Windows7の延長サポート切れ そのまま利用するのは危険 古いAndroidを利用するのも同様

Windows7のサポート切れが迫っているということを知っていますか?

Windows7のパソコンを利用し続けると、セキュリティの驚異がやってくる可能性があるということはよく言われ続けています。

Windows7のサポート期限

Windows 7 がリリースされた 2009 年 10 月 22 日に、Microsoft では、Windows 7 の製品サポートを 10 年間提供することをお約束しました。この 10 年の期間が終了するとともに、Microsoft では Windows 7 のサポートを終了します。これにより弊社は、より新しいテクノロジと優れた新しいエクスペリエンスのサポートを重視し、専心することになります。Windows 7 のサポート終了の具体的な日付は、2020 年 1 月 14 日です。サポート終了の後、お客様の PC を保護するための技術的なサポートや Windows Update からのソフトウェア更新は、当該製品に対してご利用いただけなくなります。Microsoft では、2020 年 1 月までに Windows 10 に移行することを強くお勧めします。これにより、必要なサービスやサポートが利用できなくなっているという事態を回避することができます。

こちらマイクロソフトのホームページからの抜粋となります。

Windows 7 のサポート終了の具体的な日付は、2020 年 1 月 14 日です。

2020年1月14日にはサポートを受けることが出来なくなるのです。このサポートを受けることが出来ないということはどういうことでしょうか?

サポートを受けることが出来ない場合というのは、セキュリティ的な致命的な欠陥が、Windows7の見つかった場合でも対処しませんということです。

致命的な欠陥というのは、今の時点では未知数ですが、やはり致命的な欠陥が見つかった時には、対処してもらいたいと思いますからね。

Windows7は使い続けられるの?

Windows7を使い続けられないと思っている人も多いと思いますが、パソコンは故障するまで使い続けることは出来ます。

使い続けられるわけですが、安全に使い続けられるかどうかというのは、別問題です。

安全に利用しようと思うのであれば、Windows10へのアップデートを推奨されるわけです。

ここでいう安全というのは、セキュリティの驚異にさらされることなく利用出来るのはということです。

基本的にWindowsパソコンというのは、かなりの台数が販売されており、サポート期限を超えても利用し続けようと思っている個人や企業は多くあるのです。

またシステムが導入されており、Windows10での環境では動作しないというものもあります。

そういう観点からWindows7を利用し続ける必要があるのです。企業によってはWindowsXPでしか動作しないようなケースや、WindowsサーバもNTなどのかなり古いOSを利用し続けているケースもあります。

最近はVMウェアなどを利用することで、古いOSも利用することが出来るようになっており、便利でありながらセキュリティの驚異と戦っているのです。

Windows7を利用し続けることは可能ですが、Windows7に対応するサードパーティがどんどん少なくなっていくことは間違いありません。

例えばアンチウィルスソフトなどもWindows7での対応を終わらせていくでしょう。そういうことを考えるといろんな意味で、セキュリティの驚異にさらされるわけです。

Windows10へのアップデートを推奨

Windows7を2020年1月14日以降も利用し続けるということは、マイクロソフトとしても推奨はしていません。

新しい機能やアップデートをWindows7においてはなくす予定にしているため、早い段階からWindows10への移行を進めてきました。

それでもWindows7の使い勝手がいいことを理由にユーザーはWindows10への移行を拒み続けているということもあります。

確かにWindows10は使い勝手がそれほどいいとはいえませんが、Windows7を利用するよりは、メリットがあるわけです。

Windows10への移行は早い段階で済ませておくことをオススメします。

自宅にあるパソコンもそうです。古いOSを利用し続けていると、基本的にいいことはありません。最新のOSへのアップデートをオススメします。

また今の時点でWindows7を利用しているということは、割と古いパソコンを利用しているということではないかと思います。

そういう人は買い替えも検討してみてはどうでしょうか。

L406SA-S43060G(スターグレー) ノートパソコンL406SA 14型液晶

L406SA-S43060G(スターグレー) ノートパソコンL406SA 14型液晶

36,000円(12/07 08:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

正直なところWindowsパソコンならそこまで高額な機種でなければ、割と安価に手に入れることが出来るのです。Windows10への乗り換えを検討するのもありかと思いますね。

どうしても古いWindows7を利用し続ける場合

どうしても古いパソコンを利用し続ける必要があるかと思います。そういう場合は、Windowsのセキュリティパッチ以外で対応する必要があります。

最近はパターンマッチ型ではない、次世代のアンチウィルスソフトなども色々出ています。

企業に導入するのであれば、振る舞い検知型のアンチウィルス対策ソフトを導入する企業も増えているのです。

代表的なソフトでは、Cylanceというソフトがあります。

こちらのソフトは日本で購入しようと思うと、100ライセンス以上での購入となり、1本あたりの価格も年額1万円弱となっており、かなり高額なソフトとなりますが、その検知率というのは99%を誇る検知率ということになります。

Windows7でも動作させることが可能となっていますので、これを導入する企業というのはかなり増えているのです。

FFRI yaraiというソフトも非常に最近は多いですね。

こちらも先程のCylanceと同様に、振る舞い検知型となりますが、こちらのソフトは日本国産であるということです。

日本国産という安心感はかなりいいと思います。なぜ日本国産がいいのか?というと、コンピュータウィルスの大半が、海外で製造されると思われます。ある程度海外で実績のあるアンチウィルス対策ソフトにひっかからないようにテストを行うと思いますが、このyaraiというのは日本国産であるため、ウィルス作成者がテストしづらい状況にあると思います。

そういうこともあり、個人的にはこのyaraiに関してもオススメ出来るかと思います。ウィルスというのは、基本的に海外で生成され、日本にやってくることを考えれば、このような対策ソフトも日本で開発しているほうが、よく効くような気もしますからね・・・

最近はこのような次世代アンチウィルスというものが、かなり出てきていると思います。

次世代のアンチウィルスを導入し、Windows7を利用し続ける企業が増えているわけですね。

古いAndroidを利用しないほうがよい

これはWindowsに限った話ではありません。Androidには明確なサポート期限が設けられているわけではありませんが、基本的には古いAndroidというのはサポートを受けられない状態にあると思っておくほうがいいと思います。

Androidはパソコンとは異なり、いわゆるルート権限というものは、通常の操作では取得することは出来ません。しかしながらAndroidもセキュリティの驚異はあります。

建前上Androidアプリをインストールする前に同意というものがあり、セキュリティの驚異のあるアプリであったとしても本人の同意があるため、それをウィルスと呼ぶとなると微妙な部分があるかと思いますが、ウィルスが入ることも十分に考えられるわけです。

ウィルスが同梱され、出荷されたAndroidもあるほどです。そういうことを考えるとやはり古いAndroidというのは、使わないほうが間違いなくいいと思います。やはり数年経過すると古いAndroidとなりますので、最新のAndroidに変更するほうがいいと思います。

いわゆる機種変更を行うほうがいいということです。ウィルスの驚異があるとやはり不安になることも多いかと思います。セキュリティ的に問題のあるOSを利用し続けるということは、ユーザーとしてもあまりメリットのないことであることは間違いありません。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA