【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


XPERIA 2エクスペリア2 スペック 2021年? 発売日 予約 価格 レビュー 評価 評判




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

Xperia 2という名称のスマホの販売はあるのでしょうか?

こちらの動画を見てもらいたいのですが、名称ルールに関して紹介している動画となります。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

Xperia 5の発表

XPERIA 5の発表が行われました。2019年モデルから2020年モデルにかけての発売となります。

XPERIAシリーズは2018年までXZシリーズという名称でした。

XPERIA XZx(xは数字が入る)という名称でしたが、2019年に発表されたフラッグシップモデルからXPERIA 1という名称になりました。

その後XPERIA 5となり、次に発売されるモデルはXPERIA??何になるのでしょうか。

各社より予約購入が可能

【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する

各社オンラインショップより購入が可能となっています。

各社予約購入が非常にメリットがあります。予約購入を行うことで、予約特典を受けることができます。たいていの場合5000円ほどお得に購入できるケースが多いので、予約特典を利用する人が非常に多いと思います。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンライン メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

こちらが各社オンラインショップのメリットとなります。XPERIAシリーズが一番売れるのはドコモです。

ドコモオンラインショップでは事務手数料が無料で購入できるキャンペーンを継続して行っております。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

こちらが本来かかる事務手数料です。ドコモオンラインショップならこれが無料になるのです。それだけでも非常にメリットがあるかと思います。

XPERIA 5のスペックを紹介

モデルXPERIA 5
大きさ158×68×8.2mm
重さ164g
OSAndroid9.0
CPUSnapDragon855
RAM6GB
ROM128GB
画面サイズ6.1インチ 有機EL
解像度2520×1080
アウトカメラ1220万画素(標準) F1.6 26mm
1220万画素(超広角) F2.4 16mm
1220万画素(望遠) F2.4 52mm
カメラその他機能瞳AF、光学2倍ズーム
インカメラ800万画素
ネットワークJ8210, J8270, J9210 GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
J8210: LTE(4G) Cat19/Cat13, J8270: LTE(4G) Cat19/Cat13, J9210: LTE(4G) Cat19/Cat13 with single SIM, Cat18/Cat13 with dual SIM
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラーブラック、グレー、ブルー、レッド
センサー類Accelerometer
Ambient light sensor
Barometer sensor
eCompassTM
Fingerprint sensor
Game rotation vector
Geomagnetic rotation vector
Gyroscope
Hall sensor
Magnetometer
Step counter
Step detector
Significant motion detector
Proximity sensor
RGBC-IR sensor
バッテリー3140mAh
その他IP65、IP68、指紋センサー(側面)

こちらがスペックとなっています。スペック的にはかなりいいと思います。

XPERIA 2のスペックを予想

寸法未定
重さ未定
OSAndroid9.0
画面サイズ6.7インチ
解像度4K 21:10
ディスプレイ有機EL
プロセッサSnapDragon865
RAM10GB
内蔵ストレージ128GB
microSD最大512GB
前面カメラ1600万画素+1200万画素+1200万画素
背面カメラ1200万画素
WiFi802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetoothv5.0
通信未定
カラー未定
バッテリー容量3500mAh
その他防水、防塵

今の時点でのスペックを予想してみました。実際はこのスペックになるかどうかわかりませんので、注意してください。

SnapDragon865が搭載で5Gへの対応はほぼ確実に

SnapDragon865が採用される見込みとなっております。そのため5Gへの対応は確実なものになるでしょう。

SnapDragon865は標準で5Gが採用されるとも言われております。

そのためSnapDragon865を当初から採用するXPERIA 2は5Gへの対応はその時点で行われるということになります。

2020年にも商用を開始する5Gですが、商用開始時期にはXPERIA 2を所持していると高速通信を体感することが可能となります。

5Gは次世代通信規格となっており、非常に高速に通信を行うことが可能となります。5G通信ができるモデルというのは、フラッグシップモデルの一部の機種に限られると思われます。

すべての機種で5Gに対応というのはありえないと思います。ある程度の機種限定になるでしょうね。そのうちの一つがXPERIA 2になると予想されます。

2020年モデルであれば、間違いなく5Gに対応されると思われます。名称のほうは今のところまだ不明ですが、XPERIA 3という名称になるのかもしれません。

XPERIA 3というのは、なぜXPERIA 3なのかというとXPERIA 1とXPERIA 5の間だからです。その根拠のほうは、XPERIA 5の名称を決定する時にXPERIA 1とXPERIA 10の間だからという理由でXPERIA 5にしたのです。ある意味すごい名称の決め方ですが、そうなってくるとXPERIA 1とXPERIA 5の間のため、XPERIA 3という名称になる可能性は十分にありえるのです。

5G対応ならRAMの容量は大容量になる可能性が高い

5G対応になるのであれば、RAMの容量は大容量になる可能性は非常に高いと思われます。

GALAXY S10の5G対応モデルというものが、今後発表されると報じられております。

GALAXY S10の5G対応モデルというのは、12GBのRAMの容量になると報じられているのです。

それはどういうことを意味しているのかということですが、5Gという高速通信をするというのは、一旦通信されたものをRAMにためておくということが考えられます。

そのため大容量のRAMに一度受信したものを蓄えて本体に展開するということになるのではないかと思います。本体に保存するにも高速通信過ぎて本体の内蔵ストレージに保存することは難しいのでしょう。そのためデータをダウンロードする時にRAMに一時的に保存することにより、スムーズな処理が可能になるのかと思います。

大容量のRAMの搭載といっても実際には通信を快適に行うためのRAMという意識のほうが高いと思います。

RAMは現行のXPERIA 1よりも大容量になることは間違いないと思います。

XPERIA 1よりも大画面になる可能性が高い

XPERIA 1よりも大画面になる可能性が高いと思います。

XPERIA 1は6.5インチとなっておりますが、6.7インチ程度まで画面サイズをあげてくるような気がします。

0.2インチかもしれませんが、0.2インチアップというのはかなりのものかと思います。

ただし本体サイズは縦に長くなるわけではなく横に長くなるような気がします。

現在縦横比率が21:9という他社では類を見ない縦長のスマホがXPERIA 1となります。縦長のスマホというのはおそらく高評価を得るのではないかと思います。

まず他社の類を見ないということもあると思いますが、それ以上に縦長の画面時のスクロールの数が少なくてすむのではないでしょうか。

どういうことかといえば、縦長にすることにより、1つの画面に入る情報量が増えるということです。

スマホを横にして持っている時より縦にして持っている時のほうが明らかに多いですよね。

それは縦長に見る情報量が多いほうがいいということにもなります。

動画などを見る時は実際には21:9というのは見づらいわけです。端っこの部分は動画が来ませんからね。たいての動画は16:9などの画面比率となっています。16:9の画面比率の場合残念ながらXPERIA 1では5つ分空きが出てしまうわけです。

しかしながら動画を見ている時間よりも縦にしてスクロールしている時のほうが長い人のほうが多いでしょう。

そういうこともあり、縦長の人気というのはかなり出るものと思われます。

しかしながらあまりにも縦長なため、動画などを見る時のバランスが悪いということで、21:10程度に落ち着くのではないかと思います。そうすることで、画面比率が変更になり、画面サイズが若干大きくなるかと思います。

カメラの進化は少ない?

カメラに関しての進化はそこまで大きくはないかと思います。カメラは2020年でも3つのカメラいわゆるトリプルレンズのままかと思います。

トリプルレンズでも十分綺麗な写真や動画を撮ることができるということを2019年の間に実証していくでしょう。

XPERIA 1が発売されるといろいろなレビューサイトにXPERIA 1の情報が掲載されると思われます。

その時にXPERIA 1のカメラで十分なんじゃないの?と思う人もかなり大勢出てくると思われます。

そうなるとXPERIA 2で搭載されるカメラというのは結果的に4つでもなく3つで落ち着くと思われます。

仮に4つになった場合はToFカメラと呼ばれるものが搭載される可能性があります。

ToFカメラというのはP30 PROと呼ばれるHuaweiの最新機種では搭載されました。XPERIA 1でも発売前にはToFカメラが搭載される可能性があるとも報じられておりました。

奥行きを測定するカメラということになります。奥行きを測定するカメラということで、かなりきれいな動画を撮影することが可能になるカメラです。ソニーのToFカメラというのは非常に定評もあり、期待していた人も多かったはずです。

2019年ではToFカメラの搭載がありませんでしたが、2020年では期待はしたいところですが、おそらく今のままのトリプルカメラでいくのではないでしょうか。

2020年 春モデルとして登場の可能性

2020年 春モデルとして登場の可能性があります。 Xperia 1が発売され、恐らく1年に1度のタイミングでフラッグシップモデルが発売されるものと思われます。

2020年春モデルの発売であれば、Xperia 1の発売からちょうど1年後の発売になると思われます。

Samsungやアップルなど海外のメーカーは1年に1度のフラッグシップモデルの発売しかありません。

Xperiaシリーズというのは、今後は春モデルに1度だけフラッグシップモデルの販売を行うのではないかと思います。

そのため2019年の冬モデルとして登場するモデルというのは、Xperia 1の後継モデルではなく、それこそXperia 1sと呼ばれるような別機種になるかと思います。

2020年にはいると上記でも述べたように5Gが当たり前になってきます。5G通信が出来るという新しいスマートフォンがかなりたくさん販売されるようになるかと思います。

その波にXperia 2も乗っていきたいところですね。Xperiaシリーズというのは、日本ではiPhoneについで人気の機種となっており、期待値もかなり高いです。

GalaxyシリーズとXperiaシリーズはよく比較されますが、Xperiaシリーズというのは、スタートダッシュこそイマイチですが、販売後数ヶ月に渡りそれなりに販売され続けるモデルとなっています。

今後1年はXperiaシリーズの最新モデルの販売がないとなると、それなりに長期間販売し続けるモデルとなるわけです。

SnapDragon855Plusに期待

SnapDragon855Plusと呼ばれるCPUがすでに販売開始しています。

SnapDragon855のGPUのレベルが上がっているモデルとなります。

SnapDragon855は非常に高性能なCPUとなっており、すでにかなりのフラッグシップモデルに搭載されています。

2019年モデルの下期に発売されるのであれば、SnapDragon855Plusの採用には期待したいと思います。

Xperia 1よりもSnapDragon855Plusが搭載されると高性能モデルとなります。

そういう意味ではかなり期待できるモデルになるのかもしれません。

2020年モデルではSnapdragon865に

2020年モデルではSnapdragon865と呼ばれるCPUとなります。Snapdragon865と呼ばれるCPUは2019年11月もしくは12月に発表されるといわれており、Qualcommというメーカーが提供してくれます。

世界で初めて搭載される機種はGalaxy S11になる予定です。

Snapdragon865と呼ばれるCPUを持つ機種というのは、それだけで5Gに対応しているということなので、高速通信を楽しむことができるでしょうね。

高速通信を楽しむことができるというだけで、かなりテンションも上がるかと思います。

2020年の春から日本でも5Gが正式に出てきます。5G通信になるというだけで、部材コストもあがり、価格も上昇傾向になることは間違いないかと思います。それはそれで非常に残念なことですよね。とはいうもののSnapdragon865というのは、最新のCPUのため搭載しないわけにはいきません。基本的にはハイスペックモデルには搭載されるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック