ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

XPERIA F エクスペリアF スペック 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンク

XPERIAF

XPERIA Fと呼ばれる機種が発売される可能性があることがわかりました。

XPERIAF

XPERIA Fとはどのような機種になるのでしょうか。

発売されるのは、日本ではどのキャリアでしょう?

XPERIA Fの発表後予約はオンラインで

XPERIA Fが発表されると予約を行う人も大勢いるかと思います。予約はオンラインショップがおすすめです。

XPERIA 1の傾向からするとドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売される可能性も十分にありえるかと思います。

こちらドコモオンラインショップとなっております。ドコモオンラインショップでの予約は毎度のことですが、予約特典を行っております。

予約特典の恩恵を受けるのであれば、ドコモオンラインショップからの契約をおすすめしたいですね。

またドコモオンラインショップでは事務手数料が無料となっており、かなりおすすめ出来るかと思います。

機種変更、MNP、新規契約すべての契約で無料となっておりますので、かなりメリットがあるかと思います。

こちらau Online Shopですが、こちらも事前に予約を行うことで、自宅まで届けてくれます。

このようなサービスというのは、かなりいいサービスだと思います。

こちらは、ソフトバンクオンラインショップです。こちらも発売日に自宅まで送付してくれるというメリットがあります。

各社のオンラインショップで購入する人が増えてくるということは、店舗で購入するよりもメリットがあることが多いからです。

今後もますますオンラインショップでの販売比率があがってくると思われます。

それではXPERIA Fに関して紹介したいと思います。

XPERIA Fとはどんな機種?

XPERIA Fというのは折りたたみのスマホになるようですね。折りたたみのスマホというのはすでに世界的には、HuaweiやSamsungが製造をしております。

Huaweiは日本での販売は今後厳しくなると予想され、日本で折りたたみのスマホの販売を行うことはないかと思います。

またSamsungですが、Foldと呼ばれる機種が販売されておりますが、不具合が多く実質的に販売停止となっているモデルです。

折り畳めるスマホ Galaxy Fold スペック 7.3インチ トリプルカメラ搭載

2019年8月22日

こちらに詳しい情報を掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

このようにすでに世界では折りたたみのスマホを販売しておりますが、日本でお目見えすることはありません。

XPERIA Fなら日本での販売も十分に考えることが出来るかと思います。

また発売は2020年になると予想されています。2020年というなら5Gが出てくるタイミングということになります。

ということで、スペック的にはある程度予想も出来るかと思います。当然ながら折りたたみスマホというのは、まだ前例が少なく、技術力をアピールする上で非常にメリットのある機種となることは間違いないでしょう。

そういうこともあり、スペック的には最高のスペックを提供してくれるのではないかと思います。

2020年の発売ということなら、CPUにはSnapDragon865と呼ばれるCPUを搭載すると思われます。SnapDragon865は標準で5Gモジュールを搭載するモデルとなっているため、高速通信も可能です。

5Gが今後日本でも普及していくことを考えるとそれに伴う機種というものが必然的に必要となります。

RAMですが、現行のXPERIA 1が6GBということを考えると最低でも8GB以上のRAMが搭載されると予想されます。

5Gにも対応しているということから10GB程度のRAMの容量になっている可能性も十分に考えられます。

また折りたたみを採用しているということで、大画面になることが予想されます。そうすることで、2つの画面いわゆる2画面スタイルになることも想定できます。

2画面スタイルになると、それだけ並行に動作させるアプリが増えますので、RAMの容量も多いほうがスムーズに処理することが出来るんのです。そういうことを考えるとやはりRAMは大容量になると思います。また5Gになれば、通信を一気に終わらせることが出来るため、内蔵ストレージに書き込むよりも早い速度で一旦スマホに情報を蓄えるということも必要になるかと思います。その一時容量として、RAMが利用されるということになります。

RAMの容量は大容量になることはほぼ間違いないかと思います。

続いて内蔵ストレージですが、こちらはXPERIA 1の時点で128GBを搭載しております。日本国内モデルでは64GBの内蔵ストレージでしたが、グローバルモデルでは、128GBとなっています。

内蔵ストレージに関してはそれくらいあれば正直なところ十分かと思いますので、恐らくその程度のストレージ容量となると思われます。

そして気になるのはカメラではないかと思います。

XPERIA 1ではカメラが3つ搭載されるトリプルカメラとなっております。

トリプルカメラに関しては、今後ハイエンドモデルでは継承されていくものと思われます。

トリプルカメラは前評判もよく、実際に触ってみましたが、確かに動作速度なども非常にいいと思いました。

こちら現行のXPERIA 1を実際に触っている動画となりますが、こちらでも写真撮影を行っています。写真撮影は手ブレも起きにくく、XPERIAシリーズでは初めてOISを採用しております。

そういうこともあり、折りたたみスマホでもそのあたりは採用されるのではないかと思います。

カメラ性能というのは、本当にオススメしたいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

XPERIA Fは売れる機種になるのか

折りたたみという少し変わったスマホですが、日本では売れる機種になるのでしょうか。

日本ではガラケーが折りたたみを採用するなどいわゆる折りたたみ文化というものはあるかと思います。

また折りたたみを行うことで、画面の保護の役割も果たすということになり、ケースなどは非常に少なくなるでしょうね。

ケースを付けた状態では折りたたむことも難しいと思いますので、実際にはケースはほぼ出てこないでしょう。保護フィルムなどに関しても折りたたむことで、フィルムを貼ることが出来ないなども問題もあり、フィルムも少なくなるのではないかと思います。

それこそ全体に貼るのではなく、折りたたみ部分を分割して貼るような感じになるかと思います。

ケースの問題はあるもののとして、このように画面を保護してくれるような役割を日本人は好むかと思いますね。

そういうこともあり、売れるかと言われるとそれなりに売れるかと思います。折りたたむことにより、ポケットにも入りやすくなり、持ち運びもしやすくなるかと思います。

ガラケーのようにパカっと開けることに快感を感じる人にとってはこのXPERIA Fは最良の機種となるでしょう。

なかなかこのようなカパっと開ける機種というのは、今まで発売されていませんからね。ガラケーのようにスマホを利用したいという人にとっては非常にオススメ出来るかと思います。

今までと同じような使い勝手が出来るかどうかという部分は残りますが、使い勝手という意味では開けたときは普通のスマホと同じかと思いますので、問題ないかと思います。

折りたたみスマホでもヒンジがないことは評価

折りたたみスマホということですが、ヒンジがないということは非常に評価出来るかと思います。

今まで日本で販売されていた折りたたみスマホですが、ヒンジ部分が気になる人というのは多かったと思います。

気になる機種ではあるものの、折りたたみすることにより、大画面化することは理解出来るわけですが、実際に折りたたみって必要なの?と思う人も多かったのではないでしょうか。

昨今有機ELが出てきたことに伴い、折りたたみスマホといっても折りたたむこと自体はそこまで気にならなくなるかと思います。

またヒンジ部分に関しても今までのスマホのような感じではないでしょう。

基本的には折りたたみスマホというのは、これからかなり出てくるのではないかと思います。

製造コストもかなり下がるものと思われますし、各社がマネをすれば、選択肢も増えます。そしてなんといっても大画面で楽しむことが出来るのです。

それが一番の魅力でしょう。せっかくスマホを楽しむなら少しでも大画面で楽しみたいと思うのは当然のことかと思います。

大画面で楽しむという観点からすると今後はこの分野でもいろいろなスマホの販売が出てくるかと思います。

XPERIA 2と同時期の発売に

XPERIA 2と同時期の発売になると思われます。XPERIA 2というのは、2020年に発売される見込みです。

XPERIA 2よりも前にXPERIA 1sというモデルが発売されると思われます。

XPERIA 1sというのは、XPERIA 1の後継モデルとなっておりますが、スペック的にはそこまで高くはないと言われております。

XPERIA 2になるのかXPERIA XPERIA 1sになるのか次に発売されるXPERIAシリーズの型番まで今の時点では不明ですが、XPERIA 2の前に1世代挟むかと思います。

XPERIA 2というのは、2020年に発売されるのであれば、スペック的にも2020年に発売されるモデルと同じスペックになるかと思います。

相当スペック的には高そうですね。

XPERIA Fの画面解像度に期待

XPERIA Fの画面解像度にはかなり期待出来るかと思います。

XPERIA Fというのは折りたたみということもあり、XPERIA 1よりも縦長になる可能性があります。XPERIA 1の6.5インチはすでに縦長の機種ですので、それよりも縦長になるということで、さらなる画面解像度を期待している声も多いようですね。

XPERIA Fに期待する画面の解像度は5K以上も期待している人が多そうです。

今までXPERIAの中でもフラッグシップモデルと言われてきた機種に関しては、画面の解像度が4Kとなっており、かなり画面の解像度は高めです。

2Kと4Kの差というのは、目にはもうわからないレベルですが、やはり解像度の高い何かを見た時には、結構その違いはわかるものです。

そういうことを考えるとやはり4K以上の解像度、できれば5Kくらいの解像度を期待されても仕方ないことかもしれませんね。

Xperia Fの折りたたみ形状の特許出願

ソニー 折りたたみの特許を出願 Xperia Fとして登場する予定なのか

2019年7月29日

Xperia Fの原型にもなる、折りたたみ技術の特許が出願されていることが判明しました。

Xperia Fというのは、この記事でも掲載されていたように、折りたたみ技術を搭載しているスマホとなっていますが、特許が出願されていることがわかりました。

少し想像していたものと異なるかもしれませんが、イラストで紹介されています。

センサーに関しても3つのセンサーが搭載される予定となっており、このセンサーというのは、圧力センサー、加速度センサー、温度センサーの3つのセンサーです。この3つのセンサーを搭載することにより、折りたたみがどの程度されたのかということを測定するのでしょう。

ソニーがこのXperia Fに対してどの程度力を入れているのかはわかりませんが、特許をとるレベルにまでなっているということは、相当力を入れているのではないかと思います。

Xperiaシリーズは日本で最も販売出来るモデルの一つです。5G通信の搭載も明らかになっているようなので、5G通信を見据えた2020年にも発売されるのではないかと思います。

画面サイズは9.5インチに

9.5インチの画面サイズになるようですね。かなりの大画面となっています。

有機ELを採用し完全なる折りたたみになるということで、どんなものになるのか?と期待というより、興味がある人も多いのではないかと思います。

確かに画面サイズは9.5インチですが、折りたたんだ状態ではそこまで大画面にはならないでしょう。

日本では昔折りたたみの携帯がかなり流行りましたが、まさにそのようなものになるのではないでしょうか。

それにしても今はストレートタイプのスマホが主流となっており、今のタイミングで発売しても売れるのかどうかは微妙な部分ですよね。

IFA2019にて出てくると予想されております。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA