ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

SO-01M XPERIA 5 予約 ドコモ 2019年冬モデル オススメモデルに XPERIA 1よりコンパクトに

色々予想しておりましたが、結果的にXPERIA 5の1つのモデルのみの発売となりました。

XPERIA 5 エクスペリア5 予約 特典 スペック 価格 レビュー ドコモ au ソフトバンク

2019年10月13日

こちらに最新の情報を掲載しております。ドコモオンラインショップからも予約を行うことができますので、一度ご確認いただければと思います。

ドコモから発表されたSO-01Mに関して紹介したいと思います。

そちらのモデルがSO-01Mとなりました。

グローバルではXPERIA 5と呼ばれた機種となっています。

ドコモから2019年冬モデルの予約

こちらドコモオンラインショップとなっています。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か

2019年9月12日

こちらが、ドコモオンラインショップのメリットに関して掲載している記事となっておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

ドコモオンラインショップでは予約特典もあるかと思います。

最近はスマホを購入する時の予約特典というのは、かなり充実しており、利用する人が非常に多いことが特徴的です。

予約特典を利用して購入するだけで、通常に購入するよりもメリットがありますので、予約特典を利用してみてください。

ドコモから正式発表されたのはSO-01Mのみ

モデル XPERIA 5
大きさ 158×68×8.2mm
重さ 164g
OS Android9.0
CPU SnapDragon855
RAM 6GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.1インチ 有機EL
解像度 2520×1080
アウトカメラ 1220万画素(標準) F1.6 26mm
1220万画素(超広角) F2.4 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 52mm
カメラその他機能 瞳AF、光学2倍ズーム
インカメラ 800万画素
ネットワーク J8210, J8270, J9210 GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
J8210: LTE(4G) Cat19/Cat13, J8270: LTE(4G) Cat19/Cat13, J9210: LTE(4G) Cat19/Cat13 with single SIM, Cat18/Cat13 with dual SIM
無線 Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラー ブラック、グレー、ブルー、レッド
センサー類 Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー 3140mAh
その他 IP65、IP68、指紋センサー(側面)

こちらドコモから正式発表されたXPERIA 5となります。

ドコモから発売された

2019年冬モデルでは3つのXPERIAが発売される可能性があります。

この中でXPERIA 2となっているモデルというのは、XPERIA 1 Compactというモデルになる可能性も十分にありえます。

これら3つのモデルが発売される可能性があります。

XPERIAシリーズはドコモではかなり販売台数を伸ばす機種となっています。

こちら2019年の夏モデルとして登場しているXPERIA ACEですが、かなりの販売台数を伸ばしています。

ドコモでの販売ランキングでは1位を獲得している機種となっています。そこまで人気が高いモデルということになれば、当然ながらXPERIAシリーズの販売を放置するわけにはいきません。むしろXPERIAシリーズの販売はもっと行いたいと思っていることでしょう。

XPERIAシリーズが3機種発売されたことは、今まであまりありませんが、フラッグシップモデル、XPERIA 1の小型モデル、ミドルと3つのモデルを登場させることにより、XPERIAの中でも差別化が図られると考えたのでしょう。確かに今回冬モデルで登場するモデルというのは、そのようになっているわけですが、今後このようなモデルで発売されるということがわかれば、ターゲットも掴みたいのではないかと思います。

それではそれぞれの機種に関してお伝えしたいと思います。

SO-01M XPERIA 1 5G

SO-01MがXPERIA 1 5Gになる可能性が非常に高いと思います。まずはXPERIA 1のスペックを掲載しておきましょう。

ベースはXPERIA 1となりますので、それのX50モデムが搭載された機種と思っておけば問題ないと思います。

モデル名 XPERIA 1
寸法 167 x 72 x 8.2 mm
重さ 180g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.5インチ 4K有機EL
解像度 3840×1644 縦横比率21:9
ディスプレイ シネマワイドディスプレイ
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 6GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1200万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)(すべてのカメラで光学2倍ズーム)
WiFi 802.11ac
Bluetooth V5.0
Payment NFC, MST
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、パープル、グレー
バッテリー容量 3300mAh
認証センサー 指紋認証(サイド部分)
その他 IP68防水防塵

SnapDragon855 /Plus スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0

2019年8月7日

こちら最新のCPUに関して触れている記事となっていますので、こちらも参考にしていただければと思います。

すでにSnapDragon855の時点で高速CPUですからね。XPERIA 1には元々ゲームエンハンサー機能と呼ばれる機能がついておりますので、ゲームエンハンサー機能を利用することで、ゲーム専用機としても遊ぶことができるのではないかと思います。

XPERIA 1は販売ランキングでも1位をとったモデルとなっています。やはりXPERIAシリーズの人気というのは、かなりのものですね。今回5Gに対応される可能性があるということで、期待している人も多いでしょう。

SO-02M XPERIA 2? XPERIA 1 Compact

こちらですが、XPERIA 1 Compactとして発表される可能性のほうが濃厚だと思います。その理由ですが、XPERIA 1 5Gの発売の可能性がありながら、XPERIA 2という名称にはならないかと思います。

それが最大の理由ですが、Compactという名称にしては6.1インチと非常に大きなモデルとなります。

モデル名 XPERIA 2
寸法 158 x 68.3 x 8.3 mm
重さ 未定
OS Android 9.0
画面サイズ 6.1インチ
解像度 2880×1234
ディスプレイ LCD
プロセッサ SnapDragon855
RAM 8GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD あり
前面カメラ 1630万画素 F値2.0
背面カメラ 1220万画素(静止画用)F値1.7+2010万画素(動画用)F値2.4
WiFi 802.11 a, b, g, n, ac
Bluetooth V5.0
Payment 未定
カラーバリエーション 未定
バッテリー容量 3000mAh
認証センサー 指紋認証
LTE 非公開
センサー類 不明
その他 不明

こちらもCPUがSnapDragon855Plusになる可能性も拭えませんね。廉価版という扱いではなく、XPERIA 1のCompactモデルという位置づけとなります。画面サイズを少し小さくして、画面をLCDにすることにより、価格を少し下げたモデルとなります。

やはり最近のスマホの価格は高額ですからね。XPERIA 1の大きさがかなり大きいという人も多いと思います。そういう人のためには少し小型モデルでもいいのかもしれませんね。小型モデルのメリットはポケットに入りやすいという人です。最近のスマホは大画面化されていますので、大画面のスマホが欲しいという人ならXPERIA 1で、少しでも小さいモデルがいいという人ならCompactモデルとなります。

SO-02L ドコモ XPERIA ACE エクスペリアエース スペック 予約 発売日 デザイン 購入 オススメ

2019年8月27日

2019年夏モデルとして販売されているモデルとしてはXPERIA ACEと呼ばれるモデルがCompactなサイズですね。Compactモデルというわけではありませんが、小型モデルは売れる傾向が強いようですね。XPERIA ACEはランキング1位の機種となっているので、安価かつCompactなモデルといえるかと思います。

今回XPERIA 2で、画面埋め込み型の指紋センサーが搭載される可能性が高いことがわかりました。

画面埋め込みの指紋センサーというのは、非常にメリットがあるかと思います。Galaxyシリーズではすでに採用しておりますが、ついにXPERIAでも指紋センサーが画面埋め込みになるということで、喜びの声もあるかと思います。

それがついているだけで、かなり先進的なイメージがありますからね。今回のXPERIA 2はそういう意味でもかなりオススメしたいモデルの一つとなっています。

SO-03M XPERIA 20

SIM 2BANDnano SIM 4G Bands: TD-LTE 2300(band 40) FD-LTE 1800(band 3)3G Bands: UMTS 1900 / 2100 / 850 / 900 MHz 2G Bands: GSM 1800 / 1900 / 850 / 900 MHz GPRS:Available EDGE:Available

モデル XPERIA 20
大きさ 158×69.0×8.1mm
重さ 未定
OS Android 9.0 (Pie)
CPU Qualcomm Snapdragon 710 Octa-Core 2.2GHz
GPU Adreno 616
RAM 4GB
ROM 64GB
MicroSD 2TB
画面サイズ 6.0インチ
解像度 2520 x 1080 ドット
画面タイプ LCD
画素密度 457 PPI
スクリーン保護 Corning Gorilla Glass
画面占有率 77.31%
アスペクト比 21:9
タッチスクリーン Capacitive Touchscreen, Multi-touch
リアカメラ 1200万画素x2
前面カメラ 800万画素
カメラ特徴 フラッシュ,位相検出オートフォーカス
カメラ詳細 ピンボケ効果、連続撮影、露出補正、顔検出、ジオタギング、ハイダイナミックレンジモード(HDR)、ISO制御、タッチフォーカス、ホワイトバランスプリセット
カラー Black
USBコネクタータイプ USB Type C
センサー GPS, Fingerprint Scanner,Accelerometer, Proximity Sensor, Magnetometer, Ambient Light, Gyroscope
通信 VoLTE (Works with Jio), 3G, NFC, WiFi, Bluetooth, 2G
ヘッドフォンジャック 3.5φ
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
通信規格 Dual GSM
SIM 1BAND nano SIM 4G Bands:FD-LTE 1800(band 3)3G Bands: UMTS 1900 / 2100 / 850 / 900 MHz2G Bands: GSM 1800 / 1900 / 850 / 900 MHz GPRS:Available EDGE:Available
その他 3500mAhバッテリー

このモデルの発売がどうなるのか一番未定なのですが、XPERIAシリーズの中でもミドルレンジのモデルとなります。

XPERIA 10などもすでに発表されているモデルがありますが、ドコモでは発売されておりません。そういうことを考えるとこのモデルの発売が行われるかどうかというのは微妙な感じもしますが、ミドルレンジのXPERIAが発売されると価格をそれなりに抑えることができるので、販売しやすいモデルとなることはほぼ間違いないかと思います。

XPERIA 2にカラーバリエーションが追加?

XPERIA 2にカラーバリエーションが追加するかもしれません。

ワインレッドと呼ばれるカラーバリエーションです。新しいカラーバリエーションが増えるということは、かなりいいことだと思います。

やはりどの色のスマホを持とうかどうしようかというところは、選ぶ側の楽しみであり、非常にメリットがあるかと思います。

カラーバリエーションを選べるということは、本当にいいと思いますね。XPERIA 2になるのかXPERIA 1 Compactになるのか今のところ不明ですが、やはりカラバリが新しく追加されることは非常にありがたいことですね。

基本的にXPERIA 2というのは、本当に発売されるのでしょうか。

3つのカメラを搭載するXPERIA 2です。非常にスペックも高くかなり期待したいところですが、悩ましいところですね。

XPERIA 5がIFA2019で発表

モデル XPERIA 5
大きさ 158×68×8.2mm
重さ 164g
OS Android9.0
CPU SnapDragon855
RAM 6GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.1インチ 有機EL
解像度 2520×1080
アウトカメラ 1220万画素(標準) F1.6 26mm
1220万画素(超広角) F2.4 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 52mm
カメラその他機能 瞳AF、光学2倍ズーム
インカメラ 800万画素
ネットワーク J8210, J8270, J9210 GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
J8210: LTE(4G) Cat19/Cat13, J8270: LTE(4G) Cat19/Cat13, J9210: LTE(4G) Cat19/Cat13 with single SIM, Cat18/Cat13 with dual SIM
無線 Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラー ブラック、グレー、ブルー、レッド
センサー類 Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー 3140mAh
その他 IP65、IP68、指紋センサー(側面)

こちらXPERIA 5のスペックとなります。こちらのモデルがSO-のいずれかのモデルとなります。

XPERIA 5Gが発表されるかもしれない

ドコモ XPERIA 5G Galaxy S10 5G LG V50 ThinQ プレリリースで 登場

2019年9月19日

こちらの情報を見てもらいたいのですが、XPERIAの5Gモデルというものが、5G対応のスマホとしてプレリリースされております。日本国内での販売はないということですが、プレリリース用に端末を調達したということは、今後量産の可能性も十分にありえるということになります。

XPERIA 5Gという名称になるのかはまだ何もわかっていませんが、2019年冬モデルとして登場してもおかしくはありません。プレリリースのみで継続して半年間ドコモは頑張るのか、一部の機種だけでも販売し5Gの通信速度を体感してもらえるようにするのか、そのあたりは不明確です。

一応販売する見込みはないといっていますが、このタイミングで5G対応モデルのスマホが出てきているということは、遅くとも春モデルでの登場は間違いないでしょう。すべてのモデルがハイスペックモデルとなっており、価格にしたら15万円程度するスマホになるかと思います。相当高額なスマホとなりますが、販売を望む声もかなり大きそうです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA