iPhoneXR 64GB 売れ筋モデルに ランキングでは上位に 2020年ではトップになるか

 

iPhoneXRの人気がこれから加速していくものと思われます。

その理由ですが、iPhone8がランキングトップを走り続けていたことを知っていましたか?

2018年から2019年にかけてiPhone8の人気が止まるところを知りませんでした。それくらいiPhone8の人気が継続していたのです。

iPhone8が販売が開始されたのは2017年です。そのモデルが2018年、2019年上位にいるということは、本当にすごいことだと思いませんか?なぜiPhone8の人気がそれほど続いたのでしょうか。

それを紐解くことで、iPhoneXRは今後2020年以降走り続ける可能性が非常に高いです。

 

iPhone8の人気は各社から販売

iPhone8というのは、日本でいえば各社から販売されていたことが人気の秘密かと思います。

ドコモ、au、ソフトバンクの3社から販売されています。

[colwrap]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[/colwrap]

まずはこの3社から発売されているという点では非常に有利です。

そのためiPhoneはかなり販売台数を伸ばしていると言ってもいいと思います。

iPhoneは友人が持っているからという理由

すでに社会人となっている大人に関しては、そこまで問題ないかもしれませんが、iPhoneは友人が持っているからという理由ではじめに購入する機種をiPhoneにしてしまう人が非常に多いということです。

初めてスマホを持つ年齢というのは、恐らく13歳〜15歳くらいではないかと思います。

中学校へ入学したタイミングか高校に入学するタイミングなどではないかと思います。

早い子供なら小学校の高学年にはスマホを持っている人もいるほどです。

友人もiPhoneからiPhoneにしておこうと感じる人はかなり多いわけです。そういうことを考えると日本人は出る杭は打たれるということわざがあるように、出ないようにiPhoneを持っておくことが自然な流れなのです。

実際に女子高校生の大半はiPhoneで、男子高校生も一部Androidを所持している人もいますが、やはり大半はiPhoneなのです。

iPhoneを所持している高校生は80%を超えているという結果にもなっているようですね。

80%がiPhoneというのは、正直なところ異常な状態です・・・それくらいiPhoneの人気が浸透しているわけです。

それでも子供は友人がiPhoneならiPhoneがいいという人が大半なのでしょうね。

iPhone8は低価格化

iPhone8というのは、他のiPhone8Plusと比較しても安価に購入することが出来ます。

やはり今の親の懐事情などを勘案するとどうしても、iPhone8は安価なので、iPhoneにするならiPhone8もしくはiPhone7くらいにしてもらいたいという親の都合もあるわけです。

iPhone8は低価格であるがゆえに売れているということは、間違いないかと思います。

iPhoneには様々なラインナップがあり、Androidのように半年経過すると在庫処分というようなものはありません。

にもかかわらず、1年以上前に販売が開始された機種であったとしても、販売し続けているのです。

そのため価格は低価格となり、リーズナブルに購入することが出来るのです。

それは家計を見ている親にとっては非常に助かる話です。そういうこともあり、低価格で販売されているiPhone8は売れているわけですね。

今後はiPhoneXRが低価格を担う

2019年9月にはまた新型のiPhoneが発売されると思われます。新型のiPhoneの販売が行われるとiPhoneXRはiPhone8と同じ経路をたどる可能性が非常に高いと思われます。

iPhoneXRというのは、2018年に発売されたiPhoneの中では一番の低価格なモデルとなっています。

その低価格なモデルのiPhoneですが、今後はそれをiPhoneXRが担うと思われます。

日本ではiPhoneの所持率が半数と言われておりますが、その中でもiPhoneXやiPhoneXS、iPhoneXSMAXなどのハイスペック機種というのは、さほど売れているわけではありません。

iPhoneXSが若干トップテン入しているものの、売れ筋の上位はiPhone8なのです。その次がiPhoneXRなのです。

そのようにiPhoneXRというのは、今後間違いなく上位に食い込んでくる機種かと思います。

iPhoneXRは2020年での販売台数で言えば、恐らく1位のトップを走り続ける機種になるかと思いますね。

それくらい人気が出るでしょう。

やはりそれは、次のモデルが発売になり、定価自体が下がることが予想されます。次のモデルが販売されると、旧モデルの価格が下落し、購入しやすくなります。

購入しやすくなるということは、それだけ売れる要素があるということです。

2020年ランキング上位はiPhoneが占めるか

2020年の上位に関してもランキングの上位はiPhoneが占めると思われます。

日本でも年々iPhone比率というものが上がってきているように感じます。一度iPhoneを所持すると次もiPhoneに機種変更をすることが非常に楽だからです。

iPhoneは機種変更を行う時にかなり楽に、機種変更出来る環境をすでに提供しており、すべてのデータなどが簡単に移行出来るのです。

そういうこともあり、一度iPhoneを所持すると次からもiPhoneを所持するようになるのです。

高校生の大半がiPhoneであるなら、今後その比率というものが、年々増えていくでしょう。

今高校生の人たちが大学生になり、社会人になっても同様にiPhoneを持ち続けるわけです。そういうこともあり、年々iPhone比率は上がっていくものと思われます。

本当にiPhoneの人気というのはすごいですね。その中でもハイスペックモデルのiPhoneではなく、低価格のiPhoneが継続して売れていくというのは、今の日本の社会では仕方ないことかもしれません。

iPhoneXRのMNP一括0円は期待

MNP一括0円で購入したいと考えている人は期待ですね。新型のiPhoneが販売されるとMNP一括0円で販売される可能性はゼロではありません。

基本的にこの機種の価格は結構高いわけですが、一括0円で販売されるとやはりかなり売れ始めるわけです。

結果的に安価なスマホが売れるというのはそのためです。

定価でスマホを購入することはなかなか勇気のいることではないかと思います。

それが一括0円という価格で販売されるとかなり購入しやすくなるのです。今後MNP一括0円で販売されるようになると相当販売台数を伸ばすことになるかと思いますね。

とはいうものの、これからの時代は一括0円で販売される可能性もそれほど多くはなく、本当に安価なスマホだけが一括0円で販売されるようになるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました