ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

新型iPadが2019年に発売される可能性が高い iPadPRO 3世代目 EEC認証に合格

新型iPadが2019年のうちに販売される可能性が高いことがわかりました。

iPadというのは、iPadOSと呼ばれる新しいOSが搭載される予定になっていますが、このiPadOSが搭載されることにより、パソコンいらずになる可能性が高いです。

iPadというのは、ここ最近PROモデルと呼ばれるものと、通常のiPadが販売されております。PROモデルの発売もかなり楽しみです。

EEC認証取得

こちらが証拠となる画像となっています。

新しいアップルiPadのモデル名称は、A2068、A2198、A2230、A2197、A2228この5つのモデル名称となっています。

EECというのは、ロシアのユーラシア経済委員会の認証機関です。新しいモデルナンバーが登録されたということで、近々アップルがiPadを発売するのでは?との憶測が飛び交っています。

またこのEECにはMacBookらしき機種が登録され、その後MacBookAir及び、MacBookPROが販売されるなど、かなり信頼出来る情報となっています。

これらのモデルではiPadOSが動作するということもあり、MacBookとは異なる路線で、パソコンの分野でもiPadは力を入れていくことになるのでしょうか。

韓国のUDNによると、今回のアップルから発売される予定のiPadは10.5インチの新しいiPadになると噂になっています。

2019年7月ごろからの量産が開始される予定となっています。また折りたたみ式のiPadの販売もあるとのことで、それは5G通信を行うことが出来るモデルになるとも予想されております。ただし折りたたみ式のiPadの発売は2020年になると思われます。

iPadはビジネス領域でもかなり強い

iPadというのは、ビジネスの領域でもかなり強いです。ビジネス領域にiPadを利用している人というのは、かなり多くいます。

iPadは誰かにプレゼンを行うということや、自分が作業を行うということにも優れているのです。iPadも様々なアプリに対応しており、ビジネス利用でもほぼ問題なく利用することが可能となっています。

ビジネス利用をメインに考えている人も多く、外出先への持ち出しを行っても、さほど重たいタブレットではないため、持ち出しやすく、また周辺機器も充実していることからiPadを選択する企業や個人が多いと思います。

またiPad含めたアップル製品というのは、セキュリティ的にも強くなっており、購入時点でデバイスは暗号化されており、iPhoneアプリを利用することも可能です。さまざまなアプリの調達も容易に出来ることから、iPadを利用したセミナーなどもいろいろ開催されております。

今後含めてiPadの利用用途というのは、iPadOSを利用することで、ますます広がると思います。

引用元:mysmartprice


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA