2020年モデルのiPhone12は4つのモデルを発表 5G対応とモーションコントロール

2020年に発売されるiPhoneは4つのモデルになるようです。

アップル関連の情報をリークすることが得意な9to5macからの情報となっています。

4つのモデルの5Gモデル

Dan Ivesと呼ばるアップルのアナリストは2020年に4つの新しいフラッグシップiPhoneをリリースすると述べています。

各モデルには5Gに対応したネットワーク、リア3Dセンシングシステム及びモーションコントロールがサポートされるといわれています。

センシングシステムというのは、あまりよくわからない人もいるでしょう。ネットで調べると解説してありましたので、紹介したいと思います。

センシングシステム
センサーを利用して物理量や音・光・圧力・温度などを計測・判別すること。

必要な情報を用意された手法や装置を使用して収集することをいう。英語のsensingに由来する。人や動物は対象に興味を抱いたときに感覚器官を動員して対象に関する情報を収集する。情報収集の動機は生存のために必要である場合が多い。人間の場合はさらに知的好奇心とか、行動の準備の場合がある。さらに、個人の興味ではなく、情報に対する社会の強い要請に基づく場合もある。いずれの場合も対象について不確かさを減らし、より明確にしたいという欲求があり、それを満たすことがセンシングの目的である。人は自身の感覚器官のみでは得られる情報に限りがあるので、感覚を専門化し、機能を拡大発展させた機械やシステムを利用して、必要な情報を獲得している。対象の情報が得られれば、それを明確なことばで表現できる。また、数値で表現できれば、対象の量に関するあいまいさが減少する。すでにある程度の数値が得られていても、より詳しく求められれば不確かさが減少する。
 われわれの感覚機能を対象にあわせて人工的に拡大発展させ、情報を獲得する技術をセンシング技術という。また、それを実現する装置をセンシング・システムとよぶ。[山弘郎]

引用元:kotobank

リア3Dセンシングシステムということは、背面にこのようなシステムが統合されることでしょう。

モーションコントロールと呼ばれる機能というのは、動きによって、端末を制御する機能です。ジェスチャーコントロールなどと呼ばれることもあるかと思います。最近ではGoogle Pixel4に搭載された機能の一つかと思います。

このような機能を有するとも言われております。

iPhone11はかなり売れる機種に

Dan Ivesと呼ばるアップルのアナリストが最新のレポートで最近のアップルの販売力はかなり上がったと報告しています。

iPhone11の人気は予想しているよりもはるかに多く販売台数を伸ばしていると報告されています。特に中国での販売台数がかなり多くなっているようですね。おそらく価格もそこまで高くないことから、販売台数を伸ばしているものと思われます。

日本円でSIMフリーモデルなら74800円となっており、中国の物価もかなり上がり所得もかなり上がっていることから、これくらいの価格なら少しがんばれば払うこともできるレベルなのではないかと思います。

またiPhone11Proはアメリカでかなり売れているようですね。アメリカでの売上が予想をかなり上回っているようです。

3つのカメラが搭載されているというところに対して、かなり期待も含めて購入した人が多かったのか、もしくは2年ほど前にiPhoneXを購入し、買い替えを行おうとした人がかなり多かったのか・・ということではないかと思います。

日本ではiPhone11の販売は好調ですが、グローバル企業であるアップルは、主力は海外なので、海外での売上がアップルの売上を押し上げる傾向にありますね。

今後次の会計年度で1億8500万台の台数のiPhoneの売上を報告するとも言われています。

Ming-Chi Kuo氏は3モデルと発表したばかり

Ming-Chi Kuoと呼ばれるアップルのアナリストが2020年の秋に発売されるiPhoneは3つのモデルでiPhone4にも似たフレームを有するモデルになると報じていたことは知っている人も多いと思います。

それがここにきて、意見が少し割れてしまいました。たくさんのモデルのiPhoneが発売されるほうがいいですが、3つから4つとなると、当然ながらかなり少なく感じてしまいます。

それは本当に悲しいことですからね。4つのiPhoneに期待したいところです。ただし最近の流れからすると全体的にiPhone含めてスマホの売れ行きというのは、世界的に見ても安定期に入りつつあるため、複数のモデルを販売することによる、在庫リスクなどを考えるとどうなんでしょうか。

3つのモデルに押さえておくほうが在庫リスクというのは、そこまで高くはないと思います。それにしても1年で2億個近くも販売してしまうアップルって本当にすごいですよね。売上はiPhoneだけではありませんので、それ以外も入れると相当なハードを販売していると思います。

世界的な企業となったアップルはこれからさらに販売を続けていくためには、何をメインに販売していくことがいいのでしょうか・・・

世界中の人がアップルを利用することはありえませんが、アップル信者を増やしていっていることは間違いないでしょうね。

引用元:9to5mac


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA