ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ドコモ au ソフトバンク MNP 解約時 違約金が1000円に 新料金プランが再度出るか

今後2019年の秋ごろに解約違約金が1000円になる可能性が出てきました。解約違約金というのは、2年縛りのある契約で解約月以外にMNPを行うことで、発生する違約金のことです。

この違約金ですが、ドコモ、au、ソフトバンクの3社は共通して9500円という解約違約金を設定しております。

この解約違約金ですが、非常に高いという声があり、どれくらいの違約金なら他社で移動することが出来ますか?という問いに対して、1000円くらいなら問題ないという声を反映したものになっているようです。

解約違約金は確かに高い

解約違約金というのは確かにかなり高額な違約金となっていると思っている人は多いと思います。

2年縛りの契約において、解約月以外での解約に対して9500円というのは、少し異常な状態といえるかもしれません。

契約において縛りがあるというのもいまいちですが、解約したら9500円の支払いを強いられるのです。他の契約を見渡してもそんな契約あんまりないですよね。

それは携帯電話という特殊性と、携帯電話は他社へ移動しても完全に解約する人は非常に少ないといったことからこのような、高額解約違約金になっているのです。

また他社へMNPいわゆる番号そのままお乗り換えをした場合、今利用している会社と一旦解約し、他社へ乗り換えるという動きになるわけですが、MNPをする前の会社で9500円を支払っても、それ以上の端末の値引きやMNPによるキャッシュバック等で補填してくれるケースが非常に多く、MNPに関して言えば違約金を払ってもMNPしたほうがお得だという人も大勢いるわけです。

それでも普通に考えると単純解約することだけを考えると1万円近くの解約違約金を払う必要があるのは、高いといえるかと思います。

2年間の縛りがあるから毎月の維持費が安く出来る

ドコモ、au、ソフトバンクの3社は2年縛りという、2年間はきっちり契約し続けてくれるという契約の元に、今の価格を提供しているわけです。

それが2年間きっちり契約してもらえないとなればどうでしょうか?

毎月の維持費を上げざるを得ないのです。普通に考えるとやめられると9500円が入ってくるのですが、それが1000円しか入ってこなくなると今の料金を少しでもアップしようと思うことが普通です。

MNPに対する前向きなイメージというより、9500円払う必要があるという後ろ向きなイメージでMNPをしない人も多くなるわけです。そのため毎月の通信費を定期的に払ってくれるという、今の料金プランが成り立つわけですね。

毎月の支払いは、今でも高いと感じている人は非常に多いと思いますが、実際に毎月の通信費がこれよりも高くなるというのは正直なところやめてもらいたいと思っている人のほうが多いと思います。

MNPが1000円で出来るといっても、そもそもMNPをしない人も大勢いるかと思います。MNPをしない人というのはメールアドレスを変更したくないという人や、今の電波状況に満足している人、近所にショップがある人などいろいろな要因があるかと思いますが、すべての人がMNPをするわけではないのです。

携帯電話などなんでもいいと思う人もMNPに関しては興味ないでしょうね。

なぜ1000円でMNPが出来るようになる施策が生まれたのか

この1000円という金額は、誰がどのように決めたのでしょうか?

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアが決めて金額なのでしょうか?

実はそんなことはありません。この金額を決めたのは総務省です。先程も記載した通り、1000円という違約金ならMNPをしてもそこまで負担にならないという金額が1000円ということを出してきたのです。

なぜ総務省は民間のやることにここまで手を出してくるのでしょうか?具体的な金額まで提示してです。

通常国がこのように民間に指導するということはあまりないのです。それだけ携帯電話の料金は特殊性があるのかもしれません。

携帯電話料金4割削減ということもニュースになり、実際に4割削減されたプランというものも出てきました。

ある意味国が料金プランを操作しているといっても過言ではありません。

確かにドコモ、au、ソフトバンクは「兆」を売り上げる会社となっており、莫大な売上があります。

そこで働く人の給与も他の業界と比較しても高いわけで、営業利益もかなりのものです。いわゆる儲かっている企業なのです。

また大手3社がほぼ独占しており、この3社が料金プランなどを牛耳っているといっても過言ではありません。

ある意味消費者はこの3択の中から選択するしか方法はないのです。

昔孫正義がソフトバンクの社長を行っていたときは、いろいろおもしろいプランをどんどん出してきました。

それが今は社長が変わったことにより、正直なところ面白いプランというものが出てきません。昔のソフトバンクの勢いというのはどこにいったの?と言わんばかりです。

もう孫正義も携帯電話には飽きたのでしょうね。それくらい今の携帯業界というのは、お上の言いなりになってきているのです。

国が言うことに対して反発するキャリアもいません。それは担当省庁なので、当たり前でしょうね。いわゆる国に忖度したプランなどがいろいろ出ているわけで、本当にユーザーにとっていいプランが出てくるというのはあまりないような気がします。

2019年の秋頃には楽天が参入

2019年の秋頃にはキャリアとして、楽天が参入することを知っていますか?

楽天モバイルというブランドが、楽天というキャリアになるわけです。ドコモ、au、ソフトバンクと肩を並べるわけです。

今楽天はそのためアンテナを立てることに必死になっているわけですが、サービス開始当初はauのアンテナと共有になるのではないでしょうか。

auと共同で運営するということは、auのエリアで利用できる楽天モバイルということになります。

このように楽天が新しいキャリアとして出てくるということは、楽天へのMNPを促したいという思いもあるのではないかと思います。

楽天は加入当初は現在契約している人は単純移行することは出来るかと思いますが、それ以外に新規で契約を獲得しようとするとかなり厳しいでしょう。

そうすることで、楽天へのMNPを促すような施策となっていることは間違いありません。

楽天というのは、今後料金の面で新しいブランドになってくれることを期待したいと思います。

それくらい楽天に対する期待値というのは高いのです。楽天の期待値というのは、携帯を利用する人にとっては当然ということなのではないかと思います。

やはり家計における携帯電話料金の支払いというのは、楽に感じる人は少ないと思います。それなりに高額な毎月の料金を減らしたいと思う人はかなり多いでしょう。そういうことを考えると楽天が携帯電話業界に参入するというのは、かなり期待している人も多いでしょうね。

そのときに解約違約金が1000円なら楽天に移動しやすくなるわけです。そういうことも考えての1000円ということになるのでしょうかね。

9500円の解約違約金以上のMNPキャッシュバックを見込める今のほうがお得

先程も触れましたが、今の時代でも9500円の解約違約金を払っても、キャッシュバックをもらうことが出来るということは知っている人も多いです。

MNPでキャッシュバックをもらうことが出来るというのは、その制度を利用して9500円以上の違約金を払ってもMNPするわけです。

MNPすることはそんなに悪いことですか?と言わんばかりです。

MNPをすることは悪いことではありません。むしろMNPをするということは、それだけ経済を動かしているわけですから、個人的にはかなりいいことをしていると思います。

どういうことかというとMNPをするということは、通常端末購入を伴うものです。そういうこともあり、端末も売れるし、お金がいっぱい動くということで、経済効果というのはかなりのものかと思います。

それで結果的に代理店の売上にもなるわけです。

これといって悪いことがあるわけではないのです。そういうこともあり、正直なところMNPは高額違約金を払っても美味しくMNPをするという人が大勢います。

本当にこのままでよいのでしょうか。そのほうが気になりますね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA