スマホのスペックの読み方 意味がわからない センサー類は何? どういう意味なの?

スマホのスペックにセンサー類などの掲載があることをよく見ます。

スマホのスペックに掲載のあるセンサー類の意味ってあまりよくわかりませんよね・・・

センサー類はどういう意味なのでしょうか?よくあるセンサーに関して掲載していきたいと思います。

特に最近は海外から輸入されるスマホも多くあり、英語での記載のものも多くあるかと思います。

そういうものも含めて見ていきたいと思います。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

スペック表の読み方

スペック表もわからない人も結構多いと思います。

低価格スマホと 高価スマホ 違い 比較 スペック表はどう見る? 見てもわからない?
低価格スマホで大丈夫かな?どこのメーカーなんだろう?と思って不安に感じる人も非常に多いと思います。 低価格スマホというのは、通常であれば、2万円前後の価格帯のものだと思います。 方やキャリアから発売されているモデルに関しては7万...

スペック表はこちらに詳しく掲載されておりますので、こちらをご確認いただければと思います。

スペック表というのは、スペックを見るためには必要なものです。基本的に数字が大きいほうが

センサー類の名称

✔照度センサー(環境光センサー) Ambient Light Sensor
✔指紋センサー Fingerprint Sensor
✔ジャイロスコープ Gyroscope
✔加速度センサー Accelerometer
✔コンパス Compass
✔近接センサー Proximity Sensor
✔重力センサー Gravity Sensor
✔磁気センサー Hall Sensor
✔レーザーセンサー Laser Sensor
✔色温度センサー Colour Temperature Sensor
✔環境光センサー Ambient light sensor

このようなセンサー類の掲載が結構多いかと思います。

スマホにはいろいろなセンサーが搭載されておりますが、どのセンサーがどのような意味なのでしょうか?

よくわからない人も多いと思います。それではどのようなセンサーなのかお伝えしたいと思います。

照度センサー Ambient Light Sensor

周囲の明るさに反応して、画面が明るくなったり暗くなったりを制御する為のセンサーです。

このセンサーがないと暗い場所でも明るい画面表示になっていたり、日中の外出先でもかなり暗い画面のままになっていたりします。

普段あまり意識しない人も多いと思いますが、このセンサーはそういう意味では非常に重要なセンサーです。

画面表示の時に画面明るさを自動にしていると基本的に反応してくれます。

照度センサーはないとかなり困るセンサーと思っておいて間違いないと思います。

スマホだけではなく、照明などについているケースも多くあり、暗くなれば自動で照明が点灯するなんて機能もそういった機能の一つです。

指紋センサー Fingerprint Sensor

指紋センサーと呼ばれるものは、指紋でロック解除を行えるセンサーです。

指紋センサーというのは一般的なAndroidスマホならついているかと思います。

最近では画面に埋め込まれた指紋センサーというものもあり、以前と比べるとかなりいいものがたくさん出てきました。

指紋センサーの応答速度もかなり早いことからロックを解除するする上では必需品となっているかと思います。

パスワードによるロック解除よりも段違いに便利ですね。

安価なモデルでは背面や前面にロック解除があるかと思いますが、2019年以降高額モデルでは画面内蔵が主流になっていくかと思います。

最近では画面埋め込み型の指紋センサーなども出てきております。
センサー類があるからこそ指紋でロックを解除することが可能となっているのです。

✔指紋センサーはたいていのAndroidスマホには搭載
✔ものによっては画面への埋め込みのものも搭載

画面埋め込み型は本当に便利です。画面埋め込み型のものを利用すれば、間違いなく売れるでしょう。日本では主にOPPOのスマホがそういうものを採用しています。
今後は画面埋め込み型のものが非常に増えてくると思われます。

ジャイロスコープ Gyroscope

物体の角度(姿勢)や角速度あるいは角加速度を検出する計測器ないし装置となっており、端末が現在どの方向を向いているのか検知するセンサーです。

このジャイロスコープがあると、端末を横にした時に画面が横になりますよね。

そのような端末の位置を見ることで、変化させることが可能となっております。

ジャイロスコープが端末に搭載されていない時代というのは、画面の縦横を変化させるためにわざわざ自分で縦横を変化させる必要がありました。

現在購入するスマホにはジャイロスコープというものはほぼ必ず入っていますので、そこまで心配する必要はありませんが、やはりこのジャイロスコープがないと本当に不便だと思います。

加速度センサー Accelerometer

物体の加速度を計測する機器のことです。加速度センサーを用いることで、マップアプリなどが役に立つことが多いと思いますね。

加速度センサーがないと端末がどの方向にどれだけの速度で進んでいるのかわかりません。

加速度センサーというのは、非常に便利ですね。

カーナビなどにもこの加速度センサーというものが入っており、自分の速度を検知することが可能なのです。

加速度センサーに関しても搭載されていないスマホはないのではないかというくらいに入っているセンサーです。

自動運転技術などにもこの加速度センサーが使われるということで、物体の速度を自分自身で把握できるという非常に優れたセンサーの一つです。

この加速度センサーというのは、モーションセンサーと呼ばれることもあります。

コンパス Compass

方位磁石となっており、今端末がどの方向を向いているのかを知ることができます。

この方位磁石を利用することで、自分の向いている方向がわかるということで、マップアプリなどでは活用することが可能です。

先程の加速度センサーなどと組み合わせることで、物体がどの方向にどの速度で進んでいるのかということがわかるわけです。

GPSと組み合わせることにより、位置情報を把握し、加速度センサーで速度を把握し、方向もわかり地図を活用する上では、本当に必要なセンサーの一つです。

コンパスもたいていのスマホに搭載されているセンサーの一つですね。

iPhoneでは代表的なアプリとしてコンパスアプリが入っています。

磁気センサー Hall Sensor

磁気の大きさやその向きを計測するセンサーのことです。

センサーの名称としては磁気センサーといったり、コンパスといったりするようですね。

実態は同じものなので、磁気センサーが入っているということは、コンパスも入っていると思っておけばいいと思います。

このコンパスがあると、方位を示すことが可能となりますので、迷子になりにくいでしょう。マップアプリなどでもこのようなものが活用されているのではないかと思います。
マップアプリというのは、本当に今はないと不便で仕方ありません。このようなセンサー類が確実に豊かにしてくれていることはいうまでもありません。

マップアプリを活用して、外出する人もかなり多くいるのではないでしょうか。

近接センサー Proximity Sensor

非接触で検出物体が近づいたことを検出する装置です。この近接センサーがあるとどういう効果があるのかということですが、スマホで電話をする時に耳を近づけますよね。

その時に画面がずっと点灯していると誤操作の原因ともなります。

誤操作の原因を防ぐためにこのセンサーがあるとスマホを消灯してくれるのです。

とはいうもののセンサーが常にONの状態だと指を近づけただけで、反応してしまうため、ある特定のアプリの時だけセンサーがONになるような制御も入っているかと思います。

通常一番多いのは電話でしょうね。電話をする時は基本的にONになっていると思います。

重力センサー Gravity Sensor

重力センサーというものは同様の機能を持った加速度センサーからの情報をもとに重力を計測することが可能となります。

重力センサーというのは加速度センサーの3軸、x,y,zを組み合わせることで、重力センサーとなります。

この重力センサーというのは、最新のゲーム機などにも搭載されており、本体がどういう状況なのかということも計測することが可能となっております。

ベースは加速度センサーが3軸に計測できるようになったものが重力センサーというようですね。

レーザーセンサー Laser Sensor

このレーザーセンサーというのは、カメラの一部のセンサーとして搭載されていることが多いセンサーとなります。

このレーザーセンサーがあると、レーザーを照射することにより、その位置の距離などを計測することが可能となります。

XPERIAシリーズでレーザーオートフォーカスというものが採用されていたことがありましたが、そのような時にこのレーザーセンサーというものが役に立ちます。

色温度センサー Colour Temperature Sensor

こちら下部で説明している環境光センサーと組み合わせて利用することが多いのですが、RBGセンサーとも言われます。

こちらのセンサーは明るさなどに応じて、色を検知することができるセンサーです。

周囲の色に応じてディスプレイの色を変化させることも可能なセンサーとなっており、わざわざ自分で周りの状況を考えながらディスプレイの見た目を変化させる必要はありません。

色温度センサーがあれば、かなり便利であることは間違いありません。

周りに応じて暖色系にしたり寒色系にしたりとディスプレイが変化するものがあるかと思いますが、それはこのセンサーを利用していたりします。

環境光センサー Ambient light sensor

このセンサーは今の明るさを把握して、画面を明るくしたり暗くしたりするセンサーのことです。

ディスプレイの照度を自動にするとこのセンサーが働きます。

周りが暗い場所では暗くなり、明るい場所では端末のディスプレイも明るくなります。

自分でディスプレイの明るさを変更することなく自動で行ってくれるため非常に便利なセンサーとなっております。

このセンサーに関してもたいていのスマホに搭載されているセンサーの一つとなっております。

スマホはセンサーだらけ

このようにスマホというのは様々なセンサーを大量に組み合わせることにより、成り立っています。

センサーを複数組み合わせることや、センサーとアプリを組み合わせることにより、いろいろなことができるようになっています。

スマホにこれらのセンサーが備わっているということは、スマホというのがどれだけの機能があるのかということが想像できるかと思います。

いろいろなセンサーを組み合わせることで、新しいアプリを開発したり、人間が使いやすいようにスマホ自身が変化したりとかなり便利です。

またセンサー類の進化もかなりすごいですね。昔からあまり変わっていないセンサーもあるかと思いますが、コンパクトなセンサーもかなり出てきていると思われます。またセンサーの精度も向上しており、今後もスマホが利用しやすいようなセンサー類の開発が行われると思われます。

日本のメーカーもこのセンサー類に関してはかなり部品提供しており、スマホが売れると日本の部品メーカーが儲かるというのもうなずけます。

スマホのセンサーというのは、今後も年々進化していくと思われます。

センサー類が多すぎる

スマホに搭載されているセンサー類が非常に多すぎると思います。スマホというのは、それだけ高性能になっているということなのではないかと思いますが、それだけセンサーの数が多ければ、知らない人も多いのではないかと思います。

基本的にこれらのセンサー類の意味を覚える必要はないと思いますが、ある程度のセンサーがスマホには搭載されているということは、覚えておいてもいいのかも知れません。センサーが搭載されていないスマホはスマホではありません。

その中でも一番知名度のあるセンサーはGPSだと思います。

✔GPSはよく耳にする
✔GPSは自分の位置情報を測定する

GPSに関しては知っている人もかなり多いと思います。GPSセンサーは有名すぎるので、知っているわけですが、他のセンサー類もたいていのスマホに搭載されています。どこのメーカーのセンサーがどれくらい優れているか?というところはあるかと思いますが、それらの部材のメーカーまではスマホ購入時にはわかりません。
日本製の部材も結構使われていると思います。

基本的にセンサー関連はスマホにはたいてい搭載

センサーというのは、基本的にスマホには搭載されていますので、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました