ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ソフトバンク MNP キャッシュバック CB スマホ ガラケー iPhone 一律2万円分

ソフトバンクへのMNPを検討している人もいるかと思います。2019年10月に入り、iPhone11iPhone11ProiPhone11ProMAXの3つの機種の在庫もそろそろ確保されつつあるかと思います。

在庫が確保されると間違いなくそれがほしいと思うこともあるわけです。iPhone11はかなり人気が高く、増産体制に入ったとも報じられていますが、日本でもiPhone11に機種変更をする人が非常に多くいます。

それでもやはりMNPは美味しいと考える人も多いのです。そのためMNPを行おうと思いますが、2019年以降にMNPをすると美味しくないということで、悩んでいる人も多いと思います。実際はどの程度のキャッシュバック額なのでしょうか?

ネット系の代理店はキャッシュバック2万円

こちらおとくケータイ.netと呼ばれるネット系の代理店となっています。

こちらのおとくケータイ.netでは2019年9月末までは、高額キャッシュバックを出していましたが、2019年10月に入りキャッシュバックはかなり減額しました。

キャッシュバックはどのような機種であったとしても2万円となりました。

キャッシュバック額が減ったことにより、相当MNPをする人が減ったのではないかと思います。

MNPを行う人は本当に少なくなったのでしょうか?やはり気になるのは売れているスマホの台数などが気になる部分ではあるかと思います。

安い機種の販売がメインに

これはどのキャリアでも言えることなのかもしれませんが、安価な機種の販売台数がかなり伸びていることを知っていますでしょうか?

iPhone11Proなどのハイスペックモデルの販売が開始されましたが、iPhone11Proというのは、非常にハイスペックでありますが、価格は非常に高額です。

高額な価格となっているため、やはり購入しようと思っても、なかなか購入しようと思う人が少ないのではないかと思います。

いわゆる年齢層の高い人が購入するということになるかと思います。

大学生くらいの人がiPhone11Proの購入を行おうと思ってもなかなか躊躇するわけです。

そういうことを考えると間違いなく、安価なモデルにしようと考えるわけです。安価なモデルといっても直近発売されたモデルであれば、iPhone11となります。こちらのモデルなら比較的購入しやすい機種となります。

iPhone11の購入を考える人なら多いでしょうね。そして少しでも安く持ちたいと思うわけです。

安い機種が最近は本当によく売れています。

MNPするメリットなし?

今後は回線とセットで販売される場合基本的に割引の上限は2万円となります。それはこのキャッシュバックに関しても実質的な割引となり、2万円が上限となるわけです。

2万円の割引が上限となるなら、MNPをするメリットというのは、ほぼないとおもっておいてもいいのではないかと思います。

まずその理由ですが、MNPをするだけで費用負担があることは知っている人も多いでしょう。どのような費用負担があるのでしょうか。

発生する費用
・解約違約金:契約によるが2019年10月以降の契約なら1000円
・MNP手数料:2000円〜3000円
・契約時の事務手数料:3000円
・解約する時までのスマホの支払い
・解約する時までの料金の支払い
・MNP後の料金の支払い

全員がどれだけの金額を払う必要があるのかというのは、契約による部分もありますが、1万円以上の支払いは確実に発生するわけです。

そこまで大きな支払いがあるということは、かなり厳しいと思いませんか?それこそMNPをするリスクや時間よりも機種変更を狙うほうがいいと思わないでしょうか。

2019年10月からMNPをする人は本当に少なくなりました。今後もその傾向は続くと思われます。

今後MNPをすること自体がリスクとなり、機種変更をする人がどんどん増えていくことは間違いないかと思います。

機種変更が増えるなら使う人のメリットは少ない?

機種変更をするのであれば、使う人のメリットというのは、非常に少ないかと思います。

機種変更を行う場合、非常にリスクは少ないです。

なぜリスクが少ないかをお伝えしましょう。

機種変更をする場合の少ないリスク
・電波の入り具合などが、現在の利用環境と同じ
・機種変更のやり方や手続きがかんたん(オンラインショップで無料になることも)
・長期割引の恩恵を受けることができる

簡単にいうとこれくらいがメリットではないかと思います。このようなメリットがあるので、機種変更をするほうがいいと思います。

とにかく機種変更のほうが楽であることは間違いないかと思います。

いわゆる機種変更ではリスクが少ないので、いいと思います。

割引の上限を決めたのは国

このような割引額の上限を決めたのは、国が決めました。

法律改正に伴い、国が上限を決めたわけです。国が上限を決めたということは、民間はその上限に従う必要があるのです。

割引の上限までも国が決めるという、かなりいびつな状態だと思います。

なぜ国が決めたのかということ、端末購入に伴う割引の上限を決めたことにより、キャッシュバックなどが減り、顧客の流動が減る仕組みを国が構築してしまいました。

MNPをする人というのは、他社へ乗り換えることにより、キャッシュバックなどを払うことにより、顧客を獲得してきました。

それが今後なくなるということで、市場としてはかなり辛い状況になることは明白です。

基本的にスマホが売れない状態になっていくことは、間違いないことかと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA