ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

iPhone12 見た目の変更はかなりのもの 金属フレーム採用との噂

Appleのアナリストである、Ming-Chi Kuo氏はiPhone12に関してある予想をしています。

iPhone12はiPhone4のような金属フレームを採用すると報じています。AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏というのは、この業界では知らない人はいないでしょう。それくらい有名な方です。色々なブログなどに登場する名前です。

iPhone12のデザインは刷新される

iPhone12の画面サイズ
5.4インチ:iPhone12
6.1インチ:iPhone12Pro
6.7インチ:iPhone12ProMAX

今のところiPhone12で採用される画面サイズというのは、上記の通りです。

完全に刷新されるということが、この画面サイズからもわかるでしょう。

iPhone11の画面サイズ
6.1インチ:iPhone11
5.8インチ:iPhone11Pro
6.5インチ:iPhone11ProMAX

こちらが現行モデルの画面サイズです。微妙に画面サイズが異なることがこちらを見てもわかると思います。

2020年モデルのiPhone12では大幅刷新の可能性があり、金属フレームに関してはかなり期待できるものとなります。

iPhone4と同様のデザイン

iPhoneでは複数年に1度の大きな見た目の刷新となり、非常に期待できるかと思います。現在の正面からの見た目の設計を変更するということもあり、かなり期待できるのではないかと思います。

また今回ステンレスガラスに包まれたマットガラス素材を採用しており、それはそのまま引き継ぐものと思われます。

また今回の対応に伴い、金属フレーム側に溝を入れて、その溝の中にアンテナを仕込むようにも設計するというようです。

金属フレームというのは、基本的にはそのままでもアンテナになりますので、効率がいいといえば効率がいいですね。

5Gへの対応も

当然ですが、5Gへの対応も行われます。

今回この5Gへの対応はQualcommの5Gモジュールを利用するようです。

Qualcommの5GモジュールならAndroidでも実績がありますので、実績からするとAppleも採用してもいいかと思います。

5Gというのは、日本では2020年に開始されるサービスとなっており、ドコモはすでにプレサービスとして一部サービスを開始しております。

まだ5Gに対応するスマホの販売は行われておりませんが、5Gに対応する端末は特定のドコモショップなどで利用することは可能です。

ドコモ XPERIA 5G Galaxy S10 5G LG V50 ThinQ プレリリースで 登場

2019年9月19日

こちらすでに5Gの端末は日本国内でも利用可能となっていますが、市販品としての販売はまだ行われていません。

5G対応端末もひょっとするとこの機種のいくつかの機種がドコモから発売するかもしれませんね。

6.1インチのOLED搭載機種の発売も?

6.1インチのOLEDディスプレイ搭載機種の販売も行われる可能性が高いです。

6.1インチというとiPhone11の後継モデルとなります。先程新型の画面サイズに関して伝えましたが、ひょっとするとiPhone11と同じ筐体のものを継続的に販売するのかもしれません

iPhone11と同じものを継続的に販売し続けるためには、プロダクトとしては少しでも高額なものとして販売したいというのは、メーカーとしては当然のことです。そのため有機ELを備えた6.1インチモデルの販売が行われるのかもしれません。

6.1インチという大きめのスマホにOLEDが搭載され、トータル的なスペックなどを落としてくるモデルが発売されると、かなり期待も膨らむのではないかと思います。

引用元:macrumors


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA