当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

次期 XPERIA 6つのカメラを搭載するモデルが登場 他社との差別化がすごい

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

次期XPERIAではカメラの数がさらに増えると予想されている記事が紹介されております。

XPERIAシリーズはXPERIA 1で初めて3つのカメラを搭載するモデルを発表しました。

今後そのカメラの数というのは飛躍的に増えていくものと思われます。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

6つのカメラを搭載するXPERIA

そのカメラの内容ですが、かなりいろいろなタイプのカメラが搭載される見込みです。

Rear:
20MP F2.4 16MM
48MP F1.2/2.4 26MM
16MP F2.4 52MM
8MP F2.4 135MM
12MP F1.2/2.4 26MM
0.5MP ToF

Front:
10MP
0.3MP

こちらがカメラの内容ですが、背面のカメラで6つ、全面カメラで2つとなっております。

また背面カメラではToFカメラが搭載される予定となっています。

ToFカメラ 30万画素 XPERIA XZ4で搭載されるトリプルカメラの情報
ToFカメラと呼ばれるものが次に発売されるXPERIA XZ4では搭載される可能性が非常に高いことがわかっております。 ToFカメラといっても実際には聞いたことがない人も多いと思います。 このカメラを搭載しているような機種という...

過去にもこのような記事がありました。まだ当時はXPERIA 1という名称になるかどうか不明な時でしたが、ToFカメラが搭載されるかもしれないという報道もあり、結構盛り上がっていました。

次に発売されるXPERIA 1の後継モデルは非常に楽しみですね。

XPERIA 1の発売がまだ2019年の夏モデルとして発売されているため、このカメラが搭載されるモデルは2020年になると思われます。
2019年冬モデルとしては登場しないと思われます。

カメラは各社飛躍的に個数が増えると予想

こちらHuawei P30 PROとなりますが、このようにカメラの数はどんどん増えているのです。こちらでクアッドカメラいわゆる4つのカメラを搭載しているモデルです。

現在各社カメラ性能にはかなりの力を入れていると思われます。直近ではiPhoneが3つのカメラを搭載するモデルを発表する予定にもなっておりますし、GALAXYシリーズの中でもAシリーズはすでに4つのカメラを搭載するモデルを発売しております。

このようにカメラの数というのは、どんどん増えているのです。カメラの数を増やすことで、1つの写真がよりよくなっていくわけです。写真の綺麗さをどんどん追求していった結果複数のカメラを搭載するモデルが発売されるようになりました。

複数のカメラがあることによるメリットというものはどのようなものがあるのでしょうか。

複数のカメラがあることのメリット

複数のレンズを搭載することにより、望遠や広角などのシーンによってカメラを切り替えることが出来るということがメリットです。AQUOS R3のように動画専用と静止画専用という感じで分けることも可能です。

奥行きを検知したり、明るさを取り込むようにすることで、暗い場所での撮影が有利になったりと、1つのカメラでやっていたことを複数のカメラが分担するようになりました。

カメラ機能が分担されるということで、かなりきれいな写真を撮影することが出来るようになります。

今後はこのように複数のカメラを持つスマホを所持していることが当たり前になりつつあります。

1つのカメラしか持っていない機種もいろいろ発売されておりますが、やはり複数のカメラを持っている機種と比較すると廉価版という観点からも否めません。

メーカーも常に新しい技術を取り込んでいくため、どうしても複数のカメラという見た目上わかりやすい形状になっていくのでしょう。

カメラ1つあたりのモジュール単価というのは、それほど高くはないため、複数搭載しても原価率アップはそこまでにはならないと思われます。

それでも1つの場合と6つの場合なら原価は単純に6倍です。それ以外にも開発コストもかかるかと思いますので、それなりに価格に反映されると思われ、端末価格は10万円以上は必至でしょうね。

価格が高いと最近はスマホが売れないという風潮もあるかと思いますが、それでも新しい技術を取り込むことで、新しいユーザーの発掘など非常に楽しみなことも増えるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました