ドコモ 実質価格がなくなり 分離プラン導入 ギガホとギガライトはオススメプランとなるのか

ドコモは実質価格というものがなくなったということは知っている人も多いと思います。

そしてギガホとギガライトと呼ばれる大きな2つのプランを登場しました。

2019年6月1日からこの2つのプランになったわけですが、実際にかなりの人がこのプランがどのようなプランなのか、また自分はこのプランにあっているのか?など調査するために問い合わせを行った人も多いかと思います。

今回のプランで実質価格がなくなったということにより、スマホ購入時にはどうなるのか?ということをお伝えしたいと思います。

実質価格がなくなりスマホの価格が上昇

実質価格というものがなくなり、いわゆるリアル価格になります。

単純に108000円の機種の支払いの場合実質価格という表記がなくなるため、リアル価格108000円の支払いということになります。

今までであれば、実質価格は60000円などと表示され、実際には通信費からの割引が入り、それが月々サポートというかたちで2年間は実質的な割引が行われておりました。

そういうこともあり、実質価格という言葉が生まれたのです。

本体代金が月々サポートという割引制度により、安価に見えていたのです。今後は実質価格というものがなくなり、リアル価格が表示されるわけです。

そのためスマホの価格が上昇ということを記載しておりますが、実質価格がなくなりスマホの価格が上昇して見えるというほうが正しいですかね。

今までもスマホを一括価格で購入することが出来ました。その場合は先程の108000円を一括で支払うことにより、毎月の月々サポートの恩恵を継続的に受けることが出来ていたのです。一括でスマホを購入する場合は、毎月の維持費を下げることが出来たわけです。

そういう意味では端末代金の支払いを結果的にする必要があり、意味合いとしては同じなのですが、この実質価格の意味がわからないという人が非常に多かったわけです。

実質価格表示がなくなり、端末代金を高く感じる それをなくすための施策

先程記載したように実質価格という表示がなくなり端末代金が高く感じる人が、増えてくると感じたドコモは新しいプログラムを出してきました。

それがスマホおかえしプログラムと呼ばれるものです。

スマホおかえしプログラム ドコモ 本体代金 割引施策を開始 実質的な下取りを開始

2019年5月31日

こちらの新しいプランを出してきました。

また36回払いにも対応しました。36回払いを行うことで、毎月の維持費を少しでも安価に見せることが可能となります。

108000円の機種の場合、2年で支払うと毎月の本体代金は4500円となりますが、3年にすると毎月の支払いは3000円となります。

毎月1500円安価な維持費になるのです。

そしてこのスマホおかえしプログラムの適用です。

2年間維持した状態で3年目に入るタイミングでスマホを手放せば、残債を払う必要がないというプランです。このプランを利用することで、3年目以降はスマホの支払いがなくなります。結果的に2年間でスマホの買い替えを促す施策となっております。

簡単にいうとスマホを返すことで、残りの残金を返す必要がないということは、下取りと同じような意味合いです。

ただし注意も必要となります。

こちらの記事を合わせてご確認いただければと思います。

dポイント支払いでスマホおかえしプログラムを利用する
dポイントを利用し、端末代金を安く買うときは、注意が必要となります。
一括での価格をdポイントを利用して安くし、それを分割する場合、25ヶ月目以降の分割料金も安くなります。
25ヶ月目以降にスマホおかえしプログラムを利用することで、安くなった分割料金でしか下取りをしてくれません。
差額の返却等はありません。そのためdポイントを利用する場合、スマホおかえしプログラムを利用することは勿体無いです。

このようにdポイントを利用して一括価格を安価にし安価になった価格から分割を行うということは、非常に勿体無いということです。

dポイントというのはスマホを安価に購入するために利用するものなのですが、スマホおかえしプログラムを利用することで、そうでもないことがわかります。

分割で支払うということは、それなりのメリットもあるわけですが、スマホおかえしプログラムを目当てにしても正直なところそこまでいいことはありません。

それは注意しておくほうがいいと思います。

ギガホ ギガライトはリアル価格で割引はなし

ギガホ及びギガライトというのはリアルの価格となっており、通信費による値引きなどは一切ありません。

こちらがギガライトとなっております。使ったGB数に合わせて料金が変化するというものになります。

使ったGB数に応じてというところがミソです。毎月の利用するGB数をわざわざカウントする人はそれほどいません。また1GBのGB数に応じての価格が結構高いです。

7GB利用すると5980円という結構高い金額を払うことになります。さらにはこれに対する割引もありません。

7GBで5980円って少し高いかなぁ〜という印象です。ただしこれには通話料金などの基本料金も含まれており、今までは音声通話というものを基本にどれだけ利用したかという算出方法でしたが、今回ギガライトになり、そういうことはなくなりました。

続いてギガホです。

こちらギガホを説明している表となりますが、ギガホは30GB利用することが可能となっています。

30GBを超えるGB数を利用すると1Mbpsに通信制限されるわけですが、1Mbps程度あれば、特に問題ないかと思います。YouTubeの標準の画質が普通に見れる程度になると言われております。

それくらいならさほど問題ないのではないかと思います。

こちらが毎月の維持費となっています。6980円が毎月の維持費ですが、はじめはギガホ割などのサービスを利用することで、安価に維持することが可能となります。

どちらにしてもマックス6980円の支払いは必要となるわけです。

これにオプションなどをつけると当然ですが、この金額では収まらなくなります。さらに高い支払いになるのです。

30GBも必要ないという人も多いと思いますが、実際のところ30GBの契約にして使い倒すほうがいいのではないかと思います。

リアル端末代金がこれにギガホ、ギガライトにのっかる

先程ギガホがオススメといいましたが、6980円の支払いが毎月の単純な維持費です。これにリアルの端末代金がかかるのです。

36回払いにしたところで、108000円の機種の購入なら毎月の支払いは3000円です。

6980円+3000円ということで、9980円となり税金を入れると毎月の支払いは1万円を超えてきます。

30GBも利用しなければいいと思うかもしれませんが、普通に利用するとどうしても7GBで収めるというのは厳しいかと思います。

それならいっそのこと30GBまで利用出来る契約にするほうがいいかと思います。

そこでギガホとなるわけですが、毎月1万円を超える料金の支払いというのは、本当に高く感じます。

36回払いでこれです。108000円の機種で24回払いにすると

6980円+4500円となり、税金を入れると12000円を超えてきます。正直なところ相当高い維持費となります。

分離プランを導入したからといってもそこまで安価なのかな?とも思いますね・・・それでも端末代金の支払いが終了すると一気に価格が下がりますので、そういう意味では安価なのかもしれません。

長期利用者にはお得

今回の分離プランというのは長期利用者にとってはお得な契約です。

短期間で機種を変更していくのであれば、割と高額な価格設定となりますが、長期利用者ならギガホもしくはギガライトの2つだけのプランが通常の支払いとなります。

そのため通常の支払いから考えると、結構安価な維持費なのかもしれません。

逆にいうと端末代金がかなり高額になっているということで、端末の購入を伴わないケースというものも十分ありえるかと思います。

長期利用者というのは、正直なところプランの見直しなどもあまりしない人が多いはずです。

そういうこともあり、実際のところドコモはそこまで損をしないような契約になっていることは間違いありません。

分離プランは総務省主導のもと実施されておりますが、利用者としてそこまでいいとは思えませんね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA