ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

テザリングはタブレットで利用する ドコモのギガホを使い お得に通信費を削減

テザリングという言葉を知っていますでしょうか?

テザリングというのは、簡単にいうとスマホやタブレットなどをルーター機能として利用するということを言います。

テザリングを利用することで、単体で通信できないWi-Fiモデルなどを通信させることが可能となります。

ドコモのタブレットを利用する

ドコモタブレットを利用することでテザリングがかなり便利になります。

その理由に関してお伝えしたいと思います。

現在ドコモのスマホを利用している人はギガホやギガライトと呼ばれるプランがあります。こちらを利用することをオススメしたいです。

その中でもギガホを利用して、タブレットを利用することは非常にメリットがあります。

ギガホというのは、30GBまでの通信を行うことができるプランとなっております。また30GBを超えた場合でも、1Mbpsまでしか通信速度が低下しません。これはかなりメリットがあります。

今までの契約なら自分が契約しているギガ数以上を通信しようと思った場合、128Kbpsの通信となります。それが1Mbpsの通信が可能となるわけです。

それはかなりのメリットがあるかと思います。128Kbpsなら通信することはほぼできないと思っておいたほうがいいと思います。

それが1Mbpsの通信ができるということで、かなりメリットがあるかと思います。

それがギガホなのです。ギガホというのは、非常にメリットがある契約なのです。

データ+契約が使える

データプラスと呼ばれる契約がかなり使えるかと思います。いわゆるタブレットに対する契約となっており、データプラス契約なら毎月の維持費は1000円です。

こちらのデータプラスはタブレットを契約する必要がありますが、かなりお得に契約することが可能なプランとなっているのです。

こちらがデータプラスとなっていますが、このデータプラスというのは、非常にメリットのある契約となっています。

それはドコモオンラインショップでのプランなどを見てもらえればわかるかと思います。個人的にもこのデータプラスと呼ばれる契約は非常にオススメできるプランとなっておりますので、かなりいいと思います。

データプラスというのは、ギガホのデータを共有できる点にあるかと思います。

いわゆるSIMフリーのタブレットをこのギガホの共有を利用することで、かなり活用することが可能となるわけです。

相当メリットがあるかと思います。

実はそれを知らない人が多いのです。基本的にデータプラスというのは、そもそもを知らない人も多いわけです。そういうことを考えると、確実にメリットのあるプランとなるかと思います。

タブレット単体での通信の必要性

テザリングを使えばいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、仮にスマホをテザリングの親にしている場合、データ消費量というのはかなり多くなります。データ消費量が多いと、それだけバッテリーも食うわけです。バッテリーも食うのであれば、相当オススメできるのではないかと思います。

バッテリーの消費量というのは、スマホだけではかなりバッテリーを食ってしまいますので、やはりタブレット単体での利用ができるほうが間違いなくオススメです。

データプラスはそこを解決してくれるわけです。データプラスを利用することで、タブレット単体で通信することができますので、相当メリットがあるかと思います。

基本的にはタブレット単体での通信をメインに考えるほうがいいのではないでしょうか。

それがなんといっても経費削減に繋がります。またタブレットというのは、一般的にはバッテリーの持ちはいいです。そのためテザリングの親元にすることも可能なのです。

スマホをテザリングの親元にすることで、バッテリーの消費を抑えるのであれば、タブレットを親元にするという手はあります。ある意味そういうやり方はかなりオススメできるのではないかと思いますね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA