ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

SnapDragon865 CPU 性能はどれくらい向上する? 2020年に発売されるスマホに搭載予定

SnapDragon865と呼ばれるCPUが今後出てくると思われます。2019年にはSnapDragon855と呼ばれるCPUを搭載するスマホが世の中のフラッグシップモデルになることは間違いないと思います。

2019年に入り、MWCにてXPERIA 1やGALAXY S10などの機種の発表がありましたが、それに搭載されているCPUといのは、SnapDragon855と呼ばれるCPUとなっております。

その前に発売されたCPUというのはSnapDragon845と呼ばれるものでしたので、型番ルールからすると2020年に発売されるスマホに搭載されるCPUというのは、SnapDragon865と呼ばれるものとなります。

SnapDragon855はどんなCPU?

SnapDragon855と呼ばれるCPUはどのようなCPUなのでしょうか。

まずはこのSnapDragon855というのは、X50やX55といったモジュールを付与することにより、5Gに対応することが可能となっております。

このX50などは別モジュールとなっておりますが、基本的に5Gへ対応することが可能ということもあり、2020年以降に日本でも登場する5Gという次世代通信規格に対応することが可能です。

またWi-Fi6と呼ばれるWi-Fiのacよりも次の規格であるaxに対応することが可能となっております。

本体の通信速度はこのSnapDragon855の性能にかかっているといっても問題ありません。

このSnapDragonというものは統合モジュールの為、通信基盤などセットで搭載されております。

またそれ以外にもAI機能が強化されているということで、前モデルのSnapDragon845と比較してもAI性能は3倍よくなっているようですね。

SnapDragon865はどんなCPUになるのか?

まずは処理能力の向上が挙げられます。SnapDragon845からSnapDragon855への処理能力に関しては1.3倍ほど処理能力が上がったようです。

今まで新しいモデルのCPUが発売されると処理能力というのは1.3倍程度改善しているようなので、SnapDragon865でも同様の改善は行われるかと思います。

続いては5Gが統合モジュールとして登場するとも言われております。

2019年時点でのSnapDragon855というのは、X50やX55といったモジュールを付与する必要があり、5Gになっていたのですが、SnapDragon865というのは、5Gが統合モジュールとしてセットされている可能性が非常に高いです。

プロセス・ルールですが、こちらはSnapDragon855と同じ7nmになると言われております。

SnapDragon875以降に5nmや4nmのプロセス・ルールになるとも言われております。このプロセス・ルールが小さくなると省エネに寄与しますが、プロセス・ルールの改定というのは2年に1度くらいの割合で行われているので、SnapDragon865では行われない予想です。

AI性能に関してはかなり向上するものと思われます。AI性能が向上するというのはかなり期待したいですね。

実際にAIを使ったカメラアプリなどは各社最近のモデルでは搭載されておりますが、それの処理能力があがるということで、写真などはかなりきれいに撮ることができるようになると思います。

カメラアプリに関してどのように寄与するのかということですが、瞬時に自分の撮影する被写体の状態を認識し、最適なカメラの設定に変化するのです。

いわゆるAIカメラというものです。これが浸透するとなれば、まさにスマホで一眼レフなみの写真を撮ることができるようになるでしょう。すでに2018年に発売したモデルでも一眼レフなみの写真を撮ることが可能なので、さらに向上するということで、期待したいところですね。

SnapDragon865の発表は2019年の第四半期

SnapDragon865はSnapDragon855の発表から考えると2019年の12月ごろになると思われます。

そして2020年に登場するスマホに対して搭載される見込みになっております。

おそらくSnapDragon855が大々的に発表され、かなり注目度の浴びるCPUとなっていることからSnapDragon865でそこまでのスペックアップなどを見込めるかどうかということです。

正直なところプロセスルールの変更などもないと思われますので、そこまでの能力アップというのは望めないかもしれません。

それでも5Gに関しては2020年が元年となる予想なので、それに合わせての発表となることは間違いないと思われますので、それは期待できるのかもしれません。

GALAXY S11に搭載の予定

2020年の初頭に発表されるのであれば、GALAXY S11に搭載される可能性が非常に高いと思われます。

ExynosというCPUのモデルとSnapDragonのモデルの2つの大きなモデルをGALAXYシリーズとしては発表すると思われますが、S11での採用になる可能性が高いと思われます。

他にも2020年モデルのXPERIAなどにも搭載されると思われますので、かなり期待できるCPUとなることは間違いないでしょう。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA