2021年 スマホの割引 キャッシュバックやMNP時にお得に契約出来るようになるの?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

総務省が新たな縛りをいろいろ入れてきているようですが、2019年の秋ごろにはスマホの割引額に上限が設けられるようですね。

割引に上限を設けるというのは、どういうことなのでしょうか?今までかなり安価に購入することが出来ていた人も残念ながら今後は購入することが出来なくなるかもしれません。

 

分離プラン登場で本体代金は高額に

ドコモ、au、ソフトバンクの3社は分離プランと呼ばれる、スマホ本体代金と通信費を分ける分離プランというものを採用しています。

今までは実質価格と呼ばれる、スマホの本体代金と通信費が一体化された料金となっております。

スマホの本体代金と通信費が一体化されるということは、トータルな支払いとなり、本体代金実質○○円といったところで、通信費とセットなので、本体代金の価格が見えにくいということが原因の一つでした。

それが今後はこのようなことがなくなり、本体代金が実質ではなくリアル本体代金となります。そして通信費も分離されるということもあり、本体代金とは別に通信費が提示されるわけです。

今までも通信費が提示されていたわけですが、本体代金の実質価格の分があり、通信費からの値引きが購入するスマホによって価格が異なり、非常に分かりづらいという意見が多くありました。そのためいろいろ改良を進めた結果分離プランというものが登場したわけです。

分離プランにすることにより、本体代金は高くなりますが、分離プランの恩恵というのは分離させることで、通信費の見える化も同時に行われるということもあり、通信費が今までよりも安価なものになっているのです。

✔分離プランでスマホの本体代金がかなり高額になった
✔分離プランは本当にメリットがあるのか悩ましいところ

分離プランというのは、通信費による割引はありません。

通信費による割引がないので、本体代金が高く感じる人が多くなってきたことがあるかと思います。

実際に本体代金の割引が非常に少ないということもあり、スマホを割引購入することが非常に少なくなってきました。

MNPがお得 iPhone13の最新情報も



MNPがかなりお得であることを知っていますか?

MNPというのは、電話番号そのままで、他社に乗り換えるということです。

【2021年 10月 11月】 MNP 一括 0円 キャッシュバック 22000円以上安くなる? キャンペーン 人気 機種 安く買えるスマホは?
2021年9月のMNPのキャンペーンで最もお得なものを紹介したいと思います。 2021年9月に入ってもお得な情報が色々あります。 MNPいわゆる番号そのまま乗り換えでお得に契約できれば、本当にいいと思います。スマホの購入はMNP...
こちらに案件が掲載されておりますので、こちらを一度見てもらえればと思います。

また2021年はiPhone13の発売が控えております。

iPhone13 /13mini /13Pro /13ProMAX 予約 在庫 2021年 スペック 発売日などはどうなるの?
iPhone13の発表が行われました。 iPhone13は買いなのでしょうか? iPhoneの購入はオンラインショップで行う iPhoneの予約はオンラインショップで行うことが可能です。 ✔予約購入は必須 ...
iPhone13がほしいという人もかなり多いはずです。

iPhoneの購入を検討している人ならオンラインショップで予約受付を行う予定となっています。

【ソフトバンク公式サイト】
【オンライン限定】web割 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
オンラインでご購入なら、ソフトバンクの対象機種に他社からのりかえで最大21,600円(税込)割引いたします。
21600円割引でiPhoneが買える



こちらは、ドコモオンラインショップとなります。ドコモオンラインショップは事務手数料無料で24時間営業を行っています。

iPhoneも予約をすると、発売日に自宅まで届けてくれますので、ドコモオンラインショップを利用する人は非常に多いことが特徴的です。

端末本体代金割引2万円は妥当なのか?

端末本体代金の割引を2万円にするということは、本当に妥当なのでしょうか?この2万円というのは、総務省が根拠ある数字ではなく、ある会議で出た割引金額に関する発言から適当に2万円と付けられたにしか過ぎないということです。

総務省が開催している有識者会議でドコモが割引額が3万円という発言が発端としているかと思います。

端末の割引額が2万円までとその発言があったあとに2万円までと総務省が発表していることを考えるとそれらを踏まえた上での2万円ということになります。

割引額を決めるのは本来は民間ではないの?と思いますが・・・総務省はこんなところにまで口を出すんですね。

正直なところかなり驚きです。

割引額というのは、キャリアが端末の調達及びスマホの契約に応じて、1人あたりの平均的な支払額を算出し、それに応じてこれくらいの割引額なら売れるということを試算した上で割引措置を行うのです。

期間限定セールや在庫があるからセールを行いたいということも、上限2万円ときめられてしまうと、ユーザーからは不満タラタラになることはわからないのでしょうかね?

本当にそれがユーザーにとっていい選択肢なのか?ということをもう少し認識してもらいたいですね。

ユーザーは安くていいものを求めているのです。割引額の上限などがあるようなものを買いたくはないかと思います。

そういうところをもう少し考えてもらえれば、総務省も変わるのではないかと思います。

✔割引の最大は税込22,000円が上限
✔割引の上限が民間にあっていいのか?

本当にこれに尽きると思います。民間に割引の上限を設けるということをしているのです。





2021年モデルのiPhoneを買うならソフトバンクがおすすめ


最新のiPhoneを買うならソフトバンクをおすすめします。

その中でもソフトバンクオンラインショップから買うと、自宅受け取りで、事務手数料が無料になるというキャンペーンを実施しています。

ソフトバンクオンラインショップは自宅受け取りで事務手数料が無料
ソフトバンクオンラインショップは送料無料で自宅に届く
ソフトバンクオンラインショップは発売日に自宅に届く(発売日に発送されない)
ソフトバンクオンラインショップなら予約も簡単

2021年に発売されるiPhoneの予約開始日は9月17日の予定です。9月14日(日本時間は9月15日午前2時〜)となり、そろそろ準備しておきたいところです。

最新機能が盛りだくさんのため、購入する人も相当多いはずです。ソフトバンクオンラインショップから予約をしてぜひGETしてみてください。
トクするサポート+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
最新スマートフォンの機種代金が、超おトクになるプログラムです。

こちらのトクするサポート+を利用すれば半額で利用可能です。





キャリアは総務省の言いなりユーザーは美味しくない

キャリアは総務省の言いなりとなり、ユーザーとしては正直なところ旨味のない契約をいろいろする必要があります。

ユーザーとしては、少しでも安価にいいものを、またいいサービスの提供を受けたいと感じているのです。

それは、総務省の言いなりになることではありません。ユーザーもそうですが、もう少し勉強をする必要があるかと思います。

いい例が保険なども挙げられると思います。保険などの料金なども非常にわかりにくいですよね。割引などもほぼありませんし・・・ということで、基本的には保険と携帯というのは似ていると思います。

保険もほぼどの世帯でも加入しています。スマホもほとんどの家庭に普及しており、普及率という意味では保険も携帯もそれほど変わらないかと思います。

これだけ日本人に浸透しているのにわからないと思う人が多いわけです。それは数字のマジックがいろいろあるからです。

正直なところ保険の仕組みや携帯電話の仕組みなどは学校で習うものではありません。学校で習わないからほしい人は自分なりに勉強をして知識を仕入れた上で購入などを行うのです。それでいいと思います。

それを国がキャリアに対してわかりにくいからわかりやすいようにしろ!などということは本当にどうかと思います。

今までもキャリアはわかりやすくしているように努力を進めていたわけですが、国の施策が後手に回るため、どうしてもキャリアが振り回されているわけです。そして本来なら今までで通りで、せっかく今のプランを理解したと思っても、それがまた数年で新しいプランが出てくるということになり、正直なところわかりにくいとしか言いようがありません。

結局ユーザーもスマホを購入しようかと悩んでいるときにいろいろ調査をするわけです。それが数年で新しいプランが出てきたら、過去に仕入れた情報が完全に陳腐化されるわけです。

今のままが絶対いいとはいいませんが、仕入れた情報が使えなくなるというスマホの料金プランもどうかと思いますね。

今後キャリアの分離プランというものは、数年使い続けるかと思いますが、いろいろな問題も多くあり、ユーザーにとって本当にいいと思われるプランを総務省は指導してもらいたいですね。

ドコモの料金 iPad データプラスが安く維持できる タブレットはお得になる
ドコモが新料金プランを発表したことは知っている人も多いと思います。 ギガホ及びギガライトという2つの大きなプランが発表されました。 ギガホとギガライトという2つのプランというのは、スマホの料金のみとなっています。 ...

こちらの記事も合わせてご確認いただければと思います。





オンラインショップを利用する人が増えた

最近はオンラインショップを利用する人が非常に増えてきました。

その理由としてはなんといっても事務手数料が無料のところがあるからです。

✔オンラインショップならiPhoneも発売日に自宅に届く ✔オンラインショップは24時間営業でいつでも買える
スマホの発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届くのです。

それならオンラインショップを利用してみようと思う人も多いのではないかと思います。

【ドコモとソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルで購入する
ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...
2021 au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...
こちらがオンラインショップのメリットとなります。一度メリットをご確認いただければと思います。

ソフトバンク お得に契約して MNP 乗り換えをする キャッシュバックをもらう方法

ソフトバンクの携帯というのはiPhoneを中心にかなり売上を伸ばしていることは知っている人も多いと思います。

ソフトバンクに乗り換えいわゆる番号をそのままで会社を乗り換えるということをしようと思っている人もいるでしょう。

昔に比べて総務省の影響によりキャッシュバックなどのお得感は減りましたがそれでもキャッシュバックをもらうことは可能です。

✔元々安価なスマホを選択するとキャッシュバックを受けやすくなる
✔キャッシュバックをもらうためには、MNPがほぼ必須に

MNPをすることで、キャッシュバックをもらうことが可能となっています。

MNPというのは、番号そのままでスマホを乗り換えるということです。

番号そのままでスマホを乗り換えることができれば、かなり安価な価格で乗り換えることが可能です。

昨今MNP時の転出手数料なども下がっており、かなり購入しやすくなっているのではないかと思います。

キャッシュバックをもらう方法

おとくケータイ.netを利用する方法です。

このおとくケータイ.netでスマホをMNPするとかなりお得に購入することが可能です。

こちらです。こちらから購入するとかなりお得に購入することが可能になっているのです。

なぜここまでお得に携帯を購入することが可能なのでしょうか?少し疑問もあると思います。やはりネットショップと同様にこちらの店舗は基本的にはネット上で対応してくれます。店舗も持っていますが、ネットでの対応ということで、相手側も店舗運営費というものが抑えられているのです。

ということは、お互いウィンウィンの関係を築けるということになるわけです。ネットでも携帯を購入出来るという非常にありがたいシステムです。

ただし今の時点でパソコンかスマホなどの情報機器は持っておく必要はあります。基本的に同意するのにパソコンなどから入力を行う必要があるからです。

普通の人ならそういう機器は持っていると思いますので、特に問題なく契約することが可能になると思います。

スマホ乗り換え.comというものも同様に安価に契約することが出来ます。

結果的にMNPがお得に契約出来るということなのです。

MNPを効率よく行うためには、定期的に乗り換えを繰り返すということが非常にメリットがあります。

定期的に乗り換えをすることで、結果的にお得に契約することが出来るのです。

自宅で完結する 考える必要なし

ネットには色々な情報がありますが、自宅にいながら受取でキャッシュバックが振り込まれたらかなりお得だと思いませんか?

ネットで情報を色々検索して、検索した情報からその店舗に足を運ぶということを考えるとおそらく5時間くらい損をしていませんか?人によっては10時間以上損をしているのです。それなら他のことをしてあげるほうが時間の有効活用が可能かと思います。

そういうことをする必要がないネットでの購入というのは非常に簡単なのです。

ネットで購入出来る時代になり、時間を有効活用することがかなり出来るようになりました。

ここまで時間を有効活用出来るようになり、喜んでいる人も多いと思います。

もし店舗で仮に5000円やすかったとしても正直なところ時間換算するとネットで購入して他のことに費やすほうがトータルで考えるとお得なわけです。

ソフトバンクへのMNPを行いたい人は間違いなくこちらのショップを検討することをオススメしたいですね。

本当にお得に購入することが可能となっております。

今後スマホの価格は高くなる

今後スマホの価格が確実に高額になることは間違いないでしょうl.

それは本体代金の値引きというのは、2万円までという指標が出てきたからです。

一括価格などという言葉が一時期流行りましたが、今は残念ながら一括価格で購入出来る店舗というのは非常に少なくなりました。

今後同様にスマホの価格は間違いなく高額になるでしょう。

それはソフトバンクでもauでもドコモでも同様です。定価が高くなるということではなく、安く販売出来なくなるのです。

そういうこともあり、今後スマホの価格は高くなり、スマホは本当に売れなくなってしまうかもしれません。本当にそれでいいのでしょうか。

各社値引きの上限は2万円 2021年も スマホが安く買えないのはなんでだろう?

各社の値引きは現在2万円までとなっているようですが、本当にスマホは安く買えなくなりました。
スマホを安く買おうと思っていた人にとっては非常に残念な限りです。
昔はそれこそ一括0円で購入できていましたので、それを知っている人は本当にスマホの価格は値上がりしたと思う人も多いと思います。
確かにスマホの価格は値上がりしましたが、なぜそこまで値上がりしてしまったのでしょうか。

回線とスマホのセット販売が良くない


回線とスマホとのセット販売というものが良くないのです。
各社のショップというのは、スマホを買う場所じゃないの?と思っている人も多いと思います。確かにスマホを購入する場所ですが、各社いわゆるドコモ、auというのは、回線を提供する会社であり、スマホというのは、メーカーが提供するものなのです。
それをわかりにくい料金プランで、いかにメーカー提供のスマホを安く販売するのかということが、今までは契約させる常套手段でした。
しかしながらそれでは、回線だけの価格が隠れてわかりにくいということもあり、回線とスマホの本体代金を分けて販売しなさいということになっています。
ただし回線の価格を下げることという条件を政治家が出したわけですね。
それがいわゆる4割の料金削減です。実際にプランによっては4割ほど安価になったプランがありましたが、それに伴い本体代金の値引きがなくなったので、割高になってしまったんですね。
だからスマホの価格は高止まりしている状態になっているのです。

2年縛りから3年縛りに

今までは2年縛りと言われていましたが、今は3年縛りという言葉も出てきました。その縛りというのはスマホの本体代金が36回払いになってきているからです。スマホの本体は昔は2年で支払いを終えるということが普通でしたが、最近では3年間支払い続ける必要があります。
そのため2年縛りから3年縛りになってきているのです。
3年も縛られていると本当に嫌になりますけどね・・・
それでも昔は2年に1度スマホを購入することが一般的でしたが、今は3年間同じ機種を所持し続けるということが当たり前になってきました。
3年間も同じ機種を利用し続けるということは、嫌だと思う人も多いと思います。
確かにそこまで縛られることは嫌ですよね・・・
実際は36回払いにしていても、スマホ代金を一括で支払うことで、いつでも解約してもいいんですけどね。
けど一括で払うことが厳しいという人にとっては、この施策というのはあまり嬉しい施策ではないかもしれません。
少しでも毎月の維持費を抑えるためには、36回払いという選択肢は悪くないのかもしれませんが・・・

スマホの割引上限は2万円まで

先程の4割削減という政治家の話から色々議論を重ねた結果、スマホ本体代金の値引きも2万円までということが決まっています。
そのためそれ以上割引をしている店舗などがあれば、違法状態?になるわけです。基本的にスマホの価格というのは、2万円を割引の上限としているのです。
最近オンラインショップなどで各社が割引施策をしていますが、2万円以上の割引をしている店舗というのは、ほぼないかと思います。
この上限があるので、スマホの価格は高くなったと言わざるを得ません。
その理由というのは、最近の機種は高額な機種も非常に増えてきているのです。仮に10万円の機種で2万円の割引なら2割引です。逆にいえば、そこまで高額な機種でも2割引しかならないのです。
そう考えるとやっぱりスマホの価格が高いと思う人のほうが多いのではないかと思いますね・・・

2021年も継続

これは2021年も2万円までしか割引を行うことが出来なくなっています。

✔MNPでもお得感は少ない

それなら2万円以下のスマホを選択したらいいんじゃないの?と思う人も多いのではないかと思います。たしかに仰る通りです。

2021年 Rakuten Hand 実質 新規一括0円 4999円のキャッシュバックキャンペーン開始 相当オトクに買うことができる
これは本当にメリットのあるキャンペーンが開催されました。 楽天ハンドと呼ばれるスマホ知っていますか? この楽天ハンドと呼ばれる機種を購入するだけで、19,999ポイントプレゼントキャンペーンというものを実施しているのです。 相...

こちらはMNPというわけではありませんが、新規でも実質0円で購入することが可能となっています。これはかなりメリットのあるスマホであるかと思います。なかなかここまで安価なモデルというのは、ありませんからね。
楽天ハンドという機種は相当安価になっています。
もともとの販売価格もそこまで高くはありませんので、購入しやすいモデルです。また楽天モバイルでは事務手数料も無料となっていますので、楽天モバイルを契約するなら今野タイミングがかなりのメリットがあるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました