フラッグシップモデルとは 旗艦 スマホでいうとどんな機種なの?

 

フラッグシップモデルという言葉を聞いたことあるかと思いますが、意味がわからないという人もいるでしょう。

日本語では旗艦(きかん)モデルと読んだりしますね。

旗艦とフラッグシップってそのままなんじゃないの?と思いますが・・・

 

フラッグシップモデルとは

あるメーカーが複数モデルを製造する場合に、最も上位に位置づけられている製品を指す場合の言い方です。

例えば、スマホに置き換えると、XPERIAシリーズがいくつか発売されていると思います。

今までのフラッグシップモデルといえばXPERIAのPremiumシリーズと呼ばれるものがフラッグシップモデルにあたります。

また2019年にXPERIA 1という機種が発売されましたが、発表時点では、XPERIA 10と呼ばれる機種の発売も行われております。

この場合XPERIA 1はフラッグシップモデルにあたります。

またこの上位モデルの言い方としてハイエンドモデルというものもあるかと思いますが、その中でも最も上位にあたるものがフラッグシップモデルという言い方になるのです。

ハイエンドモデルというのは上位製品群という感じでしょうかね。

日本ではドコモ、au、ソフトバンクというこの3社ではフラッグシップモデルと呼ばれるスマホの取扱を行うことがメインとなっています。

またサブブランドでは基本的にはフラッグシップモデルと呼ばれる機種は販売されることはあまりありません。

サブブランドというのは、UQやワイモバイルのことです。これらのキャリアから販売されるモデルというのは、フラッグシップモデルではなく、それの派生系のモデルを販売することがメインとなっています。

ドコモは残念ながらサブブランドがありませんが、ある意味MVNOなどのドコモ系回線を利用しているキャリアなどがそれにあたります。

ドコモ、au、ソフトバンクというのは、キャリアの中でも最も上位にいるキャリアとなっており、フラッグシップモデルの発売がメインとなっています。

フラッグシップ店という言い方もする

最近では店舗の言い方としてフラッグシップ店という言い方もしたりします。

店なので、上位という位置づけというわけでは、ないかと思いますが、そのフラッグシップ店はどのような仕組みなのかということですが、多いのは直営店の中でも一番早い段階でサービスの開始があったり、社員教育用に利用されたり、店舗情報を発信するのはその店舗から発信したりとフラッグシップ店という言い方もします。

最近ドコモやau、ソフトバンクでもフラッグシップ店という言い方をしていたりします。

ドコモなら「ドコモショップ丸の内店」がそのフラッグシップ店になります。

auなら「au SHINJUKU」となります。

ソフトバンクなら「ソフトバンク銀座」です。

一応これらがフラッグシップ店となるようですね。

最近各地域にもこのようなフラッグシップ店をキャリアも出しているため、近くに行った場合は立ち寄ることもオススメしたいですね。

新しい情報を仕入れられる可能性も非常に高いです。

基本的にフラッグシップと呼ばれるのは、他の一般的なものと異なり最高級のものということで使われるようですね。フラッグシップという言い方が普通になってきました。本当にここ数年の話だと思いますね。今まではそのような言い方は本当にしませんでした。フラッグシップという言い方をすることで、一番いいモデルという認識もかなり高まってきたのではないかと思います。

メーカーのフラッグシップモデルに注目

メーカーのフラッグシップモデルには注目しておくことが必要かと思います。

先程もお伝えしたようにフラッグシップというのは最高級のモデルとなります。

そのためどんなものでもフラッグシップモデルは見ておいたほうがいいと思います。

通常複数同じようなモデルを発売する場合には、スマホに限らずフラッグシップモデルというものがありますので、そういうものが何かを考えてみたら面白いと思います。

メーカーというのは、フラッグシップモデルの販売を定期的に行っています。

最高級のモデルをメーカーが発売すると他社のメーカーもそれに対してしのぎを削り、新しいフラッグシップモデルに対抗するモデルを販売してきます。

フラッグシップモデルを販売するということは、各社にとってかなり刺激のある内容にもなるのです。

メーカーとしてもフラッグシップモデルを販売するという立場から、最上位の位置づけとなっており、そのフラッグシップモデルがどの程度販売されるかということに対しても非常に注目しているでしょう。

発売後の売れ行きのグラフは常に追っていると思いますね。それくらいメーカーにとっては重要な要素があるものがフラッグシップモデルとなります。

フラッグシップいわゆるその時点での最高のモデルという意味に近い言い方は覚えておく必要があるかと思います。メーカーのフラッグシップモデルには注目をしたとしても、実際にフラッグシップモデルの販売台数が多いのかと言われると実は、そういうわけではありませんでした。
フラッグシップモデルというのは、ハイスペックモデルという位置づけとなっているだけで、販売台数が多いという意味合いではありません。しかしながらメーカーは一番売りたいモデルになっていることは間違いないかと思います。
一番売りたいというのは、一番自信のあるモデルであるということです。基本的にフラッグシップモデルというのは、最も部材コストもかかっているモデルとなっているので、販売価格も高くなります。販売価格が高くなると、正直なところ今の日本では売れにくいモデルになってしまいます。
それはiPhone8という、当時のフラッグシップモデルが、今のフラッグシップモデルよりも売れているということです。本来メーカーなら今の(iPhone11)のほうが販売したいモデルであることは間違いないかと思いますね。

昔はそんな言い方ってしなかった?

昔はそんな言い方はしませんでしたね。2010年以降くらいからフラッグシップという言い方をするようになりました。

他の意味としては、ハイエンド、ハイクラス、最高級、ハイスペックなどという言い方が一般的でしたね。

結果的にフラッグシップというのは、いい意味で言い方がいいということになります。

言い方を変えれば、価格が高いモデルという言い方にもなるかと思います。安価なモデルであれば、フラッグシップとは言いませんからね。

言い方として安価な機種という意味ではなく、最高級の機種という意味あいが非常に強いかと思います。フラッグシップ店などという言い方も昔はありませんでしたので、本当にここ最近の言い方かと思います。
フラッグシップという意味を知らない人もまだまだ多いと思います。それこそハイクラスとかいう人の方が多いかもしれません。
ハイスペックという言い方のほうが普通かもしれませんね。
ハイスペックモデル、フラッグシップモデルどちらのほうが共感できますかね?

フラッグシップモデルの取り扱いならキャリアモデル

[colwrap]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[/colwrap]

フラッグシップモデルの取り扱いといえば、基本的にはキャリアモデルとなります。キャリアモデルというのは、ドコモ、au、ソフトバンクなどです。それ以外の会社はハイスペックモデルの取り扱いが非常に少なく、基本的には1年位まえの型落ちモデルであったりとなります。そういう意味ではキャリアモデルの購入がオススメです。フラッグシップモデルを楽しむことができますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました