Galaxy Note10 / Note10+ 5G スペック 日本 どんな機種なのか カメラや新しい機能は・

友だち追加

Galaxy Note10シリーズが全世界に向けて発表を行いました。Galaxy Note10は世界で発表される機種となっており、日本でも発売される予定となっています。

Galaxy Note10はどんな機種なのでしょうか?

 

日本での購入も可能に

2019年冬モデルとして登場すると思われます。今回は5Gへの対応が行われており、2020年から日本国内でも開始される5G通信を行うことが可能となっています。

5G通信というのは、LTE通信いわゆる4Gの100倍ほどの通信が可能となっており、2020年からの5G通信到来に向けて、2019年冬モデルから投入され、2020年から東名阪を中心に利用されるわけです。

Galaxy Note10シリーズというのは、ドコモ、auから発売される見込みとなっています。


こちらがドコモ、auのオンラインショップとなっています。こちらから事前予約を行うことも可能となっています。

Galaxy S10が発売された時は、GALAXY BUDSが予約特典となっていました。

SC-03L SC-04L SC-05L GALAXY S10 /S10+ 予約 Galaxy Buds プレゼントキャンペーン 特典
ドコモから今後GALAXYシリーズの最新モデルの発売が行われます。 現在グローバルモデルとして発表されたGALAXY S10シリーズでは、予約購入時にGalaxy Budsをプレゼントするという施策を開始します。 それに伴い、G...

こちらがGALAXY BUDSですが、Galaxy Note10でも同様に予約特典となるかもしれません。

予約特典としては2万円近くするGALAXY BUDSなので、非常にメリットがあるかと思います。

またドコモ、auで予約を行うと、発売日に自宅まで送料無料(2500円以上送料無料)で届けてくれるというメリットもあります。

かなりいいと思いますので、ぜひ予約購入を検討いただければと思います。

日本国内発売モデルは、今のところGalaxy Note10になるのか、Galaxy Note10+になるのか決まっておりませんが、個人的にはGalaxy Note10+を発売してもらいたいですね。

同時期にiPhoneの発売も行われますが、Galaxy Note10+ならiPhoneよりも上位という位置づけになるのではないかと思っています。それくらい素晴らしい機種になっているでしょう。

それでは今回発表されたGalaxy Note10及びGalaxy Note10+のスペックを紹介したいと思います。

Galaxy Note10及びGalaxy Note10+のスペック

モデルGalaxy Note10Galaxy Note10+
大きさ151 x 71.8 x 7.9 mm162.3 x 77.2 x 7.9 mm
重さ193g198g
OSAndroid9.0Android9.0
CPUSnapdragon 855PlusSnapdragon 855Plus
RAM12GB12GB
ROM256GB256GB,512GB
画面サイズ6.3インチ6.8インチ
解像度3040 x 1440ドット QHD+3040 x 1440ドット QHD+
前面カメラ1000万画素1000万画素
背面カメラ1200万画素+1200万画素+1600万画素1200万画素+1200万画素+1600万画素+30万画素
カラーオーラグロー,オーラブラック,オーラピンク,オーラレッドオーラグロー,オーラブラック,オーラホワイト,オーラブルー
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax802.11 a/b/g/n/ac/ax
その他IP68防水防塵、3500mAhバッテリー、指紋認証機能IP68防水防塵、4300mAhバッテリー、指紋認証機能

主なスペックを掲載しておきます。カラーバリエーションとカメラが若干異なる程度となっています。

カメラ性能

今回搭載されているカメラの性能はかなりよくなっています。

Galaxy Note10+でのカメラは1200万画素が2つと1600万画素そして、ToFが搭載されています。

こちら拡大したところですが、右側の黒い部分がToFとなります。

ToFカメラを搭載しているのは、Galaxy Note10+のみですが、こちらのカメラを利用することにより、3Dの立体的なGIFに残しておくことも可能です。

まさにToFカメラを搭載しているからこその技かと思います。

[box class=”blue_box” title=”撮影モードも豊富
顔、赤ちゃん、人、犬、猫、食べ物、団体、ビーチ、空、山、日没、日の出、都市、雪の風景、滝、水辺、風景、舞台、自動車、飲料、花、木、緑の風景、動物、靴、逆光、屋内、テキスト、夜景、衣装[/box]

これだけの撮影モードを備えています。色々な撮影モードが備わっており、かなりいいと思います。

超広角カメラを今回備えており、上記の写真は超広角カメラで撮った写真となります。かなり横の部分が入っているかと思います。

超広角カメラというのは、3つのカメラのうち1つのカメラを利用して撮影されたものとなっていますが、ここまで横の部分が入ればかなりメリットがあるのではないかと思います。今回のGalaxy Note10はNote10+と搭載されているカメラが異なり、ToFを搭載しているモデルは、Galaxy Note10+のみとなりますが、非常にいいモデルとなっていますね。

ものの大きさを測定

ものの大きさを測定することも出来ます。

これはかなり面白い機能ですね。カメラをかざすだけでものの距離を測定することが出来るのです。

こちらはGalaxy Note10+での機能となっており、別途測定アプリを利用する必要があります。

ものの大きさを測定することが出来るアプリなども結構ありますが、実際には別の測定機器を利用するものがメインです。

自宅のレイアウトなどを測定するときにかなり便利ですね。

レイアウト変更などを行う時に、このような機能を利用することで、かなり簡単に利用することが可能となります。

Sペン

Sペンが付属しているということが何よりもGalaxy Noteの特徴です。

このSペンが付属していることにより、他のスマートフォンとは異なる最大の理由です。

いわゆるペンを使っての手書きを行うことが出来るようになります。

Bluetoothをサポートしており、画面を直接触ることなく、Sペンを利用して色々な機能を使うことが出来ます。

フロントカメラを操作することも可能です。こちらの写真のようにSペンを回すとズームインやズームアウトが可能となります。

ズーム機能もついているというのは、かなり便利ではないかと思います。

ギャラリーアプリを開いて写真を送っていくことも可能です。

Sペンを左右にふるだけで、今まで撮った写真などを前のページに戻ったり、進んだりすることも出来ます。

Sペンを利用して、ボリュームをコントロールすることも可能となっています。ボリュームコントロールは非常に便利かもしれません。

Sペンだけで色々な機能があるということなので、Sペンを思わずなくしてしまいそうです・・・

ほんの数年でSペンの出来ることが本当に増えてきたという印象です。今までのGalaxy NoteでもSペンで出来ることはありましたが、Note9からかなりSペンは進化したと思います。ここまで進化したのであれば、Sペンを使わないともったいないですね。

手書きをテキストに変換することも可能です。Sペンを利用して手書きを行うとそれがテキストに変換されます。

これもまた便利機能の一つですね。文字入力に慣れていない人ならペンを利用して文字を入力すれば、それがテキストに変換されるわけです。入力が不得意な人でも文字はかけますので、かなり便利かと思います。文字入力をわざわざしなくてもペンから入力が出来るという機能もかなりいいと思います。

オフ画面にメモを残すことも可能です。忘れないようにオフされた画面に自分の書いたメモを残しておく機能です。

Galaxy Note10が閉じられた状態でもこの機能を利用することが出来るため、忘れないようにメモ書きをとっておくことが出来ます。

これも便利な機能の一つかと思います。S-Penを利用するということが、まさにこの機種の醍醐味となっています。S-PenがあるからGalaxy Noteシリーズだということです。
本当にこのS-Penを使いこなすということが、Galaxy Noteシリーズを使いこなす上で、非常に重要なことになっています。

Galaxy Note10の同梱品

Galaxy Note10の同梱品となっております。こちらはグローバルモデルの同梱品となっておりますので、日本国内で販売された場合は、この同梱品がすべて搭載されているかどうかは今のところ不明です。

ケースや保護フィルムは同梱しておいてもらいたいところですね。

今回も指紋認証機能を搭載しており、保護フィルムは専用のものが一番いいと思います。

保護フィルムがついているというだけで、かなりありがたいです。

本体(スタイラス含む)
ケーブル
アダプター
SIM取り出しつまみ
イヤフォン

これらが同梱されています。

Galaxy Note10+で撮った動画がきれい


こちらがGalaxy Note10+で撮影した動画となります。
Galaxy S20との撮影比較となり、Galaxy S20のほうが後から販売されたモデルとなっており、当然ながらきれいに撮影できていると思いきやほぼ同じレベルで撮影できていることがわかるかと思います。
Galaxy S20は30倍ズームなどもありますので、ズーム性能は高いのですが、普通に撮影するだけでは、正直なところこれら2つのモデルというのは、かなりきれいに撮影できています。

正直なところ十分なんじゃないの?と思うレベルですよね。
これくらいGalaxy Note10+で撮影した動画はきれいに撮影できているということがわかるかと思います。

Galaxy Note10とGalaxy Note9との比較

Galaxy Note10 /Note10+ Galaxy Note9との比較 違い カメラ 進化した点はどこ?
Galaxy Note10の発表が行われましたが、2018年モデルのGalaxy Note9から進化した部分というのはかなりあるかと思います。 Galaxy Note9からGalaxy Note10になり、進化した部分や違いに...

こちらGalaxy Note9との比較となっています。Galaxyシリーズというのは、1年で結構な進化を果たしますね。

1年の進化の中で一番すごいのはやはり5Gではないかと思います。

5Gは1年前というのは、まだ世間の話題にあがっている程度でした。

1年でかなり進化したと思います。

実際にはそれだけではなく、他のスペックもかなり上がっていると思います。Galaxy Note9からの買い替えをする人はそこまで多くはないと思いますが、Galaxy Note8あたりからなら十分買い替えでもいいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました