スマホの解約違約金が下がれば 維持費が高くなる可能性が高い 本当にお得なのは誰?

 

スマホの解約違約金に関してニュースなどでは今後1000円に値下がりするということが報じられていることは知っている人も多いと思います。

スマホの解約違約金というのは、現在各社横並びで9500円という非常に高額な価格を設定しているわけです。

一度契約すると次の更新月までに解約することで9500円の収入が、ドコモやauなどに入ってくるわけです。

 

現在のMNPの手数料まとめ

MNP 番号そのままでお乗り換え時の転出手数料まとめ ドコモ au ソフトバンク
MNPというのは番号そのままで他社へ乗り換えるというサービスです。 MNPを行いたいと思っている人も多いと思いますが、MNPを行う場合には転出手数料というものが必須で必要となります。 今回大手3つのキャリアでMNPを行う場合の転...

こちらに転出手数料のまとめを掲載していますので、こちらを合わせてご確認ください。

解約違約金は各社揃って9500円と非常に高額だと思っている人も多いと思います。確かに9500円は高いです。

しかしながら更新月というのは、通常2年に数ヶ月設定されていることが多くなっており、毎月の固定収入として数千円入ってくることを考えると、2年間契約し続けることで、通常キャリアは安く見積もっても5万円ほどの収入にはなるのです。

そしてその5万円の収入が見込めるよりも前に解約することで、9500円の違約金を払うユーザーがいるということで、数ヶ月間しか加入していないユーザーでも9500円の収入としては見込めるわけです。

9500円の収入として見込めるのであれば、毎月の維持費を落としてでも解約違約金のことを考えるとキャリアとしては収益を見込めるわけです。

そしてこの解約違約金が9500円の価格が下がればどういうことが起きるでしょうか。

解約違約金が1000円になると

中途で解約する人から1000円しかもらうことが出来なくなります。

そうなると解約率などを検討する上で、毎月の月額に少しだけ料金を加算しないと、解約された時の金額が回収出来ないと考えるわけです。

やはりスマホを解約する人というのは一定数存在します。その一定数存在する人がいる以上、キャリアとしては、トータルでの収入を考える必要があるのです。トータルでの収入を検討する上で、解約違約金が下がるということは、それを毎月の維持費の中から反映させる必要があるのです。

毎月の維持費から反映させる必要があるということは、毎月の維持費を上げる必要があるわけです。

この記事を書いている時点では、毎月の維持費に違いはなく、1000円になっていませんので、まだどうなるかはっきりしたことは言えませんが、解約違約金が1000円になるということで、月額も下がるということは通常考えにくいわけです。

結局この1000円の違約金だけが先行していないか

この1000円の違約金というのは、総務省のアンケートによるものです。解約違約金で払っても妥当だと言える金額が1000円と答えた人が8割いたということによるものです。

この1000円という金額はあくまで総務省がアンケートをとった結果なのです。

確かに1000円という金額になれば、MNPいわゆる番号そのままでのお乗り換えは進むかもしれません。

しかしながら、解約違約金が下がれば、毎月の料金に反映される可能性が高いということは織り込んでいないのです。

アンケート結果を受けて、総務省が1000円というものをキャリアに依頼しているわけですが、実際にこの1000円という金額になると、月額料金にも手を加える必要があります。

総務省のやっていることは本当にこれで大丈夫なのでしょうか?

解約違約金は安いことに越したことはありませんが、毎月の維持費にまで手を加えるということに関しては、恐らく考えられていないのではないかと思います。

1000円の違約金になったからといって、今のキャリアを変更する人はどれくらいいるのでしょうか?

実態はほぼいないと考えることが妥当でしょう。1000円の解約違約金になったなら、MNP時のキャッシュバックなども減るかと思います。

それなら今のままでいいかな?と考える人も多くなるかと思います。

そういうことを考えると、今のキャリアに対してよほどの不満がある人以外は結果的にMNPをしないような気がします。

今後はスマホがさらに売れない時代に

今後はスマホがさらに売れない時代になると思われます。それはすでに市場が飽和しているからということもありますが、やはりスマホ本体の価格が高いということが原因の一つです。

最近では分離プランと呼ばれるような、スマホ本体と料金プランがセットにならないようなプランがメインです。

そのため端末の割引なども基本的には行われません。

端末の割引もないのであれば、当然ながら買い控えということにもなるわけです。

このような時代に、1000円という違約金を出してきたとしても、実際にMNPをする人は増えるのでしょうか。

それが本当に疑問です。今回1000円なる可能性が高いということは、楽天モバイルの参入ということにもなるかと思います。

楽天モバイルが第4のキャリアとして登場することにより、解約違約金を減らし、MNPを流動的にさせるという狙いがあることは理解出来ます。

確かに一部の人は楽天モバイルへのMNPを行う人もいるかと思いますが、楽天モバイルでは当初はiPhoneなどの人気機種の取扱は行うかどうかも未定です。

可能性があるのは、楽天モバイルで取り扱えるiPhoneというのは、iPhone7やiPhoneSEくらいになるかと予想出来ます。

その状態で、楽天モバイルへのMNPを行う人はいるのでしょうか。現在総務省はいろいろこのような問題を解決しようと動いているかと思いますが、なかなかうまく進みませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました