ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ドコモ MNP 引き止めポイント 151に 総合窓口に電話して キャッシュバック クーポン

引き止めポイントというのは、各社実施している施策となっており、契約者をつなぎとめるという意味では当然なのかもしれません。

ドコモもMNP引き止めクーポンというものを配布しておりますので、紹介したいと思います。

引き止めポイントって何?

そもそも引き止めポイントというものはどのようなポイントなのでしょうか?

まずは引き止めポイントに関してどのようなポイントなのかお伝えしたいと思います。

引き止めポイントというのはMNPを行おうとする顧客に対して、それを引き止める為のポイントを配りMNPをやめさせようとするポイントです。

昔に比べるとMNPを繰り返す人というのは、非常に少なくなりましたが、それでもMNPを行うほうがお得です。

そのためMNPを行って契約する人というのは一定数いるわけです。

ただし各社はMNPによる顧客流出を防ぐ為に引き止めポイントというものを準備しているケースというものがあります。

要するにMNPされないようにMNPを案内する時にポイントを配るという案内を実施しているというケースがあるわけです。

MNPされるとなると自社の回線が一つ減り、他社の回線が一つ増えるということで増減は2つとなり、キャリアとしてもかなり痛いわけです。

そういうこともあり、ドコモも引き止めポイントというものを配布しているのです。

それでは引き止めポイントというものはどうすればもらうことができるのでしょうか?

ドコモで引き止めポイントをもらう方法

ドコモで引き止めポイントをもらう方法ですが、151へ電話するところからスタートします。

151というのはドコモの総合窓口となっており、電話によりいろいろな手続きを受け付けてくれるところです。

ドコモ151
ドコモの携帯電話を持っている人なら局番なしで151とダイヤルすれば、ドコモの総合窓口に直通で電話をすることが可能です。
住所変更などの手続きやプラン変更などのいろいろな手続きを行ってくれる為、かなり便利な総合窓口です。
この151を利用することにより、店舗に行かずとも契約できる為、かなりの人が利用していると思います。
週末などは結構混雑している為、なかなか電話がつながらない時があります。

ドコモ 151の電話番号が繋がらない 待たされる その時の対処方法 クーポンも オンラインで解決も

2019年9月24日
こちらつながらない場合の対処方法を掲載している記事となっておりますので、こちらを参考にしていただければと思います。

151はこのようにドコモの総合窓口となっており、利用用途というのはいろいろです。今回は引き止めポイントをもらう為に電話をするわけですが、引き止めポイントをもらう上で重要な要素というのは、本当にMNPをするわけではないというところです。

音声ガイダンスによって予約番号をもらうフリをする

音声ガイダンスが流れますので、「4」→「2」の順番で番号を謳歌してください。

オペレータと繋がりますので、そのタイミングでMNPの予約番号を発行する旨をお伝えしてください。

とはいうもののここで実際に予約番号を発行してもらうわけではありません。

ここでは予約番号を発行してもらうというよりもどちらかといえば、ポイントをもらうことが優先されますので、実際にMNP予約番号をもらうわけではありません。

質問がいくつかあるかと思いますので、質問には素直に答えることがいいかと思います。

MNPの転出先も聞かれるかと思いますので、auもしくはソフトバンクと答えましょう。

実際に転出するわけではないので、この2つのキャリアのどちらかを答えておくほうが無難です。

それ以外にもオペレータの方はいろいろ質問をしてくる場合があるかと思います。

その場合に関しても質問に答えておくとよいかと思います。

ドコモのどこに不満があるのか?ということですが、

また違約金が発生するかなども聞かれるかと思いますが、その場合も違約金が発生しても大丈夫ということをお伝えしておきましょう。

MNPをしない場合の特典を尋ねる
オペレータさんと少し会話した時にMNPしない場合の特典を訪ねてみるということが最終手段です。
MNPされるということは、ドコモとしても顧客流出ということもあり、やはり痛いわけです。
MNPをすることを前提に話していましたが、MNPをせずにドコモに残ると特典は何かありますか?
ということを聞いてみるということが、非常に重要な要素となります。

ここでポイントをもらうことが可能となる場合があります。

人によってポイントは違うかもしれませんが、3万ほどのポイントを貰える可能性も十分にありえるのです。

3万ポイントというのは非常に高額なポイントということになります。

151の引き止めポイントはドコモショップでしか利用できない

151の引き止めポイントというものはドコモショップのみでの利用となります。

これは注意しておきたいところですね。

ドコモオンラインショップでは利用できないので、注意が必要です。ドコモオンラインショップのほうが明らかに事務手数料などが無料になりお得になるわけですが、残念ながら利用することができないのです。

ドコモショップへは予約をして来店することをおすすめしたいですね。

ドコモショップ 店舗 メリット デメリット 機種変更 新規 MNP

2019年8月2日

こちらにドコモショップのメリットを掲載しておきますので、ドコモショップのメリットもご確認いただければと思います。

オンラインショップは顔を見ることなく、取引することができますが、ドコモショップでは顔を見て取引をすることができるので、それがメリットという人も少なからずいるはずです。

顔が見れないということは、処理が早いわけですが、時間がかかっても問題ないという人ならドコモショップでもいいかと思いますね。

クーポンをヤフオクやメルカリでチェックする

世の中にはクーポンを利用しないけど、クーポンを配布してたまたまゲットすることができる人もいます。

私もある店舗に行った時に、クーポンありますので、よかったら使ってくださいとクーポンを渡された時もありました。

このように店舗でクーポンが配布しているケースも存在するのです。

たまたまそのような店員に出会えたらかなりラッキーですが、絶対にそのような店舗で出会うとは限りません。

そういう時はヤフオクやメルカリでチェックするというのも手ですね。

ヤフオクやメルカリではそのようなクーポンを安価に販売しているケースもあります。

実際にクーポンは無料で手にしているわけですから、購入してそのクーポンを買うというのはどうかと思いますが・・・それでも実はこのクーポンというのはウィンウィンのような気がしますね。

結果的にクーポン価格よりも安く手に入れることが可能となっておりますので、クーポンを事前にGETしておくことにより、間違いなくお得に機種変更などを行うことが可能となっているのです。

クーポンの利用自体は悪いことではありませんので、このようなネットでの情報を確認しておくというのは手かと思います。

151への電話がつながらない場合の対象方法

151というのはドコモ総合窓口の為混在しているケースもあります。混雑しているケースはダイレクトに電話をするという手もあります。

【携帯から】
北海道支社総合
0120-323-466

東北支社総合
0120-659-360

東京本社総合
0120-034-768
東京本社操作故障担当:0120-234-113

東海支社総合
0120-239-360

北陸支社総合
0120-231-078

関西支社総合
0120-329-360

四国支社総合
0120-166-360

中国支社総合
0120-421-360

九州支社総合
0120-503-360

こちら151のダイレクトの番号となっております。151につながらない場合はこちらの番号にかけてみるというのも手ですね。

こちらならダイレクトに電話をすることが可能となっておりますので、かかりやすくなります。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA