MacとWindows 10 Pro homeを比較 オススメはどちら? MacBookAir /Pro マックブックはいいのか?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

MacとWindowsを比較している記事というのはかなりたくさん出ていますが、どっちがいいのか?非常に気になりますね。

意外とこの記事が読まれているので、追記してみたいと思います。

 


現在のシェアは?

Windows:91.6%
Mac:7.1%

参考:http://news.mynavi.jp/photo/news/2015/02/03/159/images/002l.jpg

こちらのマイナビの記事を参考にしていますが、圧倒的にWindowsのシェアが多くなっております。

なぜWindowsが多いのか?というところですが、Windowsは日本メーカーでいえば、富士通やNECやパナソニックなどの各社から発売されております。

ということは、日本国内におけるAndroidと同じなわけです。SamsungやソニーがAndroidの機種を作っており、MacはAppleしか作っておりません。(日本のiPhoneシェア率はかなり高いですが・・・)

各社から発売していることや、Windowsが企業ユースの標準OSになっていること。企業内で使うアプリケーションはWindowsでできていることが多い。エクセルやワードの互換性にWindowsのほうが優れているなど、企業にマッチした形でWindowsを作り上げてきたことにより、MacというWindowsとは異なるインターフェイスを排除したことがその原因だと思われます。

企業がWindowsを採用する場合が多いと、大学などでも標準はWindowsになります。そうなることでWindowsがスタンダードになってきたわけです。

MacとWindows何が出来るの?

ほとんどのことはどちらのOSでも可能です。

あえて出来ないことということも個人的には思い浮かびません。恐らくスタンドアローンで動作するアプリケーションなどが、Windows版しか出ていないなどのことはあると思います。

具体的にいえば、私は音楽をするので、音楽を作成する為のホストアプリケーションで有名なものにCakewalk SONARやCubaseなどがありますが、Cakewalk SONARはWindowsしか対応しておりません。

どうしてもCakewalk SONARを使いたい場合はWindowsしかないのです。

そういう意味ではWindowsにしか対応していないアプリのほうが多いと思いますね。多い理由はシェアでしょう。

シェアが高いほうのOSから発売されると売れる可能性が高いからですね。

そこにこだわらなく、ネットやメールをすることがメインの人はどちらでも問題ありません。

✔基本的にやれることは変わらない
✔専門的なソフトを扱うならどちらでもソフトに合わせたOSを選択すること

基本的に専門的なソフトを考えないのであれば、どちらでも問題なし。

Macは右クリックがない

Macは確かに右クリックはありませんが、右クリック相当のものはあります。

実はちょっと使い勝手が違うだけで、右クリックとほぼ同じことが可能になるので、非常に便利ですね。ここ最近マウスが付属していることもあり、右クリックは普通に出来るようになっております。

右側をクリックすれば右クリックになります。Macのマウスはシンプルなので、見た目上は右クリックがありません。

しかしながら右側をクリックしてあげれば問題ありません。

右クリックはありませんが、右クリック相当となっていますので、うまく使いこなすしか方法はありません。
うまく使いこなすには日々触るしかありません。

✔右クリックはないが右クリック相当のものはある
✔Magic mouseであれば右クリックはある

昔のMacは右クリックはありませんでしたが、今は右クリックがないと作業が困るケースのほうが多いので、普通に右クリックというものはMacでもありますので、安心してください。
基本的には、右クリックというのは、Windowsの右クリックに近いものと考えれば問題ありません。

難しい設定などは?

MacはiPhoneを使える人なら直感的に使うことが可能です。

MacのOSはバージョンアップしておりますが、実はユーザーインターフェイスの部分はいい風に改良されているだけで、使いにくいということはありません。

私の場合、Windowsは驚くほど使いにくく感じますね。

使いやすさなら絶対Macですね。Windows7を使っていて、Windows8.1に切り替える理由はありません。オススメはしませんね。どちらかというとWindows7なら8.1にするよりMacに乗り換えるほうが自然だと思います。

ウィンドウを開いた時の閉じるなどのボタンがWindowの右上にあるのがWindowsで、左にあるのがMacです。

細かい違いなどはありますが、すぐに慣れると思います。

Windowsは基本的に色々な設定要素が多すぎます。そのため初めて使う人にとっては、かなり複雑なのです。それこそインターネットとかユーチューブしか見ないというのであれば、MacだろうがWindowsだろうが、どちらでも問題ありません。

MacBookやMacBookAirが登場しましたが

実にかっこいい見た目なので、欲しいと思う人もかなりいるのではないでしょうか。

はっきりいいます。欲しいなら買いです!MacBookは非常にかっこいいですが、CPUが若干非力なことが気になりますが、個人的には非常にいいと思いますね。

MacBook マックブック 2015年モデルは買いか?2014年モデルと比較して

こちらの記事も確認していただければと思います。

個人的にはWindowsとMacを比較したらMacを買ったほうが間違いないと思いますね。

このMacを買ったらいいということですが、Windowsしか使ったことないユーザーは正直なところ操作性とかかなり戸惑うと思います。

操作性だけでいうと慣れているWindowsのほうがいいかもしれません。

MacはiPhoneと同様にそこまでカスタマイズは出来ません。基本的にデフォルトでも利用出来る環境が揃っていることが原因なのですが、デフォルトに近いかたちで楽しみたいもしくはカスタマイズはそれほどしないという人はMacでもいいでしょう。

どうしてもカスタマイズして楽しみたいという人はWindowsのほうがいいかもしれません。

仕事で難しいコマンドを利用して自宅でもそれを利用する

WindowsPCにはコマンドプロンプトというものがついており、システムを利用する人なら一度くらいは立ち上げたことがあると思います。

それに近いものはMacにもあるのですが、Windowsで慣れている人はやはりコマンドプロンプトというものをそのまま使いたいと思うのが自然です。

そういう人はWindowsのほうがいいと思います。私も仕事ではWindowsを利用しており、細かい設定をしたい時にはWindowsのほうが融通がききやすいような気がします。

しかしながら普通の一般ユーザーとして利用するだけならMacのほうが確実に使いやすいです。

ある程度システムに詳しい人はWindowsのほうが結果的にいいという人のほうが多そうです。私の知り合いのシステムエンジニアやプログラマーの方はWindowsを使っている人が多いです。

私は基本的に物書きをメインにしているので、Macでも十分ですが、システム開発などをするのであれば、Windowsでしょうね。

Web系の開発ならMacでも大丈夫だと思いますが、開発する人はMacよりもWindowsを好む傾向があります。

Windowsにもメリットがある

ここ最近Mac人気がかなりあがってきておりますが、WindowsにはWindowsのメリットというものもあります。

最近私はWindows10を購入しましたが、それなりに利用することは可能です。Macのように直感的に利用することは難しいですが、昔からWindowsユーザーだったので、それなりに使えます。

後ありがたいことにWindowsのソフトが使えることです。当たり前なのですが、Windowsのほうがフリーソフトなどの取り扱いはかなりあります。

今もまだありますが、ベクターというサイトで色々新しいソフトをダウンロードすることも面白いと思いませんか?

Windows10対応のアプリもかなりたくさんありますので、それはそれで試してもらいところではあります。

Windowsユーザーは基本的にWindowsを使いますが、やはりそれは慣れているからでしょう。私は通常仕事ではWindowsを利用しますが、ちょっとむずかしいことをしようとするとWindowsのほうが使いやすいです。

普通にネットを見たりこのようなサイトの更新に使うだけならMacのほうがダントツ使いやすいですが、何かを設定するということや開発を行うということではMacよりWindowsのほうがいいですね。そういう意味ではWindowsパソコンも持っていて損はありません。

ただMacとWindowsではファイル形式が異なるので、それぞれのファイルを読みにくいという不便さはあります。それでもここ最近ではNASなどでファイルの共有を行うとビデオや音楽などのファイル共有も全く問題ありません。Windows10になりWindows8.1よりも使い勝手は向上しました。

悩んでいる人はWindows10対応でもかなり安価なタブレットなども色々発売されているので、一度試してみるのもいいと思いますね。本当にここ最近はWindowsもそれなりによくなっていると重います。

Windows10を利用していての被害

いきなりの再起動に本当に悩まされます。

本当にこれには悩まされました。しかもアップデートに30分もかかるという・・・本当に急ぎの時の作業では本当に気分が悪いというかなんというか・・・

ここまでWindowsって使いにくかったでした?というくらい使いにくいですね。

よほどMacのほうが使いやすいと感じたことか・・・とにかくいきなりの再起動まだそれだけならいいのですが、再起動後のOSのアップデートに時間がかかりすぎます。

とにかくいきなりの再起動だけは堪忍して欲しいですね。これによりかなりの作業が中断するのです。

忙しい人でなければ、別に構わないと思いますが、仕事中の再起動は本当にイライラしますよね。ある程度納期のある仕事をしていると得にイライラすると思います。

もう少しWindowsはユーザーのことを考えて作って欲しいですね。あまりにもOSでやれることが増えすぎてMicrosoftも困っているのかもしれませんが、もう少しシンプルに作って欲しいですね。

やすかろう悪かろう

やすかろうわるかろうという言葉誰もが知っている言葉かと思います。

Windowsパソコンは安いものもたくさんあるのです。安いものがたくさんありますが、実際のところ悪かろうというものもたくさんあるということです。

やすくていいものも当然ながらあるわけですが、Macは基本的に10万円〜という比較的高めの価格設定です。

問題は使い勝手の部分もあるかと思いますが、使いこなせるのであれば、十分使えるのがMacです。非常に使い勝手がいいです。

特に最近思ったのですが、Windowsパソコンを利用していて使い勝手が悪いと感じることは多々あります。

どれくらい使い勝手が悪いのか?というと、まずは反応の鈍さです。

反応が鈍いことが非常に多いです。なんでこんなに鈍いの?と思うくらい立ち上げなどに時間がかかることが多いです。

Excelやワードの立ち上げにかなりの時間を要することがあります。それも結構高いパソコンを購入しているのも関わらずです。

なんでこんなに遅いのかなぁ?なんて思うわけですが、それもWindowsのイマイチいけてないところです。

それに比べてMacは比較的早く動作するものが多いです。そのストレスが価格に反映されていると思えばどうですか?

どうせ利用するならストレスフリーで利用するほうがよくないですか?個人的にもストレスがない状態でパソコンを利用したいですよね。

そのストレスが本当にWindowsにはあります。とくにExcelやワードは2007以降使いやすくなったなんて聞いたことありません。

クリックの数を減らしたりするように2007は開発されたといいますが、本当に未だに使い勝手が悪いです。Office2003が一番使いやすかったです。

Windowsをけなしているわけではありませんが、Windowsもたくさんの開発者を抱えているわけですからもう少し頑張って欲しいとは本当に思いますね。

MacBookAirを利用してみて感じること

MacBookAirを継続して利用していますが、MacBookAirを継続的に利用して考えることがあります。

Windowsを以前から利用していましたが、Windowsは本当に使い勝手が悪いです。なぜWindowsの使い勝手が悪いのか?というところですが、やはり動作速度です。以前と比較するとSSDが採用されるようになり、随分マシになりましたが、

しかしながらWindowsも普段利用しているので、Windowsに比べたらかなり快適です。まず待たされるということがありません。
普通にウェブ閲覧などをするだけでもかなり快適に利用することができるのです。

実際に使ってみないとわからないという人もいますが、毎日Macに触れると不思議なもので絶対になれます。

なれていけばMacのほうが明らかに使いやすいのです。

Windowsを買うならMacのほうが断然使い勝手が上ですよね。

M1のMacBookは非常にいいモデルとなっています。M1という新しいCPUを採用しているMacですが、本当にいいモデルに進化したと思います。
基本的に最新のMacというのは年々進化していますが、M1であれば、5年でも利用できるのではないかと思っています。
それだけ長期間利用できるのであれば、本当に購入したとしても1年の減価償却としては非常に安価なものとなります。

新型MacBookProが発売開始

新型のMacBookProが発売開始されました。

こちらにMacBookProの使い勝手などに関してお伝えしたいと思います。

相当いい機種に仕上がっていることは間違いありません。MacBookAirを利用している人に関しても画面の解像度があがるので、非常に画面はきれいです。MacBookAirで十分という人も多いと思いますが、実際に利用してみるとその画面の綺麗さに関しては本当に違いはわかると思います。

それくらいのレベルであることは間違いありません。

今の時期に発売されるということは年末商戦あたりにもってくることは間違いないでしょう。クリスマスなどでもこの機種を選択する人はかなり多いと思いますね。

それくらいいい機種なので、ぜひ検討してほしいですね。

Windowsを利用する人が多い

世の中にはまだまだWindowsを購入する人がかなり多いです。なぜWindowsのほうが多いのか?ということですが、やはり仕事で利用している人が大半だからでしょう。

仕事でWindowsを利用しているので、その流れで自宅でもWindowsという人が多いのではないでしょうか。

使い勝手だけならMacのほうが明らかに上なのですが、それでもWindowsを利用したいと考えている人がかなり多いと思います。

やはりそれはどうしても慣れ親しんだものを利用するということかと思われます。

なれないことを1から覚えるというのは本当に大変ですからね・・・

やはりWindowsのほうがそういう意味では人気が出るのでしょうか。

ちなみにMacとWindowsではやれることはほぼおなじです。

iPhoneを利用しているならMacのほうが親和性も非常に高く、また動作速度などの不良もそんなにおきないのがMacです。

それと価格が非常に高いというイメージがMacにはあるようですね。Macの価格が高いといったところで、5年間使うことを考えれば、それほど変わらないような気もします。

2年ほどの周期で購入するならWindowsがいいのかもしれませんが、Macは5年間くらい普通に使うことが可能です。

OSのバージョンアップも基本的には無料で行ってくれるので、そういうメリットは非常にあると思いますね。

ここ最近はMacの比率も増えてきたということですが、特にMacBookProが発売され、それを求める人もかなり多いのではないでしょうか。

それにしても高いですよね・・・

Windows10の大型アップデートは面倒

Windows10の大型アップデートというものを今後開始する企業が多くなると思われますが、大型アップデートというのは本当の面倒です。

セキュリティ対応を実施している人ならそうでもないかもしれませんが、その業務に携わっていない人ならわからないという情報となります。

大型アップデートは半年に1度のベースで実施されますが、マイナーアップデートの回数を増やしてもらえるほうがキャリアとしていいと思います。

Macも大型アップデートはあり、アップデートを行うと動かなくなるアプリなども存在しますが、実際のところアップデートをしなかった時のリカバリの方法がわかりません。

Windowsは大型アップデートが定期的に出てきます。
この大型アップデートにより、周辺機器などが利用できないケースがあるのです。

AndroidスマホやiPhoneでも大型アップデートがあるそれです。
この大型アップデートは本当にやめてもらいたいですね。

✔Windowsの大規模アップデートは面倒
✔Windowsも大規模アップデートで周辺機器が利用できなくなることもある

これらの問題も多いことからWindowsを利用しないという人も年々増えているのではないかと思います。

MacはiPhoneとの親和性も非常に高い

Macというのは、iPhoneとの親和性が非常に高いです。

日本のスマホユーザーの半分はiPhoneです。

iPhone みんなが欲しい 訳 理由 人気が高いのはなぜ? なぜ売れるの?
スマホといったらiPhoneという人もいるくらいiPhoneの人気というのは、かなりあるかと思います。iPhoneがそこまでなぜ人気が高いのか?ということですが、iPhoneの人気というのは、ここ最近始まったわけではありません。 ...

日本のユーザーの半数がiPhoneを利用しているにも関わらず、日本市場ではWindowsを利用している人が多いということは、間違いなく会社の影響でしょう。会社では大半の会社でWindowsを利用しています。

そのため会社でWindowsを利用するということで、そのユーザーインターフェイスを自宅でもという人が非常に多いのではないかと思います。

また仕事で利用するエクセルなどはマイクロソフト製品のため、自宅でもエクセルを利用したい場合はWindowsということになるのではないかと思っています。

✔日本社会全体がWindowsに支配されている?
✔エクセルなどの応用ソフトはマイクロソフトが製造している
✔会社の仕事を自宅でする人は、Windowsがほぼ必須に

このようなことから会社の仕事を自宅でするような人はWindowsをどうしても利用してしまうわけです。別にそれが悪いというわけではありませんが、基本的にはWindowsというのは、アプリを動作させるためのプラットフォームにしか過ぎません。
Macでもエクセルというものは存在するのです。

Mac用のエクセルも世の中には存在するのです。それなら別にMacでもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、自己解決できない人も結構多い中で、Windowsなら聞ける人が多いということもあるかと思います。
そういうことからまだまだMac利用者が進まないという現状があると思います。
それでも自分がiPhoneを持っているなら、ぜひMacの購入を検討してもいいのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック