ソフトバンク 2021 新トクするサポート 安く買える メリット お得なのか何が違うのか 比較して説明

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

ソフトバンクからトクするサポート+というプランが出ていますので、紹介してみたいと思います。

そのような施策が出ていることを知っていますでしょうか?

最大24回分の本体代金の支払いを免除してくれるというサポートとなります。

このサポートがあれば、かなりお得にスマホを購入することが可能となっています。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

最大24回分の支払いが免除とはどういうこと?

こちらはソフトバンクに掲載されている図となっています。

✔48回の分割で購入する
✔24回分の支払いを終えた時点でスマホの回収をソフトバンクが行う
✔25回目からは支払いがなくなる

簡単にいうとざっくり半額で本体を2年間維持することができるということになります。

24回の支払いで済んでしまうということは、かなりお得にスマホを購入することができるということになり、かなりの人が今これを利用して購入しようとしています。

ソフトバンクのユーザーであれば、この施策というのは、かなりのメリットがあることは間違いありません。

2年未満での買い替えも可能

2年未満いわゆる24回以上残りのスマホ代の支払いが残っている場合でも大丈夫です。

買い換えることで、残りの分の支払いも並行しますが、特に問題はありません。

✔2年未満で買い替えた場合は、2台分の分割金の支払いが発生
✔一時的に高額になるものの、機種に不満があれば、買い替えも可能
✔最新のiPhoneの販売時期はずれますが、このような買い方で毎年iPhoneを買い換えるという人も結構多い

iPhoneの販売時期というのは、本当にスマホが売れる時期となります。

そのタイミングでトクするサポート+を利用すれば、ソフトバンクから発売されている最新のiPhoneに関しても販売台数を伸ばすことが可能となります。

これは、絶対に行ってもらいたい施策ですね。

高額スマホを購入するのはかなりお得

高額なスマホを購入する上ではかなりメリットがあります。

✔iPhoneは10万円を超えるモデルも当たり前に
✔iPhoneの購入をするなら間違いなくお得
✔iPhoneはトクするサポート+で購入する人は激増

高額なスマホを購入する人なら、本当にこのトクするサポート+を利用して購入しないと、相当な費用が発生します。

そういうことを考えると、間違いなくこれはメリットのある買い方ではないかと思います。

iPhone13が今後発売されると思われますが、iPhone13を少しでも安く買うためなら、これはかなりおすすめできると思っています。

iPhone13の実質価格を紹介

ソフトバンクからiPhone13の発表が行われました。

トクするサポート+を利用することで、価格もわかります。

iPhone13 /13Pro /13mini /13ProMAX ソフトバンクの価格 実質価格ならかなり安い
iPhone13がソフトバンクから発売されることが決定しました。 ソフトバンクというのは、かなりお得なキャリアであることは間違いありません。 今回はソフトバンクから発売される販売価格に関して紹介したいと思います。 またトク...

こちらをご確認いただきたいのですが、iPhone13の実質価格は、完全に半額になっているのです。

実際に半額と書くとコンプライアンス上あまりよくありませんが、24回の支払いでスマホを回収して、次のスマホに乗り換えたらということです。

普24回というのは、2年です。2年間に渡り、トクするサポート+の恩恵を受けることができるのです。

それだけiPhoneに関しては使ったほうがいいと思います。

昨今あまりにもスマホ本体代金が高いので、正直なところ、購入を躊躇する人もいるかも知れませんが、この施策を利用することで、かなりお得に購入出来ますので、ぜひ検討いただければと思います。

今までの施策:半額サポート+及びトクするサポート+

ソフトバンクが半額サポート+と呼ばれる新しいスマホの購入の仕方に関して新しいプランを発表してきました。

この半額サポート+というのは、どのようなプランになるのでしょうか。今までの半額サポートとは何が違うのでしょうか?

今回のこの半額サポート+が発表され、色々な記事が出ておりますが、個人的には非常に評価できるプランとなっています。

ソフトバンクの半額サポート+というのは、「トクするサポート」という名称に変更となりました。

結果的に内容の変更は行われず、名称のみの変更となっています。

総務省より指導が入ったために名称の変更となりました。それは結果的に毎月390円の支払いをしないとこの半額サポート+の恩恵を受けることができないということが原因の一つでした。そのため半額サポート+という名称ではなく、トクするサポートとなりました。

名称としてはいまいちの名称ですが、指導があったので仕方ないでしょうね。それでもスマホは総務省の指導の元どんどん購入しづらくなってきています。端末価格が高止まりしているということもあり、消費者間隔として、安価に購入できる日というのはもうやってこないでしょうね。

ソフトバンク半額サポート+のメリット

・総務省の割引上限2万円に対抗したプラン

この総務省がいう割引上限2万円というのは、どういう根拠なのかということですが、回線とセットで購入した場合に、割引の上限を2万円とするものです。

そのため、今回の半額サポート+と呼ばれるプランというのは、他社の人がソフトバンクのiPhoneを購入しても問題ありません。

回線とは完全に切り離されたプランとなっているのです。

回線とは切り離されたプランとなっているため、2万円以上の割引ができるという総務省からのお達しの網を掻い潜ったプランとなっているのです。

そういう観点からすると非常に素晴らしいプランとなっているのです。

毎月390円の支払いがあるものの、実質半額で購入することができるプランとなっており、非常にメリットがあります。

ソフトバンク 半額サポート+と半額サポートの違いは?

それでは半額サポート+及び半額サポートとの違いに関してお伝えしたいと思います。

半額サポートとの違いというのは、390円のプログラム利用料がないという部分です。

それなら半額サポートのほうがよかったのでは??と思う人も多いと思います。確かにそれだけなら半額サポートのほうがよかったでしょう。

ただし総務省から回線とセットで端末を販売する場合の割引の上限は2万円というお達しが出たため、このプランは苦肉の策としてソフトバンクは発表したわけです。

プログラム利用料を払ったとしても実はこのプランというのは安価なプランになっています。

それなら総務省は必要ないことをした?ということなのでしょうか。

総務省は正直なところ、このような施策は出してほしくなかったということが本音です。
端末割引2万円にすることにより、解約時の違約金を減らしたり、別の意味でユーザーにメリットのあるプランが出ています。
ただし解約などをしない人にとっては、あまり意味のなプランなのかもしれません。
スマホの割引の上限は2万円 MNP時の違約金は1000円に 乗り換えしやすく
総務省が新しい指針を出してきたようです。 総務省はスマホの販売方法やキャリアの施策に対していろいろ口出ししていることを知っている人は多いかと思います。 キャリアにとっての管轄は総務省であるため、総務省の指針にある程度従う必要があ...

今回はこのようなプランは、ソフトバンクの苦肉の策ということがわかります。

何もユーザーに対して与えることなく、2万円上限の割引のままにするのか、今回のような半額サポート+を出してくるのかというのは、本当に辛い選択肢だったでしょう。ただし元々の半額サポートの支持率は90%を超える非常に高い支持率だったため、ソフトバンクとしても同様のプランを継続したかったのでしょう。

そのため今回は半額サポート+というプランを出してきたのです。

半額サポート+の問題点

半額サポート+の問題点はソフトバンクのSIMロックがかかっています。

他社の人でも購入することができますが、ソフトバンクSIMロックがかかっているため、100日間はソフトバンク回線でないと利用することができません。

対策としては、最新のiPhone11Proなどの機種はそれこそ寝かしておいて100日経過した後に利用し始めるか、ソフトバンクの乗り換えるかが必要となります。

ソフトバンク系のMVNOしか利用することができないのです。

・100日間はソフトバンクのSIMロックがかかっている
・100日以内はWi-Fiで利用するしかない
・ソフトバンクもしくはソフトバンク系のMVNOのみで利用可能

これが問題点となっています。今回のこの半額サポート+に対しても、総務省は苦言を呈しています。

総務省が苦言を呈しているということは、今後このプランは改悪される可能性もゼロではありません。多分改善ではなく、改悪される可能性があるということです。

半額サポート+の申し込みはいつから?

半額サポート+の申し込みは以下の通りです。

ソフトバンクユーザー:2019年9月13日〜
ソフトバンク以外のユーザー:2019年9月26日〜

申し込みは現在利用しているプランによって異なりますので、注意が必要となります。

申込日が異なるのは、ソフトバンクユーザーにとっては有利ですね。2019年9月13日ということは、iPhone11の発売日に合わせてということになります。

iPhone11は非常に人気が出るモデルとなるでしょう。元々の価格もそれほど高くはありませんので、検討してもらいたいところですね。

半額サポート+を利用してソフトバンクオンラインショップから購入する

やはりこの半額サポート+というのは、ソフトバンクユーザーのために本来なら生まれた施策となっています。

ソフトバンクユーザーが安価にiPhoneやスマホを購入するためにできた施策となっており、この施策を利用する人はかなり多いと思います。

ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

こちらが、ソフトバンクオンラインショップとなっています。

ソフトバンクオンラインショップから購入すると発売日に自宅まで届けてくれるサービスを実施しています。

iPhone11も同様に発売日に送付してくれます。

ただし予約を行った場合のみとなりますので、注意が必要になります。事前予約を行うことで、発売日に送料無料で自宅まで送付してくれるのです。

iPhone11 アイフォン11 新色 デュアルカメラ 詳細をチェック 仕様 スペックはどんな感じに?
新型のiPhone11の発表が行われました。iPhone11とiPhone11Pro、iPhone11ProMAXの3機種の同時発売となります。 iPhone11というのは、期待していた人もかなり多いのではないかと思います。基...
iPhone11 Pro アイフォン11プロ MAX トリプルカメラ 仕様 概要 詳細をチェック
iPhone11及びiPhone11Pro、iPhone11ProMAXが発表されました。 新型のiPhoneはどのような機種なのでしょうか。やはりトリプルカメラが売りなのでしょうか。 それではどのような機種なにか紹介し...

こちらが最新のiPhoneの情報となっています。

ソフトバンクオンラインショップからiPhone11iPhone11Proの購入を行う人が非常に増えております。

すでに予約開始もされており、かなりの人が購入していると思われます。

今回発売されたiPhone11iPhone11Proですが、人気機種はiPhone11となっています。やはり低価格で販売されているということもあるでしょう。

低価格のiPhone11が非常に安価になっているため、かなりお得になると思われます。今回の半額サポート+を利用して購入するとかなりメリットがあるでしょう。ぜひ検討してみてください。

半額サポート+からの名称変更

半額サポート+という文言の名称が変わります。まだ変わった後の名前はわかりませんが、消費者庁から実際に半額ではないのに、半額というと誤解を招くということがその意味らしいです。

確かに半額っぽいけど半額ではありませんね。名称の変更だけとなり、サービス内容の変更は今のところありません。

確かにこのわかりにくい表現どうにかしてほしいと思う人もいるかも知れません。それでも基本的には買取額は24ヶ月維持したときに、実質半額で買い取ってくれるわけです。

スマホの価格が値上がりしている以上、このような売り方をしても仕方ないのかなと思います。

本当に10月以降はスマホが売りにくくなります。

半額サポート+という名称だったため、まだ購入する人もいるのかもしれませんが、名称が変更になると本当に売れなくなる可能性が高いです。それこそ広告として成り立ちにくいですからね。よくわからない人が半額と聞いてソフトバンクへ行くことも考えられるため、名称によるインパクトさというのは、非常に重要だと思いますが、今後そのようなこともなくなるのかもしれません。

新トクするサポートへ名称変更

トクするサポート+は新トクするサポートという名称に変更されます。

変更時期は2021年11月17日からとなります。

単純に名称が変更になるだけで、実際にはサービス内容が変更になるというわけではありません。

新トクするサポートを利用すれば、確実にスマホをお得に利用することが可能となりますので、メリットが大きいです。

✔新トクするサポートに名称が変わった
✔サービス内容は全く同じ

今後このような安価に購入できる方法が浸透すれば、ソフトバンクのスマホは間違いなく販売台数を伸ばしていくものと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました