ドコモ 通信費の分離プラン スマホの本体代金 実質価格という表示がなくなる

ドコモから通信費と本体代金の分離プランというものが出てくる予定になっております。

分離プランというものの意味がわからない人も結構多いと思います。分離プランというものはどんなプランなのでしょうか?

スマホ本体代金と通信費がきっちり分かれるプラン

仮に毎月の携帯代金の支払いを考えてみましょう。

毎月仮に8000円の支払いがあったとします。トータル8000円の支払いなので、内訳まで把握していない人も多いでしょう。

実際には内訳というものがあるのです。その内訳というのは以下の通りだったとします。

毎月の携帯料金の支払いの内訳
・スマホ本体代金:5000円
・通信費(基本料等含む):5000円
・通信費からの割引(24ヶ月間):−2000円

上記のような内訳だったとします。この時に通信費からの割引−2000円というものが曲者なのです。

通常この2000円の割引というのは、24ヶ月しか続きません。

また本体代金はこの通信費の2000円割引があるため実質的な価格は3000円ということになります。

実質価格3000円でスマホを購入していることになります。

ただし実際には本体代金は5000円でそれを24ヶ月間支払うということで、実際は12万円の本体代金ということになります。

そのため2年間経過したらどうなるのでしょうか?

毎月の携帯料金の支払いの内訳(2年後)
・通信費(基本料等含む):5000円

単純に2年経過することにより、スマホ本体代金の支払いはなくなります。

そうすることで、毎月の通信費の5000円だけが残ります。

実はこの状態では分離プランというわけにはなりません。それでは分離プランになれば上記のような契約をした場合どうなるのでしょうか?

分離プランの場合の毎月の支払い

毎月の携帯料金の支払いの内訳
・スマホ本体代金:5000円
・通信費(基本料等含む):3000円
・通信費からの割引(24ヶ月間):なし

分離プランになると基本的に通信費が下がるようになります。そのため毎月の支払いはスマホを所持している間は同じ料金となりますが、スマホの本体代金の支払いが終了すると毎月の支払いは安価になるのです。

分離プラン前毎月の携帯料金の支払いの内訳(2年後)
・通信費(基本料等含む):5000円
分離プラン後毎月の携帯料金の支払いの内訳(2年後)
・通信費(基本料等含む):3000円

あくまでこれは一例なので、本当に3000円になるかどうかはわかりませんが、分離プランが適用されることで、2年経過し本体代金の支払いが完了すると毎月の維持費は安価になります。

実はこれはユーザーにとってはかなりありがたい話なのでは?と思う人も多いと思いますが、本当にユーザーにとって美味しい話なのでしょうか?

実は私はそうは思いません。本当にこれが美味しい話かと言われるとそうではないような気がします。

新しいスマホを購入しようと思わなくなる

今までは2年経過すると毎月の通信費からの値引きがなくなる為、高額通信費の支払いを余儀なくされます。そのためスマホをまた購入しようかな?と思うわけです。

スマホの交換は2年に1度のペースで行おうとする人が非常に多いのもその為です。

よって毎年3月や新機種の発売時期にはかなりの台数のスマホが売れるわけです。

さすがに半年に1度のペースで購入する人は少ないと思いますが、1年以上経過したスマホはまた再度購入しようと思う人は増えるわけですね。

しかしながら新しいスマホを購入しようと思うことが少なくなってしまいます。

分離プラン発動後2年経過すると毎月の維持費がかなり安価になることがその理由です。

安価になった通信費が本体を新たに購入するとまるまるのっかってくるわけです。

毎月の携帯料金の支払いの内訳
・スマホ本体代金:5000円
・通信費(基本料等含む):3000円
・通信費からの割引(24ヶ月間):なし

こちらのプランなら単純に5000円の値上げになるわけです。

毎月の携帯料金の支払いの内訳
・スマホ本体代金:5000円
・通信費(基本料等含む):5000円
・通信費からの割引(24ヶ月間):−2000円

こちらなら本体を購入しても実質3000円の値上げにしかならないのです。

どう思いますか?3000円くらいなら仕方ないかな?と思う人も多いと思います。

ただし5000円の値上げならどうでしょうか。今利用している機種が使えるのであれば、そこまで気合を入れて購入しようとは思わないのではないでしょうか?

実はこれが通信費分離というものなのです。

スマホが売れない時代がやってくる

ここ最近スマホの本体代金の価格がかなり上昇していることを知っている人も多いでしょう。

iPhoneなら15万円ほどする機種も珍しくなく、15万円なら24回で支払うということになれば、毎月それこそ5000円以上の値上げになるのです。

さらに先程説明したような通信費が分離されるようになるとますます購入しづらくなりますよね。

そうなるとスマホが売れない時代になってくるのです。

実はスマホが売れないということはデメリットもかなり大きいのです。

スマホが売れないデメリット
・販売店が儲からない。
・スマホ製造メーカーが儲からない。
・スマホ製造メーカーに部品を提供している会社が儲からない。
・モノの数が減る為流通が減る。
・古いスマホを利用し続ける人がいる為セキュリティの問題が発生する可能性がある。
・キャリアは2年後の通信費を下げる必要があり、キャリアは儲からない。

ざっくりとこれくらいのデメリットが出てくるかと思います。一番危ないことはサプライアチェーンの問題もかなり大きいと思います。

ここ最近スマホの販売台数というのは、右肩下がりが続いております。この分離プランを導入することでさらに右肩下がりが進むことは間違いないと思います。

同じスマホが継続的に使えるなら、価格が下がって5年くらい維持すればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実は利用者にもデメリットがあるのです。

利用者としてのデメリット

利用者としてのデメリットというのは、セキュリティの問題が一番でしょう。

古いスマホを使い続けるデメリットというのは、古いOSを使うということになります。

OSというのは、スマホを動かす為の基本ソフトです。パソコンならWindows10などと呼ばれるものになりますが、それが古いまま動かされるのです。

古いということはそれだけセキュリティのリスクがあるわけです。

ガラケーの時はそこまでセキュリティはうるさく言われることはありませんでしたが、AndroidやiOSの古いバージョンを利用し続けるということはあまりメリットがありません。

続いては遅いスマホを利用し続けることによる時間のロスです。

仮に3年同じスマホを使い続けたとしましょう。一般的に2年でCPUの速度は2倍になると言われておりますので、3年ほど使えば3年前の動作速度のスマホを使い続けることになります。

3年前の動作速度のスマホと最新のスマホでは動作速度が違います。

当然利用しててイラッとすることも出てくるかもしれません。新しいスマホを購入することで、そのあたりのリスクを回避できるわけですが・・・

そのイライラを防ぐことができるのは新しいスマホを購入することなのです。

他にはバッテリーの減りが早くなり、バッテリーチャージャーを持たないといけなくなる。このあたりも新しいスマホを購入すれば解消される問題なのですが、実際に古いスマホを利用し続けるということがいいとは言えません。

スマホを長期間持ち続けるデメリット
・セキュリティ問題
・動作速度(通信速度)
・バッテリーの持ち

デメリットをまとめてみましたが、メリットばかりではないということです。

分離プランのメリット

今はメリットを話しましたが、やはり分離プランではメリットもたくさんあるのです。

分離プランのメリット
・通信費自体が安価になる。
・調達価格の安価なSIMフリースマホを購入しやすくなる。
・2年縛りは出てくるものの、ある程度縛りがなくなる。
・機種変更をしない人なら継続的に安価になる。
・利用者の選択肢が広がる。

お金の面でのメリットというものはかなり出てくるものと思われます。

基本的に分離プランというのは、利用者にとっては費用の面でかなりメリットになることが多いわけです。

それこそキャリアが発売するスマホを必ず購入する必要はありません。量販店などでスマホを購入してそれを挿すことも可能となるのです。

ユーザーにとっては選択肢がかなり広がるということも十分ありえるわけです。

ドコモは4割の通信費が下がると言われているが・・・

ドコモは現在の通信費から4割の削減を言っていますが、実際に4割下がるのでしょうか?

先程説明したように通信費からの値引き分を全体の通信費から値引くのであれば、4割くらいの値引きになるのではないかと思います。

今後月々サポート及びドコモウィズというプランがなくなります。

そのためこれらの通信費からの割引に関する原資を4割の通信費の値下げに持っていかれるようですね。

4割だけ下がるというと非常にメリットがあるように思いますが、実際にはメリットだけではなく、デメリットもあるということは覚えておきたいところですね。

それでも通信費が下がって喜ぶ人のほうが多いわけですから、それはそれでいいのかもしれません。

分離プランがなくなったら今のプランは?
現在利用しているプランがなくなることはありません。
月々サポートは2年間限定なので、2年後にはなくなります。
ドコモウィズは次回の機種変更まで有効なので、次回の機種変更時に新プランになります。

これくらいを覚えておけばいいのではないかと思います。

ドコモ キャンペーン 2019年 10月 11月 一覧 割引 予約 購入 得 安く買える ポイント還元 特価 機種変更 新規 MNP メリット

2019年10月21日

今のプランがなくなる前に現在実施しているキャンペーンを見てみて今の間に機種変更を行うのも手かと思います。

ドコモ ウィズ iPhone7 発売開始 スペック 毎月1500円の割引施策はオススメ

2019年4月1日

iPhone7も非常に好調に推移しております。こちらドコモウィズ対象モデルということで、1500円の値引きを次回機種変更まで享受することが可能なプランとなっております。

4月になれば、新プランの登場に伴いこのプランも廃止になると言われております。

iPhoneならiOSのアップデートも後3年程度は行われる予定になっており、一旦はセキュリティ面での心配は少ないでしょうね。

新料金プランになり、ドコモウィズがなくなりました。ドコモウィズがなくなったことにより、ドコモの価格が総じて高くなったと言われております。

確かに私もそうかと思います。基本的には、ドコモの価格というのは、日本を代表する企業ですからもっと安価にならないとダメだと思います。

それが結果的に安価になっていないということで、少し残念な感じですね。

ドコモ新料金プラン

ドコモから新料金プランというものが出てきました。

新料金プランというのは2つの大きなスマホ系のプランが出てきており、基本的にその2つのプランのどちらかしか契約を行うことが出来ません。

ギガホもしくはギガライトと呼ばれるプランのどちらかに加入する必要があります。

この2つのプラン以外への加入をすることは出来ません。

2019年6月1日からこのプランというものになります。

新料金プランを利用することに伴い、実質価格というものがなくなります。

月々サポートと呼ばれているプランが今後はなくなります。ドコモウィズというプランもなくなります。

確実に今後は新料金プラン一本化になるのです。

新料金プランに一本化されたところで、正直なところわかりにくいという声もまだまだあるようです。

新料金プランのみでも単体でルータを契約する場合は、ギガホかギガライトなどに契約する必要もあり、結果的に高くなるケースも多いわけですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA