MNP 乗り換え 事務手数料 転出料がドコモ au ソフトバンク すべて同じ 3000円に

携帯電話番号ポータビリティに関する情報をお伝えしたいと思います。

携帯電話番号ポータビリティというのは、MNPと略されることが多く、一般的にはMNPと言わることが普通です。

このMNPを行う時に現行利用しているキャリアから他社への乗り換えを行うわけですが、乗り換えを行う時の手数料に関しての情報をお伝えしたいと思います。

MNP番号そのままで他社への乗り換え手数料

手数料
ドコモ 3,000円
au 3,000円
ソフトバンク 3,000円

※すべて税抜き表示

すべて税抜き表示となっていますが、各社の手数料共に3,000円と共通化されています。

ドコモは以前2000円だった

ドコモは以前は2000円のMNP手数料でした。ただし今回3000円に値上がりしています。

2000円の事務手数料の時というのは、2019年9月30日までのプランで適用される手数料となっています。

2019年10月1日以降に契約した場合は手数料は3000円となりますので、注意が必要となります。

2019年時点ではたいていの人が2019年9月30日までに契約していると思われますので、MNP時の手数料というのは、2000円で収まります。

MNPの予約番号

MNPを行う場合は予約番号を取得する必要があります。予約番号というのは、MNPを行うために必要な番号です。

MNPを行いたい場合は、現在契約している会社にまずは電話をします。

そしてMNPをした旨を伝えると予約番号の発行をしてくれます。

予約番号の発行は、口頭でお知らせしてくれる場合もありますが、SMSに番号を送ってくれる場合もあります。

会社時々により対応が異なるため、自分の好きな方法で番号を教えてもらうようにしましょう。

予約番号の取得は、電話がすぐに繋がった場合は10分程度で予約番号の発番を行ってくれます。

またオンラインからも行うことができますので、各社のオンラインの契約内容照会等の画面からもMNP予約番号の発番が可能か確認してみるといいと思います。

MNPの予約番号を取得する時に、現在の契約に対してどれだけの費用が発生するのか、予約番号を発番してくれるタイミングで確認しておきましょう。

MNPの手数料発生はいつ?

MNPの手数料発生はいつのタイミングなのでしょうか。

MNPを行ったタイミングということになります。要するに現在契約している会社を解約し、他社へ乗り換えると同時のタイミングで発生します。

発生タイミングを予約番号を取得した時と勘違いしている人もいるかと思いますが、予約番号取得するだけでは、MNPの転出手数料を取られることはありませんので、問題ありません。

結果的にMNPで他社に乗り換えると必ず発生するため、あまりこのタイミングに関しては、考える必要はないかと思います。

また現在契約している会社の通話料や通信費に関しても合算して請求されるため、MNPの転出手数料だけが発生するということではありません。

他の請求も同時に来るということは覚えておきましょう。

解約違約金は?

MNPを行うと解約違約金の発生があります。

解約違約金というのは、更新月以外で解約を行う場合に発生します。

解約違約金に関して言えば、高額なイメージもありますが、2019年10月1日以降の料金プランであれば、各社1000円もしくは全くかからないというプランもありますので、そちらのプランに以降してからのほうがお得です。

解約違約金というのは、2019年9月30日までの契約の場合、9500円発生します。それは各社共通にかかる金額となっており、かなり高額だというイメージもかなりあるでしょう。

違約金が少なくなった背景には、9500円の違約金が高いという世間の声を反映して1000円となりました。

1000円にしたところで、解約する人が増えるのかというとそんなことはありませんが、9500円の解約違約金と比較すると8500円も安価になっていることから、解約しやすくなったと言えるかと思います。しかしながら多くの人はMNPを同時に行うため、1000円の解約違約金と先ほどお伝えしたMNP時の手数料の3000円含んだ4000円の支払いになることは間違いないかと思います。

単純に解約するだけなら、1000円ということになりますが、長年利用した電話番号をなくして新規契約をするというよりも、MNPをして番号そのままで他社に乗り換えるということのほうが自然な気がします。それでも解約違約金の発生がなくなったということは、歓迎すべき点だと思います。

MNPをすることはお得?

それではMNPを行うということはお得なのでしょうか。

2019年10月1日以降に契約すると、端末代金の割引が回線とセットで2万円が上限となります。

以前はMNPに対するキャッシュバックなども多かったため、MNPを行うとお得に契約できる可能性が高いというイメージがありましたが、今は残念ながらそのようなイメージはあまりありません。基本的に、MNPを行うとお得になるかならないかといえば、ならないケースも結構多いのです。

その理由に関してお伝えしたいと思います。

上記でも記載している通り、MNPに対するキャッシュバックというのは、2万円が上限となっている店舗が大半です。

その中で、MNP時の転出手数料が3000円で1000円もしくは9500円の解約違約金の支払いがあります。ちょうど更新月の人ならこの支払は不要です。

そして、この手数料に現在利用しているキャリアに対しての支払いが発生します。通常の契約なら5000円くらいでしょうか。人によっては1万円近くの通信費を払っている人もいるかも知れません。

そして次に契約するための新規事務手数料が3000円かかります。すべて足すと人によっては、2万円を超す可能性もあるわけです。

そのためMNPを行うことがお得かどうかというのは、人によって異なります。基本的にMNPを行うということは、2019年10月1日以降は損する可能性も非常に高いため、そのあたりはよく考えて検討する必要があります。

2019年9月30日まではそのようなことはありませんでしたが、総務省の施策に伴いこのような事になってしまいました。

解約違約金が1000円になるというのは楽天対策

解約違約金が1000円になるという施策というのは、楽天モバイルが新規参入に伴う対策だという声もあります。

楽天モバイルが新規参入する時に、楽天モバイルへMNPの転入を多く行うためには、解約違約金を下げる必要がありました。

完全に楽天モバイル対策となりますが、既契約の場合1000円の解約違約金とはなりません。

ただし楽天モバイルのサービス開始が10月1日から遅れたことに伴い、解約違約金1000円で楽天モバイルへ転入する人も出てくる可能性もあります。

今後楽天モバイルに転入したいという人は、現在利用しているプランの見直しを行うことをオススメします。

楽天モバイルというのは、毎月の維持費が今より下がる可能性も非常に高いため、楽天モバイルへのMNPで毎月の維持費を下げられる可能性もあります。

トータル的に維持費のことを考えるのであれば、楽天モバイルへのMNPは検討してもいいのかもしれませんね。楽天モバイルでiPhoneなどの人気機種の取り扱いが行われるのかは微妙な部分はありますが、やはり低価格のため、人気キャリアにはなるでしょう。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA