Huawei ファーウェイ P40 /P40 Pro /P40 Lite スペック カメラ 価格 ドコモ 日本 まとめ

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

Huaweiは日本に向けてもそうですが、最近かなり販売台数を増やしております。Huaweiは2020年に次のモデルにあたるP40シリーズの発売が行われる予定となっております。

Pシリーズというのは、日本でも非常に人気の高いモデルとなっており、SIMフリースマホやドコモから発売されております。

ドコモで発売されるモデルというのはPROモデルと呼ばれるPシリーズの中でも最もスペックの高いモデルとなります。

 


P40が発売されるのであれば、ドコモから?

P40 PROが発売されるのであれば、ドコモから発売されると思われます。Huaweiの機種はドコモも過去から取り扱っており、P20 PROからPROシリーズの取扱を開始しております。

こちらがドコモオンラインショップとなっており、購入するのであれば、こちらからとなります。

PシリーズというのはHuawei P20 PROからドコモにて発売しております。

Huawei P20 PROという機種というのは、3つのカメラを搭載するモデルとなっており、それ以降カメラにはPシリーズというのは、非常に定評があるモデルとなっております。

Huawei P30 /P30 Pro スペック HW-02L カメラ 価格 予約 ドコモ 日本 格安スマホ UQからの発売は?
HuaweiからP30 Pro及びP30の2つのモデルの発表が行われました。 Proはドコモから発売されます P30の前モデルはドコモから発売されており、P20という名称で販売されていたモデルとなっております。 今...

ファーウェイ P40 Proのスペックはすごい

P40 ProはKirin990を搭載し、かなりスペックの高いモデルとなっています。

カメラに関しても50倍の望遠レンズがついていたりと本当にすごいモデルとなっているのです。

✔P40 Proのスペックはかなりすごい
✔5Gへの対応も完了しており、日本での発売にも期待
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HUAWEI(ファーウェイ)P40 Pro/Silver Frost P40 PRO/SV
価格:119680円(税込、送料別) (2021/4/24時点)

Huawei P40 PROのスペック予想

Kirin990と呼ばれるCPUが採用される見込みとなっています。

2020年にもKirin990というCPUは発表される見込みとなっており、2020年に販売されるフラッグシップモデルではKirin990が搭載される可能性が非常に高いです。

Kirin990というCPUというのは、SnapDragon855よりも上位のCPUになると思います。

比較されるのであれば、SnapDragon865になるのではないでしょうか。

続いて気になるのはRAMの容量ですが、こちらは12GBくらいになるのではないかと思います。

フラッグシップモデルということもあり、大容量のRAMが採用されるかと思います。

Huaweiに望んでいることというのは、ハイスペックということなのではないかと思います。

通常ハイスペックモデルというのは、非常に高額なイメージが強いわけですが、その中でもHuaweiのスマホというのは、結構安価なイメージがあるかと思います。

P40 PROに期待したいのはカメラ性能

P40に期待したい性能というのはカメラ性能ではないでしょうか。

カメラに関してはかなりの人が期待している性能の一つとなっております。

すでに3つのカメラを搭載しているP30 PROの時点ですでに3つのカメラを搭載しているモデルとなっております。

そういうこともありP40 PROに関してはかなり期待したいと思っている人も多いと思います。

Pシリーズのカメラの定評は非常に高いのです。

こちらP20 PROの動画がとなっておりますが、夜景としては実はかなりきれいに撮れているのです。

こちらもP20 PROの動画となっておりますが、特にPシリーズというのは夜に強いというイメージです。

それくらい夜の動画はかなりきれいに撮ることが可能となっております。

夜の撮影はPシリーズはかなりオススメできるかと思います。

5Gに期待

Kirin990というのは5Gに対応しているという情報があります。

5Gというのは、日本では2019年の秋から2020年で5G対応となります。

5Gというのは韓国などではすでにサービス開始しておりますが、4Gと5Gへの切り替えがうまくいかないなどスマホ側でも問題が出ているようです。

実際のところそんなことはないかと思います。

ある意味シームレスに5Gになるのでは?と思っています。

日本での5Gへの対応は世界レベルで見るとそこまで進んでいませんが、5Gへ対応している国自体がまだ少ないため、日本でのサービスはがんばってもらいたいですね。

他の情報でも5Gの対応は間違いないと言われております。5Gへの対応が行われるのであれば日本でも販売したいところです。
今回Pシリーズの中でも40に関しては5Gを積極採用すると言われております。
5Gはまだ日本ではそこまで大規模に利用できるわけではありませんが、今後を見据えてP40の5Gは期待できるのかもしれませんね。

グーグルがHuaweiにAndroidを提供しないという報道

これはかなり厳しい報道となりますが、グーグルがHuaweiにAndroidを提供しないという報道がありました。

2019年5月20日に行われた報道となりますが、そのため今後日本でHuaweiのスマホを見ることはなくなるのかもしれません。

現在発売されているスマホに関しては問題ないということですが、やはり不安のほうが大きいですからね。

このことにより、Huaweiのスマホを購入する人は非常に少なくなるのではないかと思います。

それくらいこのニュースというのは痛いニュースであることは間違いありません。

日本でもHuaweiというのは、SIMフリーを中心にいろいろ販売されているため、日本市場でこれ以上にがんばって対応することが可能となるのでしょうか。

本当に今後どうなるのか市場を見守りたいですね。今のままであれば、キャリアは確実に離れていくでしょうね。

今の状態でHuaweiを利用するというメリットは非常に少ないと思います。

Huaweiのスマホをキャリア取扱にするメリットというのは、キャリアとしてもあまりないかと思いますね。

Huaweiの機種というのは、非常に日本でも人気が高いモデルとなっているだけにこの報道はかなり厳しい報道ではないかと思います。

日本市場においてのHuaweiの立ち位置というのは現在販売台数でいえば5位という立ち位置なのです。

日本で販売されないかもしれない

2019年の時点でHuaweiは日本市場からもかなり問題視されているようです。

Huaweiというのは、日本ではSIMフリーを中心に非常に人気の高いモデルとなっており、価格も低価格でありながらスペックは高いということで、一部のファンの間ではHuaweiのスマホはかなりの人気になっているのです。

しかしながらGoogleがHuaweiに対してOSの提供をやめるという報道があり、恐らく今後発売される予定のP40も例外なく新しいOSの適用がされない可能性も十分にあります。

Huaweiというのは、今後独自OSを採用して独自に進化をするとのことですが、独自OSを開発しそれが日本で浸透するかと言われるとかなり微妙です。

中国製の独自OSを日本のスマホに採用することで、日本市場からの「受け」はどうなるのでしょうか?

Huaweiがダメというわけではなく、プレイストアなども利用出来なくなり、日本市場で利用することが出来たとしていわゆるノラアプリと呼ばれるものしかインストール出来ないのであれば、日本の消費者からすると非常に不便です。

特にこのPシリーズというのは、ドコモという日本で一番の大手キャリアから販売されるモデルの一つとなっており、そのようなモデルをキャリアが取り扱うということはまずないでしょう。

キャリアモデルとして販売しようとするなら、かなりハードルが高くなるのです。

そういう状況からしても日本でこのPシリーズの販売はなさそうです。他にもメイトシリーズなど、人気の高いモデルも日本で販売されておりますが、それらのシリーズ含めて日本で販売することは今後困難になるかと思います。

Pシリーズの機種は非常にいいモデルとなっておりますので、個人的にはかなりオススメしたかったのですが、2019年5月時点でキャリア取扱のHuaweiのスマホが予約停止になってしまうなど、正直なところいいニュースはありません。

本当に今後は日本市場からHuaweiは消えてしまうかもしれませんね。

P40では光学10倍のカメラが搭載されるかもしれない

P40には光学10倍カメラが付属される可能性が、非常に高いようです。P30 PROではすでに5倍の光学ズームが対応されています。

それの2倍の光学ズームということで、カメラ性能に関してはかなり力を入れているものと思われます。

カメラ性能というのは、今後スマホを所持していくうえでも非常に重要な要素かと思います。

内部的なスペックよりもカメラ性能に関しては、比較しやすいということが挙げられます。

一般の人にとってはSnapDragonなどというスペックはさほど気にならないものと思われます。むしろ画素数やズーム倍率など気になる部分のほうが多いと思います。

そういうこともあり、今後発売されるモデルに期待されるのは、そのようなカメラ性能なのです。

複数のカメラがあるだけで、きれいな写真や動画が撮れそうな気もします。そういう消費者ニーズ観点というものが非常に重要かと思いますね。

Huaweiの独自OSの名前はHarmony?

ファーウェイはHarmony2 ハーモニー2 鴻蒙OS 新しい OSを採用し2021年にスマホへ搭載
ハーモニーOSというのは、ハーモニー2という形で進化しています。 すでに2世代目ということになります。Androidは11や12まで出てきておりますが、ハーモニーOSというのは、ベースをAndroidとしているため、機能などもさほど変...

こちらを確認してもらいたいのですが、Huaweiの独自OSはHarmonyという名称だというのです。

実質的にAndroidを利用することが出来なくなったHuaweiですが、独自OSでの開発を行うとも言われておりました。

今のところこのHarmonyにどのような機能があるのかは、わかりません。

しかしながらHarmonyに搭載される機能というのは、基本的にはAndroidと同じような機能が搭載されるのではないかと思われます。

さすがにあまりにもOSが異なると、使い勝手の部分でユーザビリティが落ちますからね。

そういうことを考えるとやはり、Androidに似せて作らないとダメかと思います。

元々HuaweiはAndroidをカスタマイズしたOSを利用していました。そのためAndroidをカスタマイズしたOSということもあり、その手の技術というものはあるかと思います。

独自OSが採用されると他国での販売は、どう変化するのか今のところ未知数ですが、今までのようにはいかないかもしれません。

しかしながらHuaweiの技術力を考えると、それくらい問題なくやりのけそうな感じもしますね。

3月26日に発表の予定

3月26日に発表される予定となっています。ファーウェイは今の日本市場で本当に売れるのでしょうか。
知っている人にとっては、ファーウェイは非常に魅力的な会社ですが、昨今ファーウェイは色々な諸問題を抱えており、発表されても日本で発売されない可能性も非常に高いです。
ファーウェイのスマホは低価格の割にかなりスペックの高いモデルとなっています。
今回のP40に関しても、おそらくGalaxy S20 ULTRAレベルのカメラを搭載してくるのではないかと思います。
Galaxy S20 ULTRAは非常にスペックも高いわけですが、それと比較できるレベルの機種になることは間違いありません。

P40 Liteのスペック

モデルP40 Lite
大きさ159.2 x 76.3 x 8.7mm
重さ183g
OSAndroid10.0 EMUI 10
CPUHisilicon Kirin 810
RAM8GB
ROM128GB
画面サイズ6.4インチ
解像度1080 x 2310
アウトカメラ4800万画素
800万画素
200万画素
200万画素 クアッドカメラ
インカメラ1600万画素
無線802.11 a/b/g/n/ac
カラーブラック, グリーン, クリスタル
バッテリー4200mAh
その他USB Type-C

こちらがP40 Liteのスペックとなっています。スペック的には十分といったところではないかと思います。価格は4万円を切る価格帯となる予想なので、4万円を切る価格帯でこんなスペックのいい機種というのはないかと思います。それだけいいモデルに仕上がっていることは間違いありません。

ファーウエイは日本では本当にどうなっていくのでしょうか。販売台数もかなり減らしておりますが、世界的にはそこまで減っているわけではなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック