Xperia 2は5Gに対応? Xperia 20と新しい新モデルが登場予定

2019年のIFAで発表されると言われているXperia 2の情報が徐々に出てきております。

2019年9月にベルリンで開催されるIFA2019にて最新のXperia 2の準備が行われています。

ソニーはこのタイミングで新しいXperiaを発表すると見られており、今回新しいXperiaの型番が出てきました。

 

J8210とJ8010の2つの型番

新しい型番というのはJ8210とJ8010という型番となっています。この2つの型番は新型Xperiaを示すものと思われますが、その型番のうちJ8010という型番は4Kのハイエンドモデルになっているということです。

今回2つのモデルの型番が登場していますが、Xperia 2ともう1つの機種の型番も登場しており、そちらはXperia 10の後継モデルにあたるXperia 20になる可能性もあると示唆されています。

この中のJ8010は5G通信に対応するとも言われており、高速通信を楽しむことが出来るようになると思います。

高速通信を行うことが出来るということで、かなり期待している人も多いと思いますね。

SnapDragon855とX50モデムが搭載される予定になっているようです。

このX50モデムとの組み合わせにより、5G通信を行うことが出来るということになります。

それは以前から言われており、SnapDragon855単体では5G通信を行うことは出来ません。2019年の間は別途モデムを搭載することにより、5G通信を行うのです。

Xperia 2の詳細スペックは?

Xperia 2の詳細スペックというものもある程度明らかになってきております。Xperia 2は6.1インチの画面サイズとなり、CPUは先程お伝えした通りです。

SnapDragon855とX50モデムの5G通信になる見込みです。

バッテリー容量は3000mAhとなっており、ワイヤレス充電にも対応しています。本体のサイズも9.2mmとなっており、非常に薄いです。

RAMの容量は6GBとなおり、Xperia 1と同じ容量です。基本的にベースはXperia 1を基準に製造されていることは間違いないと思います。

画面サイズがCompactになるということで、それだけ持ちやすくなることは間違いないと思います。

画面サイズが6.1インチで4K解像度?

今回のモデルは一応情報として4Kになるとも言われておりますが、実際のところ4Kになるかどうかは不明であるということです。

それは2K止まりになるという情報も別途出ており、6.1インチとXperia 1よりも画面サイズが小さくなっていることから、画面サイズが小さい上に4K解像度を搭載、そして5Gにも対応ということになると、Xperia 1よりもスペックはよくなりますからね。

画面の小さいXperia 1ということになると、Xperia 1の発売にも影響が出るものと思われます。

Xperia 1は1年間は販売し続けるモデルとなっており、後継モデルが発売されるのは、2020年2月ごろになるでしょう。

それより前にXperia 1よりスペック的に上回る機種を出すということは、少し考えづらいです。

そういうことをトータル的に考えるとXperia 2は若干ながらスペックを落としてくると思われます。

その中での5G搭載や4Kの情報は嬉しいですね。Compactモデルながら、ハイスペックも期待出来るかもしれません。

引用元:androidheadlines

コメント

タイトルとURLをコピーしました