ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

XPERIA 8 エクスペリア8 スペック 価格 ワイモバイルから発売

XPERIA 8という新しいモデルのスマホをソニーが発表しました。

XPERIA 8というのは、ミドルレンジのスマホとなっています。XPERIAシリーズはワイモバイルからは発売されていませんでした。

初めてワイモバイルからXPERIAシリーズの登場となります。これはかなり意外でしたね。

ワイモバイルオンラインショップから購入が可能

こちらがワイモバイルとなります。

ワイモバイルは毎月の維持費が非常に安価なことで有名です。

ソフトバンクのキャリア回線を利用しているので、基本的にはソフトバンク回線と同じです。ソフトバンク回線と同じエリアなのですが、ブランドとしてはソフトバンクのサブブランドということになります。

ワイモバイルに契約する人は年々増加傾向です。

そのためソフトバンクとワイモバイルをいったりきたりしている人も結構多いのです。

ソフトバンクのiPhoneを利用しながら、ワイモバイル回線を利用するという人もちらほらいます。

そういう使い方でも特に問題ないため、ワイモバイルは低価格SIMというジャンルを築きました。

XPERIA 8のスペックは?

モデル XPERIA 8
大きさ 約69mm×約158mm×約8.1mm
重さ 170g
OS Android9.0
CPU SnapDragon630
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 6.0インチ
解像度 FHD+
アウトカメラ 有効画素数約1200万画素/F値1.8+有効画素数約800万画素/F値2.4
インカメラ 有効画素数約800万画素/F値2.0
無線 Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラー ブラック、ホワイト、オレンジ、ブルー
バッテリー 2760mAh
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

こちらがXPERIA 8のスペックとなります。

カメラにデュアルカメラを採用

デュアルカメラを採用しており、カメラにはソニーなりのこだわりが見えます。

デュアルカメラを駆使して、ピンぼけの写真などを撮ることも可能となっています。ピンぼけというのは被写体をきれいに浮き立たせる要素があり、かなりオススメできるかと思います。

このような写真を撮ることができれば、SNS映えもバッチリかと思います。個人的に見ても相当オススメできるものになるかと思いますね。

ボケの写真に利用するカメラは1200万画素と800万画素の2つのカメラを利用してボケ写真を撮ることが可能となっています。

このレンジで非常にありがたいのは光学2倍ズームに対応していることです。

このレンジのモデルで、光学2倍ズームに対応しているモデルというのは、非常に少ないです。光学2倍ズームというのは、XPERIA 1XPERIA 5などでも採用されています。光学に対応したカメラのスマホというのは、かなりきれいに撮影することができますので、相当オススメであることは間違いありません。

おまかせかんたんカメラが付いています。

こちら13種類のシーンに応じて撮影することが可能となっています。

またそのシーンに関して、4つの撮影パターンがあるため、かなり色々なパターンでの撮影が可能となります。

自分の好きなシーンを撮影することができるため、カメラ好きにとってはかなりオススメできるかと思います。iPhoneなどではこのようなシーンの撮影というものは、特にありません。ある意味ソニーだからできるこのようなシーン撮影かと思います。これらのシーンというのは、上位モデルにも入っていますが、このレベルのXPERIA 8でも入っているということは、かなりありがたいことかと思います。

スローモーションを撮影することも可能です。スローモーションというのは、ハイエンドモデルである、XPERIA 5などでは240コマ/1秒のものが撮影できますが、こちらのXPERIA 8では120コマ/1秒となります。

それでもここまでのスローモーションを撮影することができれば十分かと思います。私はたまにスローモーションを撮影することがありますが、基本的にはスローモーションというのは、そこまで重要視していません。120コマ撮影できれば十分だと思っています。

手ブレ補正は電子式の手ブレ補正です。手ブレ補正というのは、最近のスマホでは当たり前のように付いていますが、手ブレ補正というのは、やはりないときれいに撮影することができません。手ブレ補正機能はこのレベルでも普通に付いているということが、いいと思います。

XPERIA 8は買いのモデル

今のところXPERIA 8というのは、ワイモバイルからしか発売されておりませんが、買いのモデルであることは間違いないでしょう。

CPUにSnapdragon630を搭載しており、Snapdragon450よりも上位モデルのCPUを搭載しています。

XPERIA 8という新しい名称となり、日本では知らない人も多いのではないかと思います。スペック的にはXPERIA 10の後継モデルにあたるのではないかと思います。

XPERIA 10 /10 Plus /L3 エクスペリア10 スペック 価格 日本 ドコモから発売される予定は?

2019年5月3日

こちらがXPERIA 10となります。スペック的にもそこまで大きくは大差ありませんが、XPERIA 10はグローバルモデルです。日本からは発売されておりません。

低価格なスマホとして登場したことにより、XPERIAシリーズがより身近なものになるのではないかと思っています。

XPERIA 8の発売日は?

XPERIA 8の発売日は、10月下旬と案内されております。

10月中の発売ということで、ありがたいですよね。10月中にXPERIA 8が発売されるとかなり売れることが予想されます。

基本的にXPERIAシリーズというのは、日本ではかなり売れ筋なのです。

売れ筋モデルが発売されるということは、非常にありがたいことですよね。しかも毎月の維持費が安価なワイモバイルからです。ワイモバイルから発売されるのであれば、MVNOから発売されるより間違いなく売れるかと思います。

ワイモバイルのイヤフォンプレゼントキャンペーン

ワイモバイルのイヤフォンプレゼントキャンペーンというものを紹介したいと思います。

ワイモバイルから発売される予定になっているXPERIA 8ですが、その場であたりがわかるキャンペーンを実施しています。

ワイモバイルから発売されるXPERIA 8ですが、予約特典があるということは、かなりいいですよね。

8888名にあたるということで、かなり高確率で当たるでしょう。

低価格スマホは売れる

昨今低価格スマホというのは、かなり販売台数を伸ばしていることは知っている人も多いと思います。

ハイスペックモデルはそれこそ指名買いで売れるわけですが、ハイスペックモデルの販売よりも低価格モデルの販売台数のほうが間違いなく多いです。

その理由というのは、低価格スマホというのは、価格が安価ということが第一の理由です。

価格が安価なものというのは、非常に人気が高いのです。

iPhone8が継続的に販売台数を伸ばしているのと同じなのです。iPhone8は継続的に販売台数を伸ばしており、それは低価格で長く使えるというものになります。

Androidで1年以上併売している機種というのは、そこまで多くはありませんが、基本的には低価格スマホというのは、継続して販売台数を伸ばしているのです。

結果的にXPERIA 8は売れる機種となるわけです。

今後もますます台数を伸ばしていくものと思われます。それだけ人気のある機種ということなら当然といえば当然ですよね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA