XPERIA1 エクスペリアワンを動画で解説 カメラは1200万画素 超広角 広角 望遠 手ぶれ補正を採用

XPERIAシリーズの2019年モデルの名称がXPERIA1になる見込みです。

XPERIAシリーズはこの2019年モデルからかなり進化するようですね。

今までのモデルも着実に進化しておりましたが、進化の程度がかなりのものとなっております。

やはり一番の進化はカメラでしょう。カメラの進化はかなりのものとなっており、非常に期待している人も多いと思います。

待っていたかと言わんばかりのカメラの進化は本当にすごいと思います。今回は動画にて解説しておりますので、そちらの動画を見てもらいたいと思います。

 

XPERIA1を動画で解説

こちらがその動画となっております。

動画の中ではいろいろ詳細情報を掲載しております。

今回はなんといってもカメラではないかと思います。カメラの進化は本当にすごいですね。

ここまでカメラが進化するとは思いませんでしたが、最新の情報ではカメラは3つとも1200万画素のカメラになっているようです。

超広角と広角そして望遠の3つのカメラが搭載される見込みです。カメラの画素数はすべて同じ画素数となっており、それぞれのカメラの差が非常に気になる部分ではあるかと思います。

今回注目を浴びている部分というのは一番はカメラだと思います。カメラのスペックを気にしている人もかなり多いわけです。

スペックを紹介

モデル名XPERIA 1
寸法未定
重さ未定
OSAndroid 9.0
画面サイズ6.5インチ
画面占有率未定
解像度疑似4K
ディスプレイシネマワイドディスプレイ
プロセッサSnapdragon 855
RAM6GB
内蔵ストレージ128GB
microSD最大512GB
前面カメラ800万画素
背面カメラ1200万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
WiFi802.11ac
Bluetooth不明
PaymentNFC, MST
カラーバリエーションホワイト、ブラック、パープル
バッテリー容量3300mAh
認証センサー指紋認証(サイド)
その他IP68防水防塵

こちらでスペックを紹介したいと思います。スペック的には2019年モデルにふさわしいスペックとなっております。

スペック的には申し分ないですね。基本的に日本で発売されるモデルというのは、このまま発売され、そこに地デジの機能が採用されるようになります。

日本で発売されるAndroidでは地デジの搭載はほぼ必須となっており、そのあたりも問題ないでしょう。

ゲームをするにも快適

当然ですが、ゲームをすることにも最適です。最近AndroidスマホやiPhoneでゲームをする人が非常に増えてきており、ゲームがどれくらい動作するのかというのは非常に気になる部分です。

ゲームするにはもったいないくらいのスペックになると思われます。

基本的にゲームを行う為のスマホというのは、日本のキャリアモデルなら問題ありません。

一般的にゲームを行うということは、それだけのスペックが必要になるのです。ゲームといってもオセロや将棋というたぐいのゲームではなく、それなりに動きのあるゲームです。

動きのあるゲームはスペックによっては動かないこともありますので、注意が必要です。

動かないというよりもカクカク動作してゲームにならないということです。カクカク動くゲームというのは本当に面白くありませんからね。最近発売されたスマホならそのような心配もないので安心して利用することも可能だと思います。

XPERIA1の予約購入はネットから

[colwrap]
[col3]

[/col3]
[col3]

[/col3]
[col3]

[/col3]
[/colwrap]

こちら各社のオンラインショップです。こちら各社のオンラインショップを確認してみてください。

こちらから予約をする人が最近かなり増えてきております。オンラインショップから予約を行うことで、予約特典を受けることもできるでしょう。

最近予約特典というものがかなりよくなってきており、予約して購入する人が本当に多いのです。

おそらく5000円分のクーポンが配布されると思われます。ソニーストアで利用できるクーポンです。それを元にイヤフォンやケースの購入を行うことができると思いますので、予約購入はぜひおこなってもらいたいですね。

日本でXPERIAシリーズの最新モデルが発売されると間違いなく人気が出るでしょう。iPhoneでもトリプルカメラは2019年の後半となっており、それより早い段階でのトリプルカメラです。かなり楽しみですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました