ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室 ボカシ 撮影がかなりきれいに

最近ToFカメラというものを耳にする機会ってありませんでしょうか?

ToFカメラがスマホに搭載されるなんてニュースもかなり多くなってきたかと思います。ToFカメラと呼ばれるカメラは一体どのようなカメラなのでしょうか。普通のカメラと比較して、何が違うのでしょうか?

 

ToFカメラとは


引用元:panasonic

TOFカメラ(トフカメラ、Time-of-Flight Camera)は、光の飛行時間を利用して三次元情報を計測可能なカメラ。

ウィキペディアからの引用となりますが、3次元情報を測定可能なカメラとあります。3次元情報を測定するってどういうことか気になりますよね。またその測定した結果をどう画質に反映させることが出来るのか、ということも非常に気になる部分かと思います。

TおFカメラというものは光を発光しますが、その光が物体にあたった時の反射速度などを受信して距離を測定します。

その光の速さで距離を算出することが出来るカメラなのです。距離を算出することで、物体までの距離からより立体的な画質な写真を撮ることが出来るわけです。

ソニーはすでにToFカメラの量産を2019年から開始する計画があり、今後はAR技術や顔認証などを利用出来るようにと現在アップルなどのセンサー供給先に営業をかけている状況です。

このToFカメラというのは、今後増えることは間違いなく、スマホなら1台に1つ売れるということを考えると、かなりの需要があると思われます。

ソニーだけではなく、他社も同様のToFカメラを製造すると思われますので、今後はカメラだけではなくToFというカメラも見ていく必要があるでしょう。

日本でのシェアはパナソニック

日本でToFカメラのシェアというのは、パナソニックが3割り程度もっています。

しかしながらこのToFカメラは、スマホに流用するというわけではないかと思います。

ただし今後ToFカメラの需要がどんどん増えるとパナソニックが、スマホ用のToFカメラの分野に力を入れていくかもしれません。

先程も記載したようにARという分野において、このToFカメラは役割を発揮するのではないかと思いますが、ARを利用するシーンはスマホだけではなく、今後はビジネスの分野でもかなり出てくると思われます。

スマホならビジネスの分野で利用しようとしても比較的安価に購入出来る商材なので、今後のシェアはどんどんスマホに移っていく可能性も高いと思われます。
実際にスマホに導入され始めていますが、パナソニック製のToFなのかということは、正直なところわかりません。
ひょっとするとOEM提供しているかもしれませんし、パナソニック製のものは採用されていないかもしれません。
それでもToFの技術力がパナソニックにあるということは覚えておいてもいいのかもしれませんね。

ToFカメラを搭載したスマホが登場

Galaxy Note10 / Note10+ 5G スペック 日本 どんな機種なのか カメラや新しい機能は・
Galaxy Note10シリーズが全世界に向けて発表を行いました。Galaxy Note10は世界で発表される機種となっており、日本でも発売される予定となっています。 Galaxy Note10はどんな機種なのでしょうか? ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ToFカメラが搭載されたGalaxy Note10+5Gが発表されました。

まだToFカメラの搭載が非常に少ない中での世界的な発表となります。

今回このGalaxy Note10+5Gで搭載されるToFカメラというのは、3DのGIFを生成するカメラとして搭載される予定となっています。

初期の機能としては、まだそのレベルですが、今まではそのような写真や動画を撮影するカメラというのは、あまりありませんでした。

3次元映像にするために昔は2つのカメラで撮影していた時もありました。2つのカメラがいわゆる人間の目にあたる役割となっており、3Dを実現していたわけですが、今回は物体の距離を計測することにより、3D撮影を行うことが可能となっています。

今まではToFカメラというのは特殊な用途でしか撮影されておりませんでしたが、今後はこのようにスマホでも活用されるようになるでしょう。

ToFカメラを搭載しているスマホがたくさん発売されるようになると、ToFを利用したアプリも色々出てくるかもしれません。

まだ用途としては、そこまで多くはないかと思いますが、今後間違いなく増えてくるでしょうね。

日本のキャリアモデル初のToFカメラ搭載機種

上記でGalaxy Note10+の話題に触れておりますが、日本のキャリアモデルでも同様にGalaxy Note10+が発売されています。5Gモデルではなく、日本国内では4Gモデルとなりますが、ToFカメラは搭載されました。Galaxy Note10+でのToFカメラの位置づけですが、実機を触ってみたのですが、ToFカメラ単体で何かをするということはありませんでした。ToFカメラは奥行きを検知するというところにかなりチカラを入れているという実感を受けました。
そのため実際にカメラの撮影も行いましたが、その中でも非常にいいと思ったのは、ToFカメラで撮影した時の動画撮影です。
動画撮影時に背景のボカシなどが非常にカンタンに撮影することができました。
通常カメラでの背景ボカシはさほど難しくなくデュアルカメラ以上を搭載している機種なら問題なく撮影できたかと思いますが、動画撮影時のボカシというのは撮影できる機種というのは、私の知る限りではありませんでした。
そのためGalaxy Note10+では動画のボカシを撮影することが可能となっているのです。

ToFカメラと言っていますが、実際にToFカメラ単体で撮影できるということではなく、他のカメラと組み合わせてセンサー的な意味合いでのカメラが搭載されていると思っておけばいいのではないかと思います。それでも奥行きを検知し動画での背景ボカシが撮影できるということだけでもかなりすごいカメラなのかなと思いますよね。
ToFを搭載している機種というのは、2020年以降から続々と登場する予定になっています。
スマホできれいに動画撮影や写真撮影をしたい人にとっては、間違いなくオススメできるかと思います。
動画撮影などをたくさん撮られる人にとっては、間違いなくToFはオススメですね。ぜひ検討してもらいたいと思います。

Galaxy S20+でも採用

Galaxy S20シリーズの発表が行われましたが、そちらでも採用されております。


こちらがGalaxy S20シリーズのスペックとなりますが、ToFカメラが搭載されています。
ToFカメラはGalaxyシリーズに搭載されたため、今後他社から発売されるモデルでも同じように採用されると思われます。
今後発売される予定のiPhoneも同様に、ToFカメラの搭載が予定されています。
Xperiaシリーズでも同様にToFカメラの搭載が噂されており、ToFカメラはどんどん、スマホへ浸透していくことは間違いないでしょう。
はじめはハイスペックモデルを中心に採用されると思いますが、どんどんミドルレンジモデルでの採用も行われるでしょうね。
まだToFカメラというのは、ハイスペックモデルにしか普及しないということは、ToFカメラの部材価格もそれなりにするということになります。
部材価格がそれなりにするので、どうしてもハイスペック機種にしか搭載されないのではないかと思います。
ToFの部材価格が安価になれば、ミドルレンジモデルでも採用されるようになるかと思います。
ミドルレンジモデルで採用されると、ToFカメラの部材価格は劇的に下がってくるかと思います。
Androidでも標準でToFに対応してくるかと思いますので、開発コストも下がるはずです。

ハイスペックモデルに搭載されるToFは標準に

ハイスペックモデルに搭載されるToFというのは標準になりつつあります。
2020年春モデルで販売されたモデルに関してもToFを搭載している機種というのは、いくつか販売されているのです。
このように今後ToFを搭載する機種というのは、間違いなく増えてくるでしょう。
ToFを搭載することにより、スマホの売れ行きが変わるのであれば、メーカーも当然ながら対応してくるのです。
まずはハイスペックモデルにToFが搭載されてきますが、その後ミドルレンジにも搭載されてくることは間違いありません。
ミドルレンジクラスに搭載されてくるとなると、ToFの需要はさらに高まると思います。
はじめはハイスペックモデルから始まる、徐々にミドルレンジへToFの活用用途が増えてくるということで、各社今後はToFなどというカメラ以外の性能に関しても追求してくるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました