ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

消費税 10% 確定 携帯 スマホ iPhoneの支払いはどう変化する? 維持費 料金は? 価格は?

消費税アップに伴い携帯電話の料金もあがることは間違いありません。

携帯電話の料金といっても税金部分があがるわけです。

2019年10月からアップされることは確定されたので、まだもう少し期限はあるわけですが、契約すればするほど消費税は間違いなく家計にのしかかってきます。

いわゆる最低で維持しようとしても税金部分は確実に支払う必要があるので、そのあたりは注意が必要なところですね。

代表的な支払いの例は?

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年10月2日

ドコモのギガホはこちらを確認ください。こちらが最新の価格表となります。

こちらドコモの代表的な料金プランとなります。

仮にギガホに契約した場合6980円の支払いとなります。これはあくまで税抜き価格となります。

支払い料金
2019年9月30日まで:7538円
2019年10月1日から:7678円

140円ほど料金がアップする計算となります。結構上がりますね・・・

これが1年間となれば、1680円アップする計算となります。かなりのアップとなります。

これは毎月の維持費の話となります。

8%の間にスマホの購入を行う

スマホは少しでも安価なうちに購入しておくほうがお得だと思います。

最近のスマホは10万円を超える機種が多いため、一括で購入しておくほうが間違いなくお得です。

消費税があがったところで、本体代金の値下がりというものは行われません。

そのため今の間に購入しておくことをおすすめします。

スマホの価格が高額になったため、間違いなく購入するなら消費税増税前かと思います。

新型のiPhoneは2019年9月20日に発売されました。iPhoneの購入を検討する人は、9月中にがんばって購入を目指したいところです。予約した時点で消費税分減額されるといいんですけどね・・・そういうわけにはいかないと思います。

また新しい施策なども各社から出てくると思われますが、どのような施策になるのでしょうか。今キャリアはこれらの価格決定でかなり忙しいと思います。

間違いなく税抜き表示で提示してくるでしょうね。

価格もProモデルなら10万円を超えているため、できるだけ2019年9月までに購入しておくほうがお得ですね。それだけでも消費税を抑えることができます。

iPhone11 /11 Pro/ 11 Pro MAX アイフォーン11 在庫 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク

2019年9月23日

こちらiPhone11となっていますが、こちらはできるだけ9月中に購入しておきたいですね。

iPhone11の価格は当分下がることはありません。過去モデルの値下がりは一部行われているものの、現行モデルの価格は当分値下がりはしないのです。そういうこともあり、購入するなら9月中でしょうね。とりあえず予約はしてみてもいいのかもしれません。

ソフトバンクユーザーなら半額サポート+への加入はお早めに

ソフトバンクユーザーなら半額サポート+への加入は早く行っておくほうがいいでしょう。

ソフトバンク 半額サポート+ お得なのか メリット 何が違うのか 比較して説明

2019年9月27日

この半額サポート+を利用することができるので、安価なうちに購入することができるからです。昨今スマホの価格は年々値上がりしており、持つだけでもかなり厳しいといえるかと思います。

本来ならハイスペックモデルが欲しい人も、高額なため購入することができません。半額サポート+を利用することで、少しでも安価に維持できるなら検討したいですね。

結果的にこの施策に関しても、2019年9月末までなら2%程度お得なわけです。2%お得というと10万円の機種の場合だと2000円です。2年間で2000円というとしれているかもしれませんが、本来9月末までなら払うことのない金額ですからね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

税金は確実にあがる

税金はこのままでは確実にあがります。法律でそう決まったということは確実に携帯料金も増えるわけです。

正直なところ収入も増えてきた人も多いと思いますが、やはり最近は株や投資信託に手を出さないとお金を増やすことは出来ないということですね。

株価なども高値で推移しており、これらを運用しなければ、アベノミクスの恩恵を受けることができなくなりつつあります。

やはり一部のお金持ちに対する施策がかなり強いような気がします。携帯料金があがるということは生活にも直結する人も多いので本当に辛いですね。

2万円払っている人で、現在1600円でそれが2000円税金としてもっていかれるわけです。

消費税は一応公平な税となっていますが、平均年収400万円時代で消費税増税は本当にありがたくないですね・・・

年間300万円使う家で8%から2%の増税で6万円税金としてもっていかれるのです。住みにくくなりますね・・・

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

増税が延期

増税が延期されましたね。

2019年10月からとなりました。2年半もの延期となります。

延期になったことで、携帯電話の支払いに関しても今まで通りになります。元々8%になったときも高いなぁ〜とおもいましたが、10%になったら更に高くなるのです。

現在各社に割引をしてもらう為に総務省が非常にがんばってくれているようですが、成果はほとんど出ておりません。単純に端末の価格が値上がりしたというだけです。

端末価格が値上がりするということは、当然なのですが、それに伴い消費税があがるとすべてが値上がりします。

正直なところ今のタイミングで消費税が上がらないのであれば、2年契約でも問題ないとおもいます。

それにしても消費税増税は結構辛いですよね。

本当に延期になってよかったとおもいますが、社会保障費の捻出などはどう行うのでしょうか?もう社会保障費の充実は当分難しいですよね

消費税10%は確定

消費税10%になることは完全に確定しました。それなら8%の間に購入しておくことをオススメしたいですね。

毎月の維持費も単純に2%上がることになります。1万円毎月支払っている人なら200円今より多く払う必要があるわけです。

家族で2万円払っている人なら400円多く払う必要になります。そう考えると相当高いですよね・・・

消費税は高くなってほしくないと思う人も多いと思います。

確かに消費税が上がっても、自分の今の生活に直接還元されている人は少ないでしょう。

それでも財政が苦しいということで、どうしても消費税を上げざるを得ないと考えている人もいるわけです。

財政難はどこの国でも起こっていることのようですが、日本はまだ安泰ということはもうなさそうですね・・・

1000兆円もの財政赤字があり、消費税が10%になったところで、焼け石に水です。今後さらに消費税増税になることはほぼ間違いないでしょうね・・・

本当に嫌な世の中ですね。スマホの価格も上昇しており、毎月の維持費も上昇するということで、かなりのダメージがあることは間違いないでしょう。

毎月の携帯料金が今より単純に2%増えると考えておけばいい

今の支払いよりも単純に2%増えると思っておけばいいと思います。

消費税増税というのは、かなり痛いですよね。増税によりスマホの価格も高くなるわけです。

今後永続的にスマホの料金があがるわけです。単純に1万円の支払いをしている人は毎月200円の増税です。1年で2400円の増税となります。

どうですか?かなり痛くないですか?

どうせ買うなら増税前に機種は購入しておくほうがいいのかもしれません。

とはいうものの2019年10月からの運用ということになります。

本当に増税しても大丈夫なんですかね?これで日本はやっていけるのでしょうか?

スマホなどの支払いというのは本当に毎月必須の支払いとなっております。大半の人がスマホを活用しており、便利に生活しているわけですが、それに伴い消費税の増税という非常に厳しい現実を突きつけられているわけです。

日本の国は借金が多いということで、ある意味仕方ないという風潮になっているわけですが、ある意味そういうことを刷り込まれているのです。

消費税増税に伴い、スマホの価格は今よりもさらに高価になります。

最近は10万円を超えるような機種もかなり発売されており、2%アップするだけで、10万円なら2000円も多く支払う必要があるのです。

生活はさらに苦しくなることは間違いないと思いますね。それこそ増税により、スマホは売れなくなるでしょう。

ドコモから新料金プランが出てきた

ドコモから新料金プランというものが出てきました。

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年10月2日

こちらが新しいプランになりますが、ギガホとギガライトという2つのプランとして登場しました。

当然ながらこちらのプランにも消費税がかかります。

ギガホの場合だと6980円の価格となっており、割引前だとかなりの消費税を払う必要があります。

6980円+10%ということになり、7678円の支払いということになります。

新料金プランになって少しは安くなる人も出てくるわけですが、一番上位のプランなら消費税を入れると結構な支払いになりますね・・・

7678円に端末代金の支払いがあるわけです。かなり高額な支払いになることは間違いないと思います。ドコモからの新プランというのは2019年5月31日まで適用されるプランから4割削減というプランとして登場したわけですが、実際にはそれなりの金額を払うということになりますので、注意が必要となります。

毎月の支払いが増えることは痛い

毎月の支払いが増えるということはかなり痛いと思いませんか?単純に2%増えるということですが、2%というのは結構痛いです。

1家族でスマホの料金というのは1万円を超えている家計がかなり多いでしょう。

2%増えるということは、200円以上は毎月増えるのです。確実に物価上昇しているのです。

税金という名目ですが、2%増えるということは、正直なところかなり痛いわけです。

それが今後も続くわけですね。2019年に入り消費税増税に対して異論を唱える人もかなり増えてきておりますが、実際にこのペースでいけば間違いなく毎月の支払いが増えるかと思います。

本当にこれでいいのでしょうか。

端末代金が単純に2%アップに

年々端末代金は上昇しています。いわゆる定価が上がってきているわけですが、その定価に対してさらに2%消費税が上乗せされるのです。

これはかなり痛いことではないかと思います。

10万円の機種なら2000円分の消費税がアップされるのです。10%の消費税ということであれば、10万円の機種であったとしても11万円の支払いになります。

正直なところ、かなり税金の負担は重たいですね。

8%でも10万円の機種なら8000円の消費税です。それが10%なら1万円の消費税になるわけです。消費税というのは、出来ることなら払いたくないと思っている人も多いと思いますが、そういうわけにはいきません。

食料品などは軽減税率が導入されるわけですが、軽減税率が導入されるという機種というのは、ありません。そのためスマホの支払いは10%になることは間違いないのです。2019年にiPhoneの販売が行われますが、iPhoneの販売に伴い、間違いなくiPhoneは9月までの購入のほうがお得だと思いますね。

元々10万円以上する機種ですから、消費税アップでそれ以上の税金が取られるわけです。正直なところ痛いですよね・・・


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。