XPERIA 5 エクスペリア5 スペック カメラ 発売日 ドコモ au ソフトバンク

Xperia 2の情報も徐々に出てきております。Xperia 2は2019年の冬モデルに発売される可能性のある情報と2020年春モデルに発売される情報の2つがありますが、Xperia 1の後継モデルという位置づけである場合と、Xperia 1の後継でありながら派生系のモデルという見方もあるモデルです。

2019年の間はハイスペックモデルに搭載されるスマホに搭載されるCPUは変更なくSnapDragon855と呼ばれるものです。そのため、ベースの動作速度などは変わりません。

XPERIA 2のスペックですが、XPERIA 1の後継モデルということもあり期待している人も多いかと思いますが、すでに今の時点で上がってきている情報というのは、残念ながらスペック的にはそこまで高いスペックの情報としては上がってきておりません。

残念ながらそこまでスペックは高くはないかと思います。

 

XPERIA 5の予約はオンラインショップが便利でお得

XPERIA 5の予約はオンラインショップが便利で魅力的です。オンラインショップから事前予約をすることで、予約特典を受けることが出来ます。

せっかく購入するのであれば、予約特典を受けたほうがよくないですか?

こちらは、ドコモオンラインショップとなっております。

ドコモオンラインショップからの購入で事務手数料が無料となっております。

新規、MNP、機種変更のすべての契約で事務手数料が無料となっておりますので、ドコモオンラインショップの購入は非常にメリットがあるかと思います。

各社のオンラインショップから購入することで、自宅まで送料無料で送ってくれるため、最近かなりの人がこちらを利用して購入しています。

わざわざ店舗に行く必要もないので、メリットはかなりあるかと思いますね。

最近はネットから予約をすることで予約特典を受け取ることも出来ますので、予約特典を受け取るためにネットから購入する人もかなり多いですね。

XPERIA 5のスペックがリーク?

XPERIA 5のスペックがリークしたという情報が出てきました。

実際にはMWC2019の直後に出ている情報となっておりますので、真意のほどはどの程度か気になるところではありますが・・・

それでもXPERIAシリーズは日本では非常に人気のあるモデルとなっており、XPERIAに対してかなり期待している人も多いと思います。

現在出ているスペックを紹介したいと思います。

まずはCPUからですが、CPUはSnapDragon865が搭載される見込みです。これは2019年に発売されるモデルとしてはSnapDragon855が一番いいスペックになるので、当然かもしれません。

そして画面サイズに関しては6.2インチになるかもしれないと言われております。

XPERIA 1の画面サイズが6.5インチと言われており、それより小さい画面サイズになる可能性があるということです。

XPERIA 1の後継モデルということもあり、期待している人も多いはずです。

XPERIA 1含めた最新のXPERIAというのは1年に2度日本国内では発売されます。

XPERIA 2というのは、2019年冬モデルとして登場する可能性が高いスマホとなっており、決してXPERIA 1と比較したときにそれよりも勝っている必要はありません。

それでも若干残念な感じはしますね。

続いて画面の解像度ですが、こちらは2880×1234となります。

こちらの画面解像度もXPERIA 1と比較すると若干落ちてしまうというちょっと残念な感じですね。

XPERIA 1では4K解像度でしたが、普通の2K解像度になってしまうということです。

これはXPERIA XZ3とほぼ同じ画面の解像度となってしまいます。

画面の解像度が少なくなるということは、ちょっと残念な感じかもしれませんが、実際に目で確認できる画面の解像度としては十分だと思います。

続いてRAMの容量ですが、こちらは6GBと予想されております。

6GBというとこれまたXPERIA 1と同じ画面のRAMの容量ということになります。

ROMは128GBです。こちらもXPERIA 1と同じですね。

カメラは背面トリプルカメラが搭載される予定になっており、カメラの画素数などは今の時点では不明です。

昨今XPERIAシリーズではカメラの画素数はそこまで変化させることがないと思われますので、半年後なら同じ画素数のままになる可能性は十分ありえますね。

カメラの画素数は今後1億になるとも言われておりますが、XPERIA 1ではカメラの画素数を1200万画素まで落としてきました。

スマホ カメラ 1億画素 超えに 2019年 後半には到達の見込み SoC側は既に対応済
スマートフォンの画素数というものを気にして購入する人も結構多いと思います。 スマートフォンのカメラの画素数というのはスペック表にも掲載されており、画素数が高いほうがなんとなくいい感じしますからね。 2019年以上は1億画素が主流...

こちら上記のリンク先がカメラ1億画素に関して触れている記事となっております。

1億画素のスマホは2019年にも発売される予定となっておりますが、XPERIAシリーズやiPhone、GALAXYシリーズなどの世界的に売れているモデルでは1億画素とは程遠い画素数となっております。

1億画素のカメラがいいかどうかは別にして、画素数といういわゆるスペック上掲載することが多いものに関して飛びつく人も結構いる為、カメラの画素数が据え置きになるということは若干残念な感じもしますね。

基本的にはXPERIA 1の後継モデルということですが、トータル的なスペックというのは上がるというよりも現状維持もしくは、劣る部分もあるという印象ですね。

XPERIA 1はフラッグシップモデルとして1年は販売し続けるものと思われます。

今後ソニーも1年に2度のフラッグシップモデルの販売はかなり厳しいかと思います。フラッグシップモデルの開発はそれだけコストもかかるわけです。

今後はコストも抑えての開発になるかと思います。

モデル名XPERIA 5
寸法158 x 68.3 x 8.3 mm
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ6.1インチ
解像度2880×1234
ディスプレイLCD
プロセッサSnapDragon855
RAM8GB
内蔵ストレージ64GB
microSDあり
前面カメラ1630万画素 F値2.0
背面カメラ1220万画素(静止画用)F値1.7+2010万画素(動画用)F値2.4
WiFi802.11 a, b, g, n, ac
BluetoothV5.0
Payment未定
カラーバリエーション未定
バッテリー容量3000mAh
認証センサー指紋認証
LTE非公開
センサー類不明
その他不明

ベースのスペックとしては、XPERIA 1とほぼ同じスペックとなっておりますが、画面サイズなどが異なります。

画面サイズなどは若干小さくなり、画面解像度に関しても若干ながら下がる可能性が高いと思います。

画面解像度がXperia 1と比較して、下がる可能性があったとしても、画面が小さくなるため、ほぼ問題ないと思います。

画面が小さくなることで、解像度が落ちたとしても十分キレイに見えるのです。画面サイズが大きければ解像度も高いほうがいいのですが、小さい画面になるとその分気にならなくなりますからね。

XPERIA 2にイヤフォンジャックはなし

XPERIA 2にイヤフォンジャックはなさそうです。

最近のスマホのトレンドとして、イヤフォンジャックがないスマホというものは非常に増えてきました。

その理由というのは、防水性能の向上を狙えるということや、3.5φのイヤフォンジャックが足かせになり、どうしても薄型にすることが難しくなるということがその理由のようです。

イヤフォンジャックがあるとどうしてもその部分というのは、構造上難しくなりますが、イヤフォンジャックがない場合だと、かなりその構造は単純になります。またイヤフォンジャック部分の防水性能をそれなりに担保するということもないのとあるのとでは、どうしても異なります。

トータル的に考えて、イヤフォンジャックがないということは、今後普通のスマホになっていくでしょう。

ある意味廉価版のスマホではイヤフォンジャックが搭載されることが普通だと思いますが、ハイスペックモデルに関しては、どんどんイヤフォンジャックがなくなっていくと思います。

まさにAirPodsやGALAXY BUDSのようなガジェットもどんどん発売されており、今後間違いなくなくなっていくでしょうね。

ハイエンドモデルを利用する人は、このようなBluetooth対応のイヤフォンをする傾向もあるかと思いますので、構わないかと思います。

今後もハイエンドモデルではイヤフォンジャックというのは、なくなっていくと思われます。

イヤフォンジャックがなくなるということでのメリットというのは、ユーザー側にはあまりないかと思います。

しかしながら、イヤフォンジャックをなくすということで、やはり不満に思うユーザーは多くなるでしょうね。それでも最近の流れがイヤフォン廃止という流れなので、ある意味仕方ないかもしれません。

XPERIA 5のケースが流出

XPERIA 5のケースが流出しております。

画像出典元:techweb

見た目はXPERIA 1のような縦長ではなく、現行のXPERIA ACEのような見た目になります。縦長ではなくなった分、ポケットに入れても問題ないような気がしますね。

これなら持ちやすそうな感じもしますので、問題ないかと思います。

縦型ボディはそのまま採用

縦型ボディはそのまま採用される予定です。21:9という大きさとなりますが、その大きさというのは、縦長のゲームを行う人にとってはかなりいい大きさになるのではないかと思います。

基本的には縦長のボディを採用するスマホというのは非常に少ないわけで、XPERIA 1でも異論が出ているケースもあるようです。

縦長ボディは個人的には面白くていいかと思います。

基本的にスマホというのは縦長で楽しむものです。そのため縦長で楽しむということは、21の領域のある縦の領域をおもいっきり楽しむということはありなのではないかと思います。

今後21:9のような縦長のボディのモデルが発売してほしいという声もかなり出てくるように感じますね。

それだけ今回発売されるXPERIA 1には期待している声も大きいかと思います。

それをXPERIA 5ではうまく引き込んで欲しいところですね。縦型ボディは他の機種と比較してもかなり縦型です。

こちら2019年夏モデルの動画となっておりますが、どうですか?

見ていただいたらわかるかと思いますが、XPERIA 1だけがかなり大きく突出していることがわかるかと思います。

XPERIA 1の後継モデルということで、相当大きくなるのでしょうか。

それがやはり気になると思います。

XPERIA 1は6.5インチですが、かなり縦長となっており、胸ポケットに入るレベルではありません。

カバンの中に入れておくレベルのスマホとなっております。それくらい大画面のスマホとなっており、正直なところ驚きのレベルにまで大画面になっているのです。

それこそウルトラを彷彿させるくらいの大きさです。かなり驚きなわけですが、その大きさを継承するのでしょうかね。

直近の情報では小型化されるようですね。6.1インチ程度になるとも言われております。そのレベルくらいであれば、コンパクトモデルというわけではなさそうです。

コンパクトモデルではありませんが、結構小型化されるということで、嬉しい人も多いのではないかと思います。

最近は大型化傾向にありますが、人気はコンパクトモデルの人気がすごいですからね。

動画で紹介

こちらXperia 5を動画で紹介しておきます。Xperia 1の後継モデルということではありますが、実際のところスペックはほぼそのまま流用されるのではないかと思います。

2019年時点で発売される機種では最高レベルのCPUが搭載されているのです。最高レベルのCPUのというのは、今のところSnapDragon855ということになります。

そのためXperia 2でもSnapDragon855が搭載されます。SnapDragon855と呼ばれるCPUというのは、非常に高速に動作するので、Galaxy S10などのフラッグシップモデルでも採用されています。

また今回Xperia 2という名称になるかどうかは、今のところ不明点も多いです。

ひょっとするとXperia 1 Compact、Xperia 2 Compactという名称になる可能性も十分にありえるのです。

現行のXperia 1よりも大きさが小さくなるため、Compactという名称になる可能性が高いわけですが、小さくなれば、欲しいと思う人も多いのではないかと思います。

Xperia 1は本当に大きな機種です。他社の機種と比較しても画面サイズ含めた本体サイズもかなり大きいのです。それならやはりコンパクトサイズのほうが確実にいいでしょうね。

そのほうが、女性でも持ちやすい大きさとなります。スペックなどにそこまでこだわらない女性は、非常に多くいます。それこそ見た目だけで購入しようと思う女性というのは、かなり多くいます。そういう人たちを取り込むためには、大きさだけが全てではないかと思いますね。大画面モデルの人気もある程度まで行けば持ちにくくなるという部分を抱えています。そういうところは、メーカーも汲み取る必要がありますね。

ドコモ、au、ソフトバンクから発売?

XPERIAシリーズというのは日本ではドコモ、au、ソフトバンクから発売される予定です。

ドコモ、au、ソフトバンクの2019年冬モデルとして登場する可能性が非常に高いですね。

冬モデルとして登場するということは、発表は2019年10月ごろになると思われます。

通常夏モデルが5月で冬モデルが10月ごろの発表ということになります。

XPERIAシリーズは期待されるモデルなだけに早く発表を待ちたいところですね。

3社から発売してもらいたいのはやまやまですが、ソフトバンクからは発売されないような気がします。Xperia 2の発売はおそらく2019年10月ごろになると思われますが、その時は新型iPhoneの発売も近いことから、発売されないのではないかと思います。

iPhoneの発売に注力したいというソフトバンクも思いもあるかと思いますので、2020年モデルのXperiaまで発売を見送る可能性も十分にありえるかと思いますが・・・そのあたりはどうでしょうかね。

販売台数でいけばXperia 1の販売台数のほうが明らかに少ないですからね。iPhoneに注力するということが、自然な流れかと思います。

2019年冬モデルで登場は間違いなし

2019面の冬モデルとして登場することは間違いないかと思います。

2019年の冬モデルでは、XPERIA 2の発売がかなり楽しみですね。

XPERIA 1の後継モデルということで、今から期待値がかなり高いかと思いますが、画面サイズに関してはXPERIA 1よりも0.3インチ小さくなる可能性が高いです。すでに6インチを超えており、画面サイズを気にするようなレベルではないかもしれませんが、XPERIA 1というのは、かなり洗練されたモデルとなっておりますので、それの後継モデルということで、期待している人は多いかと思いますね。

複数のカメラを搭載するモデルになる可能性が高い

こちらに紹介している画像を見てもらいたいのですが、6つのカメラが背面の画像となります。背面に6つのカメラが搭載され、カメラの性能は以下の通りです。

[box class=”glay_box” title=”次期XPERIAのカメラ性能
Rear:
20MP F2.4 16MM
48MP F1.2/2.4 26MM
16MP F2.4 52MM
8MP F2.4 135MM
12MP F1.2/2.4 26MM
0.5MP ToF

Front:
10MP
0.3MP[/box]

こちらがカメラ性能となりますが、かなり期待出来るカメラの性能かと思います。

F値が1.2という非常に暗い場所でもかなり明るい写真を撮影することが出来るようになるかと思います。

このカメラが搭載されるモデルが発売されるとかなりきれいな撮影が出来るのではないかと思いますね。

このカメラを搭載するモデルが発売されるのは、2020年になるのではないかと思います。今のところいろいろな情報が出ておりますが、現実問題として、XPERIA 1の半年後に6つのカメラを搭載したモデルを発売するということは考えにくいです。

6つのカメラを搭載するモデルというのは、2020年に発売されるのであれば、まだ現実味もありますが、2019年の時点ではXperia 1の併売のことを考えると、2019年の段階では6つのカメラを搭載するということは、なさそうです。

2020年になれば、5Gなどまた新しい新技術を取り入れる必要もあり、カメラの開発にそこまでの注力が出来るのかという問題点もありますが、5Gと呼ばれる通信規格に対応する難しさのほうが重要視されるような気がします。

やはり5Gと呼ばれる通信規格でXperiaシリーズの失敗は許されないことかと思います。2020年の春の時点ではまだ敷設している箇所も少なく、4Gと5Gの自動切り替え機能などを採用すると思われます。そのためその自動切り替えなどがうまく働かないとなると、当然ながら不具合扱いされるわけです。

現行であれば、4Gと3Gへ切り替えが行われるものです。田舎などに行くと3G回線になって4G回線での通信が出来ないというケースもあるかと思います。そのあたりの自動切り替えなどの機能を実現させることもかなり難しいのではないかと思います。

2019年8月の最新情報では6つのカメラを持つモデルの販売はありません。

仮に発売されるとするなら、2020年以降のモデルになると思われます。最近どんどんスマホにカメラの搭載が増えております。スマホに複数のカメラが搭載されるメリットというのは、いいことかと思います。

動画でXPERIA 2を紹介

先程はXPERIA 2がひょっとすると6つのカメラが搭載されるかもしれないという情報を掲載しましたが、XPERIA 2の発売日が2019年だった場合は6つのカメラを搭載するモデルの発売は行われません。

6つのカメラが搭載するモデルというのは2020年以降になるかと思います。

その理由ですが、さすがにXPERIA 1が現行で販売している状態で6つのカメラのモデルがあれば、そちらの購入をしてしまいますよね。

XPERIA 1が一気に前の世代のモデルとして認識されることになり、取扱が難しくなるということにもなりかねません。

そういうことをトータル的に考えるとやはり6つのカメラが搭載されるモデルというのは、もう少しあとになるかと思います。

現行のXperia 1とXperia 2とかなり悩む人もいるのではないかと思います。やはり本体サイズとして、大画面モデルというのもいいのですが、持ちやすさという点ではXperia 2ではないかと思います。持ちやすい機種というのは、使い勝手もいいわけです。いわゆる片手操作が可能となります。それだけでもいいのではないかと思いますね。

2019年に発売されるのはXPERIA 1sかXPERIA 2か

XPERIA 1の後継モデルの話題はかなり出ておりますが、XPERIA 1の後継モデルというのは、XPERIA 1sともXPERIA 2とも言われており、今のところ名称に関しては不明点がまだまだ多いですね。

最新の情報ではXperia 1Vという名称になるかもしれないという情報も出ており、Xperia 1Vという名称になると今までXperiaシリーズではなかったような名称ルールとなります。

Xperiaシリーズというのは、今後は1年に1度のフラッグシップモデルの発売と、半年に1度マイナーチェンジモデルになる可能性もあります。

マイナーチェンジモデルという位置づけがXperia 1Sという名称になると思われます。

6つのカメラを搭載するというのは、2020年以降に発売されるモデルではないかと思います。

カメラを6つ搭載するだけなら技術的にはそこまで難しくはないかと思いますが、6つのカメラを合成したり、6つのカメラをそれぞれ独立した働きをさせたりということをすることは、やはりかなり難しいことかと思います。

そういった次世代の技術を採用するのは、2020年以降になるでしょう。

ToFカメラ搭載という期待

ToFカメラが搭載されるという期待があります。

3つのカメラを搭載する場合ならXperia 1と同様に、超広角、広角、望遠の3つのカメラです。しかしながらToFが搭載されるのであれば、6つのカメラが搭載される可能性が非常に高いわけです。噂レベルですが、6つのカメラが搭載される可能性がゼロではないとお伝えしました。

6つのカメラが搭載されることにより、かなりの人がカメラに対して興味を示すでしょう。現状では日本国内で販売されているモデルでカメラが多いもので、4つのモデルがありますが、P30 Proと呼ばれるモデルでは、ToFカメラが搭載されており、4つのカメラとなっています。

そのためカメラ性能に関しては、ある意味最上位モデルとして位置づけされているレベルです。昨今ToFという言葉を聞く人も増えてきたかと思いますが、XperiaシリーズにもToFカメラの搭載は期待したいですね。

4つ以上のカメラを搭載するモデルならToFが搭載されても間違いないかと思います。

やはりそのあたりはカメラの数ですよね・・・カメラの数という意味では3つをそのまま継続というのはちょっと悲しいですけどね・・・

ToFが搭載されると、3Dに対して非常に強くなります。

そのためひょっとするとARなどにかなり力を入れてくるかもしれません。ソニーはプレーステーションなどでVRなどにかなり力を入れているわけですが、ARに関してはそこまで力を入れているわけではないような気がします。

AR技術というのは、今後間違いなく伸びていく技術かと思います。

VRとARですが、この中でもARと呼ばれる技術というのは、ポケモンなどでも出てきました。ポケモンはAR技術をかなり利用しておりますが、今後ARというもののほうが伸びていくような気がします。ToFを利用することで奥行きがわかるということが、かなりこのARを伸ばしていくと思いますね。

残念ながらToFの搭載はXperia 2ではありません。2020年に発売されるモデルなら可能性はあります。

Xperia 2はCompactという位置付けに?

Xperia 2はCompactという位置づけになる可能性が非常に高いことがわかりました。Xperia 2 Compactという名称になる可能性も出てきているようです。

現在Compactモデルというのは、Xperia XZ2 Compactというモデルが最新モデルとして販売しておりますが、それの後継と見るべきか、もしくはXperia 1の後継と見るべきか・・・ということですが、どちらにしろCompactモデルが発売されてからすでに1年ほど経過しており、2019年冬モデルにCompactモデルが発売されるということは、普通に考えてもありえる状況です。

Compactモデルというとイメージとしては、廉価版というイメージを持つ人も多いと思いますが、実際にはそんなことはなさそうです。

Xperia 2 Compactとして発売されるモデルとしては、そんなことはないかと思います。

ハイエンドモデルの一つとして発売される予定となっております。まさにXperia 1の後継モデルとして思っておけばいいのではないでしょうか。スペックなどは基本的に継承しながらも、画面サイズだけが小さくなると思われます。

Xperia 1ではかなり縦長だった印象ですが、そこまでの縦長になるというわけではなさそうです。Xperia 1を初めて見た時のあの縦長は本当にびっくりしました。

Galaxy S10なども今回の夏モデルで発売されておりますが、正直なところそのレベルではありません。相当な縦長になっているのです。

縦長の機種を好む人というのは、正直なところそこまで多くないでしょう。その理由というのはやはりポケットに入りにくいからです。ポケットに入りにくいということもあり、そこまで縦長の機種というのは、好まれないと思います。次に発売されるXperia 2 Compactというモデルはそこまで画面サイズが大きくないことから、普通の人でも十分利用することが出来るかと思います。

普通の人でも全く問題なく利用することが出来る大きさになるかと思いますので、女性、男性問わずに購入しても問題ないかと思いますね。それくらいいいモデルになっている可能性が非常に高いと思います。

Compactモデルというのは、特に女性を中心に人気のモデルとなっています。iPhone8が売れたようにXPERIAシリーズの中でも大画面モデルだけが売れるというわけではありません。手の小さい人に向けてのスマホも非常に人気が高いわけです。

今後もCompactモデルを待っている人も多くいるかと思います。まさにXPERIA 2というのは、そのような人に向けてのスマホであってもらいたいですね。

XPERIA 2では動物の瞳AF

XPERIA 2では動物の瞳AFが採用されるかもしれません。瞳AFという機能はXPERIA 1で搭載された機能の一つとなっています。

瞳AFというのは、人間の瞳を追随して撮影してくれるというものです。

非常に便利な機能の一つです。カメラを利用するときに人物を撮ることは結構あるかと思いますが、ペットを飼っている人にとってはこの機能というのはかなりありがたいかと思います。

ペットの瞳をきっちりと捉えるような機能というのは、今までのスマホにはなかったのではないかと思います。

ペットを飼っている人にとってはかなりありがたい機能です。

この機能というのは、α7 IIIに搭載されている機能となります。ソフトウェア・アップデートにて対応される機能となっています。

またこの動物瞳AFというのは、XPERIA 1でもソフトウェアアップデートにより対応される予定となっています。XPERIA 1でも対応されるのであれば、安心ですね。

XPERIA 2に新色が登場 ワインレッド

XPERIA 2に新色が登場する予定のようです。

XPERIA 2 カラバリがリーク 新色も登場 Snapdragon855のコンパクトモデル
XPERIA 2のカラバリがリークしています。いわゆるワインレッドとなっており、かなりきれいな色となっています。 今回XPERIA 2に期待している人はかなり多いと思います。 販売は各社オンラインショップから ...

こちら詳細に記載しているページとなっています。新色登場のニュースは嬉しいですね。今回はワインレッドという配色となり、特に女性からの支持を受けそうな色使いのモデルとなっています。スマホを販売するにあたって、いかに女性の顧客を取り込むのかというところもメーカー側の課題になっていると思います。

配色に関してはキャリアと決めることもあるかと思いますが、やはり女性にいかに使ってもらうのか?というところも重要となります。正直なところ女性でハイスペックモデルを使いこなしているという印象はあまりないかと思います。普通にアプリを使いこなすことができても、それはハイスペックモデルでなくても問題ないわけです。

そういうことからこの手のハイスペックモデルの販売を女性にも行いたいというキャリアの思惑もあるかと思いますね。

画面埋め込み指紋センサーが登場

ついにXPERIAでも画面の埋め込み指紋センサーが登場します。画面の埋め込み指紋センサーというのは、いくつかのモデルですでに登場していますが、XPERIAが搭載すると初ということになります。

画面埋め込み指紋センサーが搭載されると、かなりオススメ機種になることは間違いないと思います。

指紋センサーはやはり前面の下段にあると便利ですからね。

前面の下段に指紋センサーがあるとロック解除も非常に楽に行えるようになります。昔は画面の下にロック解除をする指紋センサーがあることがiPhoneを含めてかなり多くの機種で採用していましたが、画面が大画面化することにより、背面や側面に移動していました。

画面埋め込み指紋センサーというのは、本当に便利なセンサーだと思います。

指紋認証は今までの側面から前面に変わり、XPERIAシリーズを継続して利用していた人もひょっとするとなれる必要があるかもしれませんが、多分すぐに慣れるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました