ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

スマホの割引額の上限は2万円まで キャッシュバックやMNP時にお得に契約出来るようになるの?

総務省が新たな縛りをいろいろ入れてきているようですが、2019年の秋ごろにはスマホの割引額に上限が設けられるようですね。

割引に上限を設けるというのは、どういうことなのでしょうか?今までかなり安価に購入することが出来ていた人も残念ながら今後は購入することが出来なくなるかもしれません。

分離プラン登場で本体代金は高額に

ドコモ、au、ソフトバンクの3社は分離プランと呼ばれる、スマホ本体代金と通信費を分ける分離プランというものを採用しています。

今までは実質価格と呼ばれる、スマホの本体代金と通信費が一体化された料金となっております。

スマホの本体代金と通信費が一体化されるということは、トータルな支払いとなり、本体代金実質○○円といったところで、通信費とセットなので、本体代金の価格が見えにくいということが原因の一つでした。

それが今後はこのようなことがなくなり、本体代金が実質ではなくリアル本体代金となります。そして通信費も分離されるということもあり、本体代金とは別に通信費が提示されるわけです。

今までも通信費が提示されていたわけですが、本体代金の実質価格の分があり、通信費からの値引きが購入するスマホによって価格が異なり、非常に分かりづらいという意見が多くありました。そのためいろいろ改良を進めた結果分離プランというものが登場したわけです。

分離プランにすることにより、本体代金は高くなりますが、分離プランの恩恵というのは分離させることで、通信費の見える化も同時に行われるということもあり、通信費が今までよりも安価なものになっているのです。

端末本体代金割引2万円は妥当なのか?

端末本体代金の割引を2万円にするということは、本当に妥当なのでしょうか?この2万円というのは、総務省が根拠ある数字ではなく、ある会議で出た割引金額に関する発言から適当に2万円と付けられたにしか過ぎないということです。

総務省が開催している有識者会議でドコモが割引額が3万円という発言が発端としているかと思います。

端末の割引額が2万円までとその発言があったあとに2万円までと総務省が発表していることを考えるとそれらを踏まえた上での2万円ということになります。

割引額を決めるのは本来は民間ではないの?と思いますが・・・総務省はこんなところにまで口を出すんですね。

正直なところかなり驚きです。

割引額というのは、キャリアが端末の調達及びスマホの契約に応じて、1人あたりの平均的な支払額を算出し、それに応じてこれくらいの割引額なら売れるということを試算した上で割引措置を行うのです。

期間限定セールや在庫があるからセールを行いたいということも、上限2万円ときめられてしまうと、ユーザーからは不満タラタラになることはわからないのでしょうかね?

本当にそれがユーザーにとっていい選択肢なのか?ということをもう少し認識してもらいたいですね。

ユーザーは安くていいものを求めているのです。割引額の上限などがあるようなものを買いたくはないかと思います。

そういうところをもう少し考えてもらえれば、総務省も変わるのではないかと思います。

キャリアは総務省の言いなりユーザーは美味しくない

キャリアは総務省の言いなりとなり、ユーザーとしては正直なところ旨味のない契約をいろいろする必要があります。

ユーザーとしては、少しでも安価にいいものを、またいいサービスの提供を受けたいと感じているのです。

それは、総務省の言いなりになることではありません。ユーザーもそうですが、もう少し勉強をする必要があるかと思います。

いい例が保険なども挙げられると思います。保険などの料金なども非常にわかりにくいですよね。割引などもほぼありませんし・・・ということで、基本的には保険と携帯というのは似ていると思います。

保険もほぼどの世帯でも加入しています。スマホもほとんどの家庭に普及しており、普及率という意味では保険も携帯もそれほど変わらないかと思います。

これだけ日本人に浸透しているのにわからないと思う人が多いわけです。それは数字のマジックがいろいろあるからです。

正直なところ保険の仕組みや携帯電話の仕組みなどは学校で習うものではありません。学校で習わないからほしい人は自分なりに勉強をして知識を仕入れた上で購入などを行うのです。それでいいと思います。

それを国がキャリアに対してわかりにくいからわかりやすいようにしろ!などということは本当にどうかと思います。

今までもキャリアはわかりやすくしているように努力を進めていたわけですが、国の施策が後手に回るため、どうしてもキャリアが振り回されているわけです。そして本来なら今までで通りで、せっかく今のプランを理解したと思っても、それがまた数年で新しいプランが出てくるということになり、正直なところわかりにくいとしか言いようがありません。

結局ユーザーもスマホを購入しようかと悩んでいるときにいろいろ調査をするわけです。それが数年で新しいプランが出てきたら、過去に仕入れた情報が完全に陳腐化されるわけです。

今のままが絶対いいとはいいませんが、仕入れた情報が使えなくなるというスマホの料金プランもどうかと思いますね。

今後キャリアの分離プランというものは、数年使い続けるかと思いますが、いろいろな問題も多くあり、ユーザーにとって本当にいいと思われるプランを総務省は指導してもらいたいですね。

ドコモの料金 iPad データプラスが安く維持できる タブレットはお得になる

2019年6月11日

こちらの記事も合わせてご確認いただければと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA