携帯乞食では儲けられない MNPを繰り返すより MVNOを利用し維持費を安価に

携帯乞食と呼ばれる人たちが昔は大勢いたことを知っている人も多いと思います。

携帯乞食という人たちというのは、MNPを繰り返すことで、巨額の富を得ていた人のことを指します。

それこそ本体代金MNP一括0円かつキャッシュバック5万円とか10万円とかいう非常に高額なキャッシュバックをGETできた時期もありました。

それが年々規制が入り、今では本当に風前の灯火といえるレベルにまでなってきているのです。そのためMNPを行う人が非常に少なくなってきております。

携帯を販売している代理店としても、かなり厳しい状況は否めません。

 

MNPを繰り返しても維持費がかかる

MNPを繰り返して高額キャッシュバックをGETしたとしても維持費は結構かかります。

ざっくりですが、MNPを繰り返す人でも最低半年は維持する人が多いため、半年間の維持費とMNPを繰り返すための料金などを考えるとやはり、維持費というのは、本当にすごくかかるわけです。

たとえMNP一括0円キャッシュバックといったところで、そこまで儲けようと思うとかなり厳しいのではないかと思います。

それこそ手間賃を考えるとあまり儲けることが出来なくなるのです。それならMNPでGETしたスマホを活かすほうが重要となります。

MNPでGETしたスマホを活かして長期間利用するほうが結果的にメリットがあることは間違いありません。

MNPでGETしたスマホをSIMフリーにする

最近のスマホというのは、キャリアモデルであったとしてもSIMフリーにすることが出来ます。

SIMフリーというのは、どこのキャリアでも利用することが出来るようにするものです。

SIMフリーにすることで、MVNOといわれる格安SIMを利用することが可能となっております。

ドコモのSIMなら基本的にはドコモ系のMVNOならそのまま利用することが可能ですが、au、ソフトバンクではSIMフリーにする必要があります。

こちらが各社のロック解除手続きを行うページとなっておりますので、こちらもをあわせてご確認いただければと思います。

このようにSIMロックを解除してMVNOのSIMを刺して利用する人が非常に増えているのです。

基本的には他社のSIMを利用する時にはロック解除というものは基本となります。

MVNO 格安SIMはドコモ系、au系、ソフトバンク系というものが存在

MVNOいわゆる格安SIMにはドコモ系、au系、ソフトバンク系というものがあります。

これはどういうものかというと、例えばドコモ系のMVNOであれば、ドコモの回線を借りて運用を行っているということになります。

au系ならauの回線を借りて運用しているということです。要するに大元の回線業者のどの会社の回線を借りて運用しているのか?ということになります。

基本的には、ドコモ系の回線を利用したMVNOが一番多いです。

後発のau系やソフトバンク系というのは、まだ非常に少ないです。

どうしても後発ということで、少ないのですが、基本的にエリアはドコモ系が一番広いということもあるかと思います。

基本的にはドコモ系のMVNOならエリアの広さというのは、ドコモの提供しているエリアと同じエリアになります。そのためエリアは非常に広いわけです。とはいうものの、今の時点で、ドコモ、au、ソフトバンクでエリアが狭い、電波が入りにくいということはあまりありません。

基本的にはどこのキャリアを利用していても、たいていの場所で通信や通話を行うことが出来るかと思います。そのためあまりエリアに関しては気にする必要はないかと思います。

MVNOは契約する会社によって通信速度が異なる

MVNOというのは、通信速度が気になる人も多いと思います。通信速度というのは、契約する会社によって異なります。

ベースの通信速度というのは、そのキャリアの通信速度となりますので、ドコモ系ならドコモの通信速度が基本的にMAXの通信速度と考えればいいと思います。au系ならauの通信速度、ソフトバンク系ならソフトバンクの通信速度が通常であれば、一番高速に通信をすることが可能となります。

そしてMVNOというのは、そのベースの通信速度を基準にやはり通信速度に関しては若干抑えられている印象です。

特にドコモ系のMVNOというのは、最大通信速度が100Mbps以上だったとしても実測では1Mbpsも出ないなんてこともありえます。

通信速度が遅いとやはりイライラすることも多いと思いますので、そのあたりは気をつけて契約する必要があります。

そんな中でもau系やソフトバンク系では通信速度が、そこまで遅くならないという報告もかなりあり、最近ではau系、ソフトバンク系をあえて契約する人も多いと思います。

一番遅くなる時間帯というのは、昼の12時〜13時ごろと夕方6時〜8時ごろそして22時以降くらいが通信速度としては遅い時間帯になります。

その時間帯というのは、誰もが通信を行う可能性の高い時間帯となっており、各キャリアともに自社回線を優先的に速度をあげてMVNOの通信速度をあえて落としているのだと思います。

それが嫌でMVNOをやめる人もいるほどなのです。ただしそれでも格安SIMを利用するメリットというのは、価格にあります。価格設定が非常に安価なこともあり、ある程度の時間帯だけ我慢すれば、あとは割と快適に動作させることが出来るということで、そちらのほうがメリットに対する効果が大きいということで、MVNOに契約する人も多いわけです。

あえてここでどこのMVNOが早いとか遅いとかは書きませんが、やはりそういうところの通信速度を気にして契約している人も多いことは間違いありません。

MVNOというは、まだ伸びしろがあるものの、全契約の10%程度前後で落ち着いてきています。今後急激に伸びていくことはないと思いますが、緩やかに上昇傾向であることは間違いないでしょう。

とはいうもののキャリアも価格的にかなり抑えた料金プランで対抗していますので、キャリアのほうがいいと思う人はキャリアに戻ることでしょう。

キャリアで機種変更を行う

キャリアで機種変更を行う人もかなり増えているのではないかと思います。
実際のところ携帯乞食をしていた人というのは、非常に少なくなってきているのです。

・キャリアはどこでも買える
・キャリアは故障時に店舗にて対応が可能
・持っている人も多く解決策も多い

これらがキャリアモデルのメリットとなります。
キャリアモデルで機種変更をする人もかなり増えてきていると思います。それこそ携帯乞食と呼ばれていた人も2020年に入りかなり少なくなってきたと思いますので、今後は普通の機種変更をするということが一番ではないかと思います。

昨今キャリアモデルも低価格モデルの機種も販売しており、安心感はあろうかと思います。電話での窓口も充実しており、やはりキャリアモデルは便利でメリットがありますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました