XPERIA3 エクスペリア3 スペック 価格 5G対応 予約 レビュー 2020年モデルとして発表か

XPERIAシリーズの2020年モデルですが、名称はXPERIA 3という名称になるかもしれません。

その根拠のほうをお伝えしたいと思います。

まずはXPERIA 5という名称になった理由をユーチューブ動画で解説

まずはXPERIA 5という名称になったという理由をユーチューブの動画で解説したいと思います。

こちらの動画を見てもらえればわかるかと思いますが、XPERIA 1とXPERIA 10の間だからというのが、その理由です。

実はその理由を知らない人もかなり多いと思います。そもそもXPERIA 1ということも知らないかもしれません・・・まずXPERIA 5という名称になった理由からですが、2019年夏モデルとして発売されたXPERIAですが、XPERIA 1とグローバルモデルで発売されているXPERIA 10の間の名称ということで、XPERIA 5になったのです。
実はこのことを知らない人も結構多くいます。XPERIA 5の名称に関してもそのように知らない人も多いわけですが、次に発売される2020年モデルのXPERIAの名称ですが、そういうことから考えるとXPERIA 3になるのではないかと思われます。

その理由も非常にシンプルです。XPERIA 1とXPERIA 5の間だからというのがその理由です。

他社の名称では、継続して1,2,3,4,5などと連番で増えていくものが大半でした。それはそれでいいのですが、実際のところXPERIAシリーズも過去は連番で継続して増えておりました。

XPERIA Z1、Z2などと連番で増えていっていたのですが。それがXPERIA 1で名称が代わりまた振り出しに戻ったと思っていた人も多いでしょう。それで次のモデルはXPERIA 1の次のモデルということもあり、XPERIA 2になると予想していた人も多かったはずです。

大半の人がXPERIA 2になると信じていたのではないかと思います。それが、XPERIA 5とある意味期待を裏切られたわけです。

そういうことを鑑みると次のモデルはXPERIA 3という名称になることは十分に考えられます。

XPERIA 3を予約購入する

XPERIA 3はドコモ,au,ソフトバンクから発売されると思われます。

各社から予約を行うことも可能になるでしょう。

予約特典というものが出てくるかもしれません。予約特典の恩恵を受けることができれば、間違いなくお得だと思います。

もしくはXPERIA 5に関してはそこまで大きな予約特典はありませんでしたので、ひょっとするとXPERIA 3でも予約特典はそこまで大々的にはしないかもしれませんね。それでも少しくらいの予約特典はあるかと思いますので、購入するなら予約をしておきましょう。

ドコモオンラインショップのメリットを上記に記載しておきます。ドコモオンラインショップは非常にメリットのあるオンラインショップとなっており、事務手数料が無料です。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時 ドコモオンラインショップ 店頭
XiからXi 無料 2,000円
FOMAからXi 無料 3,000円
FOMAからFOMA 無料 2,000円
新規契約時 無料 3,000円
MNP 無料 3,000円

これら本来ならかかる事務手数料が無料となり、非常にメリットがあるかと思いますので、一度は検討してもらいたいですね。事務手数料というのは、通常店舗で購入すると発生します。それが発生しないというだけでもメリットになるでしょう。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る

2019年9月9日

ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法

2019年10月24日

このようにオンラインショップというのは、かなりのメリットもありますので、購入するなら予約をして購入してもらいたいですね。

XPERIA 3のスペックを予想

それではXPERIA 3のスペックがどのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。

まずはCPUからですが、CPUはSnapDragon865と呼ばれる最新のCPUになると思われます。こちらのCPUは標準で5Gにも対応するとも言われております。

2020年は日本でも5Gに対応する年となっており、5Gに対する期待というのは、かなり高まっているものと思われます。5G通信ができる機種というのは、2020年夏モデルからいくつか販売されると思われます。それに合わせての5Gのサービス開始かと思います。

ドコモではすでに5Gのプレリリースが開始されており、5G通信を楽しむことができます。一般には発売されていないドコモ5Gの専用端末がいくつか準備されていることを知っている人もいるのではないかと思います。

ドコモ XPERIA 5G Galaxy S10 5G LG V50 ThinQ プレリリースで 登場

2019年11月11日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、こちらの記事にその旨を掲載しております。すでに5Gに対応したスマホは日本には上陸しています。となると技適に関しても通っている端末となるわけです。その5G対応のスマホの中には、XPERIA 1のような機種もあり、その機種はXPERIA 1にX50モデムを内蔵したものとなると思われます。いわゆるプロトタイプモデルとなるでしょう。

続いてRAMの容量ですが、現在発売されているXPERIA 5が6GBとなります。2020年モデルは当然ながらRAMの容量が大きくなると予想されますので、8GB以上になると思われます。5Gに対応しているモデルというのは、たいていの機種はRAMの容量は大容量となります。8GB以上のRAMがないと高速通信には対応できないと思います。

あわよくば10GBのRAMの容量になってもらいたいと思っている人もいるでしょうね。それはGalaxy Note10+では12GBの容量になっているので、相当RAMの容量は大きいです。そこまで大容量で何に使うの?ということも考えられますが、RAMの容量が大きいとそれだけ、複数の処理を同時に行うことができます。いわゆるアプリを立ち上げながら色々な作業を行うことが可能ということになります。

今までGalaxyシリーズとは比較される位置づけのモデルでしたが、実際はGalaxyシリーズのほうが同タイミングで発売されるとスペックは高かったです。XPERIA 3に関してもCPUは同じかもしれませんが、それ以外の部分でのスペックはGalaxyシリーズのほうが高いかと思います。

XPERIA 3のCPUはSnapdragon865


XPERIA 3のCPUはSnapdragon865となる見込みです。このCPUというのは、2019年12月に発表されました。初めから5Gに対応されているCPUとなっています。
現行のSnapdragon855よりも25%程度性能が向上する見込みとなっています。7nmというプロセスルールにて製造されているCPUとなっており、プロセスルールに関しては、Snapdragon855と同じプロセスルールです。
また5G通信に関しても、当然のことながら利用可能となっており、X55モデルと呼ばれるモデムが標準搭載されています。これはかなり期待できるのではないかと思います。CPU単体はKryo 585と呼ばれるCPUとなっています。これはKryo 485を搭載していたSnapdragon855よりも強化されています。

XPERIAのカメラには期待

XPERIA 3のカメラにはかなり期待したいです。XPERIA 3ではカメラは、トリプルカメラ+1のカメラ構成になると思われます。

いわゆるToFカメラの搭載があるわけです。

ToFカメラというのは、Galaxy Note10+でも採用されているカメラとなっています。

ToFカメラが搭載されるとなると奥行きまで検知することができるようになります。

奥行きを計測することのできるセンサーカメラが搭載されることにより、ボカシ機能が強化される可能性が非常に高くなります。

カメラのボカシ機能が強化されるとなると、相当いいカメラになると思われます。一眼レフなどももうこれで不要になるかもしれません。

カメラに関してはかなりの人が相当期待しているのではないかと思います。すでに3つのカメラが搭載され、超広角、広角、望遠という3つのカメラが搭載されています。

3つのカメラが搭載されていることにより、かなりきれいに撮影することができるわけですが、そこにボカシ機能の強化というものが入れば、かなり期待している人もいるかと思います。

スマホのカメラ性能というのは、どんどん進化しています。また2020年モデルでは画素数の改善も行われる可能性も十分ありえます。画素数は2019年モデルでは1200万画素でしたが、それが1600万画素程度になる可能性も十分にありえます。1600万画素までメインカメラの画素数が上がれば、それはそれでありがたいことになるかと思います。本当にカメラ性能には期待している人も多いと思いますので、XPERIA 3ではカメラ性能は期待したいところですね。

今の時代はカメラ撮影が上手にできなくてもある程度スマホの機能で救ってくれる部分があります。それこそ高額なコンデジを購入することなく、ある程度カメラ性能が高いので、問題ありません。このように撮影の腕よりもカメラ側の性能の強化かと思いますね。

2020年夏モデルとして登場か

2020年夏モデルとして登場すると思います。2020年夏モデルでもおそらくハイスペックモデルは3機種から4機種くらいしか販売されないと思われます。おそらくXPERIAとGALAXYの2機種そしてAQUOS R4ではないかと思います。

それらすべてのモデルは5Gに対応していると思われます。5Gというのは、2020年の売りになることは間違いないかと思います。

発売日は2020年5月の後半になるでしょう。最近5月末に発売されることがかなり多いですからね。

XPERIAシリーズというのは、1年に2度フラッグシップモデルの販売を行っており、2020年も例外なく発売されると思われます。やはり楽しみですよね。2020年夏モデルで発売されるモデルはかなり少なくなると思われます。

2019年の冬モデルを見てもらえればわかるかと思いますが、相当機種を絞っての販売となっているのです。やはり最新機種ばかり発売しても売れないということもあるかと思います。最新機種が売れないということになれば、機種をトータル的に減らすしか方法はありません。これはドコモに限った話ではなく、auやソフトバンクも同様に最新機種の販売は控えてくるのではないかと思っています。最新機種の発売ラインナップが少ないことはユーザーとしては残念な限りですが、収益を考えると仕方ないのかもしれませんね。

発売日は2020年5月末から6月上旬にかけて

発売日は2020年5月末から6月上旬にかけてということになるかと思います。2020年というのは、オリンピックイヤーです。

ソニーはオフィシャルスポンサーに入っていませんので、Galaxyシリーズでオリンピックモデルを販売したようなモデルの発売はないでしょう。

本来ならソニーなどもスポンサーに入って、ドコモから専用モデルなどを販売し、売上に寄与してほしかったんですが・・・少し残念ですよね。

発売直後はすぐにオリンピックが始まります。ソニーのスマホを持ってきれいな写真を撮影してみてはどうでしょうか。

2020年モデルのカメラ性能は本当に期待が持てると思いますので、相当楽しみです。

XPERIA3の背面はカーブしている可能性

XPERIA3の背面ですが、カーブしている可能性が高いという情報が出てきました。XPERIA 1とXPERIA 5の間ということで、2020年に発売されるモデルとなります。

XPERIA3はXPERIA 1の後継モデルということで、かなり期待できるモデルになることはわかります。また今回背面がカーブするということで、形状が変更になるということですが、形状が変更になるモデルチェンジはやはり楽しみですよね。昔に発売されたアークを思い出すような機種になるのではないかと思っています。XPERIA ARCと呼ばれる機種に似ているような感じもしますよね。

XPERIA ARCと呼ばれる機種というのは、ほぼ初代に発売された頃の機種となります。確か2代目だったんですかね。初代XPERIAの次のモデルがARCだったような気がします・・・

ある意味XPERIA 1の後継モデルでARCのような形状を採用するということは、それだけ気合が入っているということです。相当気合が入っているということになりますので、かなり期待が持てるのではないかと思っています。

XPERIAはそういう意味では形でも進化していることがわかるかと思います。やはり形で進化するモデルということは非常にかっこいいですよね。個人的にはかなりオススメできるかと思います。見た目の変化を楽しむことができるということもXPERIAのいいところではないかと思っています。

ある意味形がこのようになれば売れるわ・・・という感じですね。本当にオススメできるかと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA