5G回線はドコモ auが有利 ソフトバンク 楽天は劣勢の状況

5Gの回線の周波数帯の割当がすでに完了している人も多いと思います。

5Gというのは、超高周波を利用しますが、その割当はどこの会社が有利なのでしょうか。

やはりこの割当でもドコモとauが有利なように総務省が配布をしているのです。

各社のバンド帯

28GHz帯 4.5GHz帯 3.7GHz帯
ドコモ 400MHz幅x1 100MHz幅x1 100MHz幅x1
au 400MHz幅x1 100MHz幅x2
ソフトバンク 400MHz幅x1 100MHz幅x1
楽天 400MHz幅x1 100MHz幅x1

こちらが各社への割当状況となりますが、こちらの割当で幅に関してはドコモはトータル600MHz幅あります。

auも同様に600MHz幅あることがわかるかと思います。ソフトバンク、楽天はトータルで500MHz幅しかありません。この時点で5Gに関して有利なのはドコモとauになるわけです。

こちら総務省のからの資料となりますが、このように赤枠とオレンジ枠が3つあるかと思います。実はこのほうが大容量通信に向いていると言われております。そのことからドコモ、auが有利な展開になりそうです。

またここでソフトバンクがごねなければいいのですが・・・プラチナバンドの時もソフトバンクはかなりごねましたからね・・・このようにドコモとauが有利な形で5Gの通信は開始されるわけです。

実際にはドコモはそこまで有利ではないかも

先程ドコモとauに対して有利だと記載しましたが、ドコモは実はそれほど有利ではないのかもしれません。その理由ですが、ドコモはMVNOいわゆる回線をレンタルするという事業も行っているのです。MVNOと呼ばれる格安SIM会社はドコモの回線をレンタルしている会社が非常に多いわけです。そのため5Gも同様に今後サービスが広がれば、他社へ5G回線を貸すということも十分に考えられます。そのようなことからドコモは他社へ回線を貸すということもする必要があるわけです。

その時はどうでしょうか。ドコモに契約している人以外も同様に5G回線にアクセスしてくるようなことがあれば、ドコモが一概には有利であるとはいえないのかもしれません。

ただし有利だといえるとしたら、ドコモは日本で一番契約者数の多いキャリアですが、年々その割合が減少しているということです。

やはり一番契約者数が多いだけあって、他社へのMNPによる転出も非常に多いキャリアとなっているのです。そういうことを考えるとドコモが一概に有利?不利ということはないのかもしれません。

5年以内に人口カバー率50%は必達

5年以内の人口カバー率というのは50%を必達する必要があります。実はそれはかなり辛いのかもしれません。
その理由ですが、元々ドコモはMOVAの時代からFOMAへの移行を行うという時に2GHz帯へのアンテナの敷設を行っていたわけですが、2GHz帯というのは、電波が飛ばないということで、かなり大量のアンテナを設備投資しました。
今回割り当てられている帯域というのは、もっと高いのです。実は高周波となると、電波はそこまで届きません。
その理由ですが、低音で音楽を聞いていると周りから迷惑だと言われることありませんか?
高音で聞いているとさほど言われませんが、低音の場合音が響いて聞こえるのです。実はそれは電波にも言えることです。
周波数が低いものというのは、建物の後ろでも電波が回りやすい性質がありますが、高周波になると建物の裏に回りにくくなります。また高周波の場合届く距離もそこまでは届かなくなります。いわゆる建物の中はかなり弱くなると思います。
窓ガラスくらいの薄さなら電波もとおるかと思いますが、ビルの鉄筋などを通すことは非常に難しいことかと思います。そういうことを考えると、5Gの敷設というのは、かなり難しいことになってくるわけです。

一般の消費者がそこまで考えることはないのかもしれませんが、それでも人口カバー率を50%にするというのは、かなり難易度の高いことなのかもしれません。それこそ大都市に住んでいる人なら、すぐに恩恵を受けることができるでしょう。しかしながら地方都市なら2023年あたりからのサービスの開始になるのかもしれません。それなら5Gに対応したモデルをあえて購入する必要はないのかもしれませんね。

5G対応スマホは高額になる可能性が高い

5Gに対応したスマホというのは、価格が高額になる可能性が非常に高いと思われます。5Gに対応しているスマホというのは、2020年からは普通に発売されると思われますが、現行の4Gと比較しても1万円程度は価格アップになるのではないかと予想されます。
その理由ですが、まだ世の中にそこまで普及していないということが原因の一つです。
ドコモ、au、ソフトバンクが日本ではとりあえず5Gに対応するように準備をすすめているわけですが、それに対応する端末の調達も必要となります。
2020年夏モデルで発売されることは間違いないと思うのですが、端末価格はかなり高くなるでしょう。

端末価格が高くなり、昨今すでにスマホが売れなくなっている状況です。このような状況で新しいサービスを開始していっても、企業としてはしんどいのかもしれませんね。
端末の価格はできるだけ安価なものを望んでいるユーザーも非常に多いので、実際には、5Gサービスが展開されたとしても、今後売れていくかどうかというのは、かなり厳しいでしょう。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

機種変更をするならドコモかauが5Gを快適に利用できる

やはり機種変更をするならドコモかauが快適に5Gを利用することができるということは、こちらを見ても明白です。ソフトバンクや楽天もそれなりにはがんばってくるかもしれませんが、割当の時点ですでにその差というのは明白なのです。

やはり機種変更をするのであれば、ドコモかauが一番なわけです。この割当に関しては今後楽天とソフトバンクに新たに割当が増えるということもないかと思います。

こちらドコモとauのオンラインショップですが、こちらから利用してもらえればいいかと思います。

機種変更を行う人はオンラインショップを利用する人が最近本当に増えています。その理由はやはり自宅に居ながら購入することができるからでしょうね。

非常にメリットがあるかと思いますので、ぜひオンラインショップの利用を検討いただければと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA