ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室での撮影がかなりきれいに

最近ToFカメラというものを耳にする機会ってありませんでしょうか?

ToFカメラがスマホに搭載されるなんてニュースもかなり多くなってきたかと思います。ToFカメラと呼ばれるカメラは一体どのようなカメラなのでしょうか。普通のカメラと比較して、何が違うのでしょうか?

ToFカメラとは


引用元:panasonic

TOFカメラ(トフカメラ、Time-of-Flight Camera)は、光の飛行時間を利用して三次元情報を計測可能なカメラ。

ウィキペディアからの引用となりますが、3次元情報を測定可能なカメラとあります。3次元情報を測定するってどういうことか気になりますよね。またその測定した結果をどう画質に反映させることが出来るのか、ということも非常に気になる部分かと思います。

TおFカメラというものは光を発光しますが、その光が物体にあたった時の反射速度などを受信して距離を測定します。

その光の速さで距離を算出することが出来るカメラなのです。距離を算出することで、物体までの距離からより立体的な画質な写真を撮ることが出来るわけです。

ソニーはすでにToFカメラの量産を2019年から開始する計画があり、今後はAR技術や顔認証などを利用出来るようにと現在アップルなどのセンサー供給先に営業をかけている状況です。

このToFカメラというのは、今後増えることは間違いなく、スマホなら1台に1つ売れるということを考えると、かなりの需要があると思われます。

ソニーだけではなく、他社も同様のToFカメラを製造すると思われますので、今後はカメラだけではなくToFというカメラも見ていく必要があるでしょう。

日本でのシェアはパナソニック

日本でToFカメラのシェアというのは、パナソニックが3割り程度もっています。

しかしながらこのToFカメラは、スマホに流用するというわけではないかと思います。

ただし今後ToFカメラの需要がどんどん増えるとパナソニックが、スマホ用のToFカメラの分野に力を入れていくかもしれません。

先程も記載したようにARという分野において、このToFカメラは役割を発揮するのではないかと思いますが、ARを利用するシーンはスマホだけではなく、今後はビジネスの分野でもかなり出てくると思われます。

スマホならビジネスの分野で利用しようとしても比較的安価に購入出来る商材なので、今後のシェアはどんどんスマホに移っていく可能性も高いと思われます。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA