ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

AQUOS R4 アクオスR4 スペック ドコモ au ソフトバンク 発売日 カメラ性能は?

AQUOS R4の話題に関してお伝えしたいと思います。AQUOSシリーズというのは、各社から販売されているシャープ製のスマートフォンとなっています。

AQUOS R2からデュアルカメラを搭載するようになり、AQUOS R2の時はカメラが動画専用及び通常のカメラの2つを搭載するモデルとなりました。

カメラ性能は昨今望遠と広角という2つのカメラを搭載する機種が増えている中で、動画撮影用と写真撮影用に分けているという非常に珍しいカメラを持った機種となっています。

AQUOS R4の予約購入ならこちら

AQUOS R4が発売されると予約購入はこちらでしていただきたいと思います。

AQUOS R3に関してもドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売されました。

AQUOSシリーズというのは、ソフトバンクに強いというイメージでしたが、ドコモ、au、ソフトバンクから発売されるとは思いませんでしたね。

それでも各社から販売されるということは、それだけ人気の機種であることは間違いありません。

それでは各社オンラインショップから予約を行うと予約特典を受けることができると思われますので、ぜひこちらをご確認ください。

こちらが各社オンラインショップとなっております。AQUOS R3の時からドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売されましたので、同じように3社から発売されると思われます。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か

2019年9月12日

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る

2019年9月9日

ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法

2019年9月9日

AQUOS R4のスペックを予想

AQUOS R4のスペックを予想したいと思います。

まずはAQUOS R3のスペックから振り返りましょう。

モデル名 AQUOS R3
寸法 156.0 x 74.0 x 8.9 mm
重さ 185g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.2インチ
解像度 1440×3120
ディスプレイ Pro IGZO
プロセッサ SnapDragon855
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
microSD あり
前面カメラ 1630万画素 F値2.0
背面カメラ 1220万画素(静止画用)F値1.7+2010万画素(動画用)F値2.4
WiFi 802.11 a, b, g, n, ac
Bluetooth V5.0
Payment 未定
カラーバリエーション プレミアムブラック、プラチナホワイト、エレガントグリーン、ピンクアメジスト、ラグジュアリーレッド
バッテリー容量 3200mAh
認証センサー 指紋認証
LTE 非公開
センサー類 不明
その他 不明

こちらがAQUOS R3のスペックとなっております。こちらで気になる部分はどこでしょうか?

まずはCPU周りのスペックとカメラですね。

2019年度内にフラッグシップモデルにあたるRシリーズの発売はないと思われます。そういうことから2020年にAQUOS R4の販売はあると思われます。

ここで注目したいのは、CPUとなります。2020年に発売されるのであれば、SnapDragon865と呼ばれる次のCPUが搭載される可能性が高いかと思います。

それだけでも処理速度は20%〜30%程度アップするかと思います。

続いてRAMの容量ですが、こちらも現行の6GBから8GB程度まではアップするでしょう。

RAMのアップというのは、ユーザーとしてはかなりありがたいことではないかと思います。

IGZOが進化

AQUOS R3ではPRO IGZOというものが初めて採用されました。

もともとIGZOというものがシャープのスマホには採用されており、省エネということで、かなりIGZOに力を入れてきました。

とはいうものの、シャープは有機ELの工場を建設などの話もあり、AQUOS ZEROという機種で初めて有機ELを採用しました。

AQUOS ZEROはソフトバンクのみの発売となったため、販売台数としてはそこまで多くはないかと思います。

そして改めてRシリーズの販売がありました。RシリーズではIGZOを搭載していますが、R3でPRO IGZOという名称となりました。

そういうこともあり、Rシリーズでは今後IGZOを搭載し続けるものと思われます。

利用する人としては有機ELもIGZOもさほど変わることはないかと思いますので、IGZOがさらに強化されるのであれば、それはそれで問題なしと見るかと思います。

またIGZO自体も有機ELとは異なる進化をしており、2020年ではまた更に進化すると思われます。

1年での進化というのは、そこまで大きくはありませんが、色をさらにきれいに表現したりという表現力などはPRO IGZOよりもよくなる可能性が高いですね。

カメラは動画撮影専用になるのか

AQUOS Rシリーズというのは、カメラは動画専用カメラと静止画専用カメラの2つに分かれていました。

今後もその傾向が続くのでしょうか。

たいていのスマホでは動画専用カメラと写真撮影のカメラというのは分かれていません。

それがこのAQUOS R3までの機種は分かれています。今後もその傾向が続くのでしょうかね。

個人的には分かれていなくてもいいのでは?と思います。たいていのスマホのレンズというのは、広角と望遠に分かれています。

それでも特に大きな問題がないのであれば、そのまま継承してもらってもいいわけです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。