XPERIA 1 iPhoneXSMAX 比較 違い 大きさは スペック的に比べてどうか

XPERIA 1が発売され、かなり人気の高いモデルとなっておりますが、やはり比較対象はiPhoneでしょう。

今回XPERIA 1がかなり巨大化されたため、比較対象される機種はiPhoneXSMAXになるのではないかと思います。

この2つの機種ですが、どれくらい異なる機種になっているのでしょうか。

見た目を比較する

こちらが2つの機種の見た目となっています。見た目的には同じように見える人も多いのではないかと思います。

iPhoneはどちらかというと丸みを帯びた感じになっています。XPERIAはカクカクしたイメージですね。

個人的には見た目はどちらの機種もかっこいいのではないかと思います。特にXPERIA 1に関しては今回かなり見た目がかっこよくなっています。

スペック比較

まずはXPERIA 1からです。

モデル名 XPERIA 1
寸法 167 x 72 x 8.2 mm
重さ 180g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.5インチ 4K有機EL
画面占有率 未定
解像度 3840×1644 縦横比率21:9
ディスプレイ シネマワイドディスプレイ
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1200万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)(すべてのカメラで光学2倍ズーム)
WiFi 802.11ac
Bluetooth 不明
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、パープル、グレー
バッテリー容量 3300mAh
認証センサー 指紋認証(サイド部分)
その他 IP68防水防塵

 

カメラに関してXPERIA 1は3つ搭載しています。そしてその3つのカメラは1200万画素のカメラとなっています。

トリプルカメラを搭載している機種というのは、日本市場ではまだ非常に少なく、Galaxy S10や一部のSIMフリー機種で複数のカメラを搭載しているモデルを採用しているのです。

機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB、256GB、512GB 64GB、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Face ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

ベースはiPhoneXSと同じになっておりますので、そちらも合わせて掲載しておきます。

単純比較をすると

わかりやすい部分でいうならカメラと画面サイズです。

iPhoneXSMAX、XPERIA 1共に6.5インチとなっており、大画面であることがわかるかと思います。個人的にはiPhoneXSMAXのほうが縦長ではないため、持ちやすさでいうとiPhoneXSMAXのほうがいいかと思います。

本体の長さだけで考えると167mmという非常に長い長さがXPERIA 1です。iPhoneXSMAXは157.5mmとなっており、ここで1cmほどの差があるのです。スマホで1cmほどの差があるということは、ポケットへの収納という意味ではiPhoneXSMAXのほうがいいのかな?と思います。

続いてカメラですが、iPhoneXSMAXはデュアルカメラとなっています。XPERIA 1ではカメラに関して言えば3つのカメラを搭載しています。

iPhoneXSMAXのカメラは超広角カメラがありません。広角と望遠の2つのカメラですが、XPERIA 1では超広角のカメラが搭載されているということがかなりのメリットかと思います。超広角というのは、幅広に撮れるカメラとなっていますので、大人数で集まった時に端っこまで撮影することが可能となっています。

本当にこの2つのモデルは悩ましいところですね。個人的にはどちらのモデルでもいいかと思いますが、持ちやすさからいうとiPhoneXSMAXのほうが持ちやすいと思います。

本当にここ最近大画面モデルが非常に増えてきたという印象です。

3社から購入が可能

こちら3社から購入することが可能となっています。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か

2019年12月4日

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る

2019年9月9日

ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法

2019年10月24日

こちらそれぞれ3社で購入するメリットに関して掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA