり販売しているイメージが強いメーカーとなり、それだけにかなり期待値も大きいメーカーの一つとなっていることは間違いありません。

AQUOS Zero2の発表はすでに行われておりますが、今後AQUOS Zero3の発表が行われるでしょう。

AQUOS Zero3の予約

AQUOS Zero3というのは、ドコモ、au、ソフトバンクの各社から発売されると予想されています。

こちらがドコモ及びau,ソフトバンクのキャリアのオンラインショップとなります。こちらから購入することが可能となっており、予約も各キャリアのオンラインショップから行うことが可能となります。たいていの場合でオンラインショップからは予約特典というものがありますので、予約特典をGETしたいのであれば、オンラインショップから予約特典をGETすることをオススメしたいと思います。

実際に予約特典が出るかどうかわかりませんが、最近は予約特典も充実した物が多いです。予約特典を利用することで、少しでもお得に購入できるほうがいいかと思います。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る

2019年9月9日

ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法

2019年10月24日

こちらにオンラインショップのメリットに関してお伝えしておきます。オンラインショップというのは、年々そのメリットというものが増えてきました。

オンラインショップ購入はドコモが有利

オンラインショップの利用をするなら、ドコモが若干有利です。ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料で購入することができます。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時 ドコモオンラインショップ 店頭
XiからXi 無料 2,000円
FOMAからXi 無料 3,000円
FOMAからFOMA 無料 2,000円
新規契約時 無料 3,000円
MNP 無料 3,000円

こちらが頭金となるわけですが、この分が少しだけお得に購入可能となります。

後は、au Online Shopソフトバンクオンラインショップも違いはありません。基本的にオンラインショップのメリットというのは、24時間営業を行っているということです。24時間営業を行っているというメリットというのは、かなりのものかと思います。朝の通勤途中や帰りの通勤途中での購入することが可能となります。

それではAQUOS Zero3がどのような機種になるのかお伝えしたいと思います。

AQUOS Zero3という機種はどんなスペックに?

AQUOS Zero3と呼ばれる機種というのは、その名の通りAQUOS Zero2の後継モデルとなります。AQUOS Zero2が2019年に発売開始されますので、翌年の2020年に発売開始されるモデルとなることは間違いないと思います。

2020年にはハイスペックモデルに搭載されるCPUがSnapDragon865になります。2019年の終わり頃発表されると言われております。

このSnapDragon865というCPUはそれだけで、5Gの通信にも対応するCPUとなっており、日本では2020年の春ごろから5Gサービスが開始されます。そのためSnapDragon865を搭載するモデルというのは、5Gへの対応は可能ということになります。

CPUはAQUOS Zero2のCPUに搭載されているSnapDragon855よりも高速に動作するCPUとなっており、1.3倍程度高速になるものと思います。

CPUの能力は年々上がってきており、2020年モデルではまた1.3倍程度CPUのスペックが上がるものと予想されます。これはかなり期待できるかと思います。

RAMなどの容量も飛躍的に向上するものと思われますが、現行のAQUOS Zero2の時で、RAMの容量は8GBです。これより上となると10GB程度のRAMを搭載する可能性も十分にありえるかと思います。容量としては相当大きな容量となります。

カメラは静止画と動画が分かれる?

カメラ性能に関しても気になる人は多いと思います。カメラは静止画と動画が分かれるでしょう。それはあくまでデュアルカメラの場合です。

分かれるというのは、静止画専用カメラと動画専用カメラの2つに分かれるということです。実はそのようなカメラの形式というのは、世界的にも非常にめ

今後AQUOSシリーズもZeroに関してはトリプルカメラになると予想されます。XPERIAやGalaxyはトリプルカメラとなっています。そのためAQUOSシリーズも追随してくる可能性があります。デュアルカメラであれば、動画専用カメラと静止画専用カメラの2つになる可能性が高いでしょうね。正直なところシャープのカメラの性能というのは、そこまで高くはないのかもしれませんが、動画専用と静止画専用とを分けるということは本当にすごいことではないかと思います。

XPERIAやGalaxyというのは、1つのカメラで、動画と静止画2つの能力を発揮するように作られております。

本来ならそうあるべきなのかもしれません。

IGZOではなく有機EL採用か

AQUOS ZeroシリーズではIGZOではなく、有機ELを採用しています。最近有機ELを採用するフラッグシップモデルというものが非常に増えてきています。

有機ELのほうが高級感があるのでしょう。また省エネ性能もIGZOと比較した時に高いのかもしれません。

AQUOS SenseシリーズではIGZOを採用し、省エネ性能を図っていますが、フラッグシップモデルに限り、有機ELとなるんでしょうね。またシャープ自身も有機ELを製造していることもあり、自社製品をそのまま採用することができるということもメリットの一つかと思います。

AQUOS SENSE 3 /lite /Plus シャープの格安スマホ スペック 価格 発売日

2019年11月7日

こちらAQUOS Sense3の記事となっていますが、IGZOの搭載です。IGZOと有機ELどちらがいいのか、消費者としてはあまりわかりませんが、素材の観点からして有機ELのほうがより素晴らしい部材に感じるのは私だけでしょうか・・・

今後もハイスペックモデルには、シャープに限らず有機ELが採用されると思われます。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA