XPERIA 5 なぜXPERIA 2ではなく 5番目の名称にしたのか?

XPERIA 5が発表されましたが、名称に関しての情報というのはほとんど出ておりません。名称がなぜXPERIA 1の後継モデルでありながら、XPERIA 2ではなく、XPERIA 5になったのでしょうか。

気になる人も多いのではないかと思います。

まず一旦XPERIA 5のスペックに関してお伝えしておきたいと思います。

XPERIA 5のスペック

モデル XPERIA 5
大きさ 158×68×8.2mm
重さ 164g
OS Android9.0
CPU SnapDragon855
RAM 6GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.1インチ 有機EL
解像度 2520×1080
アウトカメラ 1220万画素(標準) F1.6 26mm
1220万画素(超広角) F2.4 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 52mm
カメラその他機能 瞳AF、光学2倍ズーム
インカメラ 800万画素
ネットワーク J8210, J8270, J9210 GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
J8210: LTE(4G) Cat19/Cat13, J8270: LTE(4G) Cat19/Cat13, J9210: LTE(4G) Cat19/Cat13 with single SIM, Cat18/Cat13 with dual SIM
無線 Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラー ブラック、グレー、ブルー、レッド
センサー類 Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー 3140mAh
その他 IP65、IP68、指紋センサー(側面)

こちらがXPERIA 5のスペックとなります。スペック的には、2019年モデルを代表する素晴らしいスペックとなっており、XPERIA 1よりもさらにコンパクトな仕上がりとなっており、かなりいいモデルとなっているかと思います。それでは本題に入っていきたいと思います。

XPERIA 5がなぜXPERIA 5になったのか

XPERIA 5の名称というのは、前モデルのXPERIA 1とグローバルで発売されているモデルでXPERIA 10というモデルを知っていますか?

XPERIA 10 /10 Plus /L3 エクスペリア10 スペック 価格 日本 ドコモから発売される予定は?

2019年5月3日

こちらがそのグローバルモデルで発売されているXPERIA 10となるのですが、XPERIA 1とXPERIA 10のちょうど中間だからということで、XPERIA 5となったようです。

こちら動画でも掲載中です。

そんな簡単な理由なの??と思うかもしれませんが、実はその程度の理由だったわけです。もっと深い理由があるのかと思っていましたが、あまり深い理由はないようですね。

この情報はメーカーの方が教えてくれたので、間違いないでしょう。

それなら気になるのはXPERIA 8と呼ばれるauとワイモバイルから発売される機種ですが、実はそれも同じ原理ではないかと思います。

XPERIA 5が今回発売されて、すでにグローバルモデルとしてのXPERIA 10があるため、それの間の名称ということで、XPERIA 8になったということを考えることが普通ですよね。

そのため現在以下が欠番になっています。

XPERIAシリーズの欠番

2019年時点でのXPERIAシリーズの欠番は以下の通りです。

XPERIA 2
XPERIA 3
XPERIA 4
XPERIA 6
XPERIA 7
XPERIA 9

これだけが欠番になっているのです。現在XPERIA 5が発売されており、次に発売されるモデルというのは何になるのでしょうか?

これが型番ルールになるのであれば、XPERIA 3になると予想されます。

その理由はXPERIA 1とXPERIA 5の間の名称だからということになります。

2020年モデルのXPERIAシリーズの名称はXPERIA 3になる可能性も非常に高いことが伺えます。

とはいうもののこの型番ルールからするとすぐに型番がなくなりそうですよね・・・間というシンプルでありながら、他には類を見ない型番ということになります。

2020年モデルでXPERIA 3になるのかは、未定な部分も多いですが、そう考えることが自然かもしれませんね。

フラッグシップモデルの名称だけでいうと、以下の名称ルールが考えられます。

2020年夏モデル:XPERIA 3
2020年冬モデル:XPERIA 2

このような名称になる可能性は十分にありえるかと思います。 名称ルールというのは、メーカー各社かなり悩んでいるんですね。

単純に連番というのが、消費者にとってはかなりわかりやすいと思うんですけどね。

連番にしない意味というのは何かあるのでしょうか。XPERIAシリーズというのは、XPERIA Zシリーズ、XPERIA XZシリーズそれぞれが連番でしたからね。

ZシリーズからXZシリーズに変わって、消費者もちょっとわかりにくかったと思います。このあたりは払拭してもらいたいところではありますが・・・

今回もXPERIA 5というわかりにくいものではなく、XPERIA 2というすっきりとしたXPERIA 1の次に発売される機種という意味あいでよかったのでは?と思うのは私だけでしょうか。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA