ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

XPERIA 1 エクスペリア1 スペック 発売日 価格 ドコモ au ソフトバンク

XPERIA 1に関しての情報をお伝えしたいと思います。もともとXPERIA 1というモデルの機種はXPERIA XZ4と言われていたモデルですが、XPERIA XZ4として発売されるわけではなく、XPERIA 1という名称で発売されます。

実質のところXPERIA 1という機種はXPERIA XZ3の後継モデルということになりますので、実質的にはXPERIA XZ4と思っておけばいいと思います。

XPERIA 1の発売はドコモ、au、ソフトバンクの3社

発売はドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売される予定になっております。

XPERIA 1に関しては、ひょっとするとドコモ、auからのみの発売になるかもしれません。

ソフトバンクから正式発表されました。

XPERIA 1を待っていた人とってはかなりありがたい話ではないかと思います。




こちら3社のオンラインショップです。こちらから予約を行うことも可能となっております。オンラインショップ予約を行う人も非常に増えてきており、最近のオンラインショップはかなりオススメです。

オンラインショップを利用する上で便利なのは24時間購入することができるということです。

ただし最新機種の場合は予約をすることも可能なのです。

XPERIA 1は人気機種なので、予約をして購入するほうがいいと思います。

今回はホワイト、ブラック、パープルの3色展開になると思われます。自分の好きな色を購入することをオススメしたいですね。

そのためには予約購入を是非行ってもらいたいと思います。

また予約をして購入すると特典が付くことが多く、購入を検討するのであれば、予約購入のほうが間違いなくお得です。

最新の情報ではXPERIA 1はドコモのみの独占販売になる可能性があるというのです。

ドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売されることが決定しました。発売は2019年6月中旬です。

ある意味ドコモユーザーはかなりラッキーですよね。XPERIAの最新モデルがドコモだからこそ楽しめるということで、かなり期待してもいいのではないかと思います。

ドコモ オンラインショップ メリット デメリット オススメ 機種変更がお得

2019年7月10日

ドコモオンラインショップでの購入はいろいろメリットも多いです。

最近はそのためドコモオンラインショップから購入する人が多いです。ぜひ検討してもらいたいですね。

昨今特に値引きもありませんので、どこでスマホを購入しても同じような価格設定になっているのです。それならわざわざ来店することなく、ネットからの購入をおすすめしたいですね。

ネットで購入するということは、結構おすすめできるのです。基本的に自宅まで送料無料で送ってくれるため、無駄な時間がかなり少ないということもネット購入をおすすめしたい一つですね。

ドコモの発売日が確定

ドコモの発売日が確定しました。

2019年6月14日の発売となります。

本当に発売日まで待ち遠しいですね。この機種は本当にほしい人が多い機種なので、事前に予約をしておくことを本当におすすめしたいです。

今回のXPERIAシリーズというのは、本当に人気機種なので、ぜひ予約は考えたほうが良さそうですね。

それではXPERIA 1のスペックを紹介したいと思います。

XPERIA 1のスペック

モデル名 XPERIA 1
寸法 167 x 72 x 8.2mm
重さ 178g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.5インチ
画面占有率 未定
解像度 疑似4K
ディスプレイ シネマワイドディスプレイ
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 6GB
内蔵ストレージ 64GB(グローバル版は128GB)
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1200万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
WiFi 802.11ac
Bluetooth 不明
Payment NFC
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、パープル
バッテリー容量 3300mAh
認証センサー 指紋認証(サイド部分)
その他 IP68防水防塵、ワンセグ、フルセグ

こちらが現在出ているスペックの速報値となっております。発表後に詳細はまたお伝えしたいと思います。

かなり期待している人も多いので、どのようなモデルになるのか正式発表されると期待したいものですね。

2019年2月25日に正式発表されました。

ドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売開始になります。日本では2019年5月に発表されました。

ドコモ、auは毎年XPERIAのフラッグシップモデルの販売をしており、期待している人も多いのではないかと思います。

フラッグシップを待っていた人も多いのではないかと思います。

CPUにSnapDragon855を採用しており、2019年に発売されるモデルの中では一番のいい部材です。

SnapDragon855というのは、AQUOS R3GALAXY S10でも採用されているCPUとなっており、動作速度はかなりのものかと思います。

ドコモのみブラック、パープルとなります。

ドコモのみ色を限定した理由はわかりませんが、恐らく在庫の関係ではないかと思います。

在庫に関してはあまり多く持ちたくないですからね。そういうこともありラインナップを減らしたのではないかと予想出来ます。

こちら最新のレビュー動画となっております。

XPERIA 1が発表され、すでに店頭には並んでおります。どんなものか見てみたい人はぜひ店頭に足を運んで見るべきですね。

それならどれくらいの大きさなのかということも想像出来るかと思います。それからの購入でも遅くはないかと思います。

XPERIA 1の写真を紹介

XPERIA10 Plus エクスペリア10 L3 発売が開始 仕様の紹介 オススメスマホになりそうな感じ

2019年5月1日

こちらを見てもらいたいのですが、こちらにXPERIA 1の写真がリークされております。

2019年4月時点で日本向けの記者発表も実施されておりますので、すでに知っている人も多いかと思います。

かなり縦長であることがわかるかと思います。写真に関してはXPERIA 10 Plusというモデルの写真も掲載されておりますが、見た目はほぼ同じといったところでしょうか。

背面がデュアルカメラになっているものとトリプルカメラになっている違いがあるものの、ほぼ同じ形状ですね。

XPERIAシリーズはXZシリーズから「1」という名称に変更されます。

そのためXPERIA 1という名称になる予想です。最新のXPERIAは本当に楽しみですね。

XPERIA 1は日本での発表は間違いないと思います。

それこそ日本人による日本人のためのスマホとも言えるかと思います。

XPERIAシリーズの人気というのは、特に今回XPERIA 1ではかなりの人気が出るものと思われます。

XPERIA 1のケースはすでに販売中

XPERIA 1のケースはすでに販売開始されております。

XPERIA 1 エクスペリア1 手帳 ケース 保護 カバー フィルムなどは事前購入がオススメ

2019年4月24日

こちらを見てもらいたいのですが、XPERIA 1のケースがすでに販売開始しております。日本人は本当にケースが好きな人が多いと思います。

XPERIA 1のケースもかなり売れるでしょうね。

特に日本人が好きなのは手帳型のケースが大好きですね。手帳型のケースを利用している人ってかなり多くないですか?

ケースしている人の半数以上が手帳型だと思いませんか?手帳型のケースもいろいろ出ており、売れ筋はやはり手帳型です。

今回気になるのはXPERIA 1のケースならかなり縦長になるということです。全体を保護するという観点からもXPERIA 1の保護ケースは相当大きくなるでしょうね。

胸ポケットに入れるというのはかなり厳しいかと思います。

21:9のような縦長ケースは作るのも難しそうですね・・・

XPERIAという2019年に発売されるAndroidの中で一番売れそうな機種

今回発売されたXPERIAというのは、2019年の中で一番販売台数を伸ばしそうです。

今回のXPERIAというのはかなりのポテンシャルがあるモデルとなっていることは間違いないでしょう。

スペック的には2019年に発売されるXPERIAの中では一番上位モデルとなります。

そのため日本人受けというのはかなりのものがあるかと思います。

それだけXPERIAシリーズというのは日本で人気のあるモデルなのです。また今回発売されるモデルはかなり先進的だと思います。

まさかのトリプルカメラを搭載し、かなりおすすめできるモデルになっております。

ここ最近発売されたXPERIAシリーズでここまで他社と比較しても先進的なモデルになっていたとは思えません。

かなり期待できそうなモデルであることは間違いないと思います。

特徴はやはりトリプルカメラかと思います。トリプルカメラを搭載している機種というのは、日本のキャリア取扱機種では、GALAXY S10くらいしかありません。キャリアの取扱機種に関しては、やはり日本では一番売れ筋になるモデルであることは間違いありません。

そういうことを考えるとこのXPERIA 1とGALAXY S10の2つのモデルの販売台数というのは、かなり占めると思われます。

今回のトリプルカメラは間違いなく吉とでるでしょうね。超広角、広角、望遠という3つのカメラを持っているモデルとなっており、カメラが3つあり、それぞれ異なる役割のカメラがあるのです。役割が異なるカメラがあるということは、当然ながらかそれぞれのシーンでかなりきれいに撮影することができるということになります。

XPERIA 1の発売日を予想

XPERIA1 発売日 ドコモ au 5月後半 XPERIA XZのちょうど2年後に設定の予想

2019年4月9日

こちらにXPERIA 1の発売日に関する情報を掲載しておきます。

XPERIA 1というのは、かなり人気が高いモデルになることは予想され、今回本当に売れるモデルになると思われます。

発売日にXPERIA 1が欲しいと思う人もかなりいるのではないでしょうか。先進的なスペックとカメラも3つ搭載されております。

そのようなことからXPERIA 1への人気は集中するものと思われます。

ドコモからの名称はSO-02Lという名称で発売されると思われます。

5月の中頃に新製品発表会も開催される予定になっており、今回のXPERIA 1は買いのモデルであることは間違いないと思います。

過去に発売されたXPERIA XZ2などに発売日をあわせてくることはほぼ間違いないかと思います。

発売日というのは、誰もが気になるところではないかと思います。

発売日に関しての情報が分かればまたお伝えしたいと思います。

2019年5月の発売を予想しているわけですが、ドコモから新プランが出てきました。

ギガホとギガライトというプランですが、2019年6月1日以降月々サポートという今までの割引施策がなくなります。そのため2019年6月1日以降の発売になる可能性が出てきました。

さすがにギガホやギガライト以外のプランを数日の間に入れるというのはシステム的には結構しんどいのではないかと思います。

新プランしか受け付けることが出来ないと思いますが、どうでしょうか?

XPERIAシリーズ2回目の有機EL

XPERIAシリーズ2回目の有機ELです。昨今液晶が減ってきており、有機ELがメインになってきております。

有機ELというのは、SamsungのGALAXYシリーズで有機ELを搭載していましたが、その後iPhoneでも有機ELが採用されました。

それに伴い有機ELというのは、知名度ともにかなり上がってきました。

XPERIAでも有機ELが採用されるようになり、さらなる薄型が期待されていると思います。

有機ELというのは、それ自体が発光する為に液晶のようにLEDパネルを入れる必要はありません。

そのため有機ELを利用することで、それ自体が薄型に寄与するのです。

また消費電力も少なく、LEDよりもバッテリーの持ちはよくなることは間違いありません。

すでに有機ELを搭載している機種を投入していることから今回も信頼性が高い機種になっていることは間違いないかと思います。

有機ELの認知度もかなり上がってきたと思います。有機ELを使っているモデルというのはハイスペックだろうという意識付けもできているように感じます。

量販店などのテレビ売り場でも確かに高額モデルというのは有機ELとなっております。

2019年の分離プラン登場でどのように安くXPERIAを見せるかが勝負

2019年に入るとこのモデルもドコモから発売が開始されます。

ドコモ 通信費の分離プラン スマホの本体代金 実質価格という表示がなくなる

2019年6月5日

こちらを見てもらいたいのですが、分離プランというのは、スマホの料金というものが実質価格表示でなくなるのです。

XPERIA 1も例外ではないかと思います。

正直なところXPERIA 1の価格帯ですが、10万円を超える価格帯になることは間違いないかと思います。

キャリア正式価格は出ておりませんが、相当高額なモデルになるでしょう。

いかにギガホを安く見せた上で販売するのかということが重要になるのではないかと思います。

ひょっとすると次の新しい料金プランというのは、スマホとセットで購入することで、利用することができるようなプランになるかもしれません。

それならスマホの販売もそれなりに加速するのではないかと思いますね。

2019年の時点ではスマホが一番売れる時期は5月になるだろうとふんでおり、3月の学割商戦よりも販売台数を伸ばす可能性があるのが5月になると予想されているのです。

特にドコモは2019年5月が非常に売れる時期だと踏んでおります。

それは現行のSO-01Lが月々サポートを利用して購入することができるからです。

SO-01Lは月々サポートを利用して購入することが出来ますが、XPERIA 1に関しては新料金プランのみでの購入しか出来ません。

新料金プランは月々サポートがなくなるということなので、端末の代金が高くなることは間違いありません。

通信費が下がったとしても端末代金が高くなるということは、残念ながら支払いは同じということになります。現行と比較しても支払いは同じということになれば、残念ですからね。

XPERIA 1ではゲームエンハンサー機能搭載

こちら動画でゲームエンハンサー機能に関して紹介しているページとなっておりますが、ゲームをするときに21:9の画面サイズでは、残念ながらゲームをしにくいということもあるかと思います。

その時はゲームエンハンサー機能というものを使えば21:9そのままを利用することが可能となります。

ゲームをする時の画面の画面サイズが広がるわけです。画面が広がるということで、今までのゲームよりも広い範囲でゲームを楽しむことができるということで、ゲームをメインに考えている人にとってはこのXPERIA 1というのは非常にいいスマホとなっているのです。

縦長ということで、今回敬遠しようかなぁなんて思っている人もいるかも知れませんが、縦長だったとしても今回はその縦長の画面を存分に利用することができるモデルとなっており、かなりオススメできるモデルとなっているのです。

このゲームエンハンサー機能というものがなければ、本当に不便かと思いますがゲームをする人にも優しい機能がついておりますので、ゲームメインで考えている人もぜひ検討してもらいたい機種の一つかと思います。

ちなみにGALAXYシリーズでは19:9の画面比率となっております。画面比率に関しては賛否が分かれる部分かと思いますが、今回の縦長というのは評価できるのではないかと思います。

21:9という初めての縦横比率ですが、この縦横比率というのは、かなりオススメしたいですね。

縦横比率というのは、ゲームや動画をする上では非常に気になる部分なのです。

OISに対応はありがたい

OISとはOptical Image Stabilizerの頭文字です。

光学手ブレ補正と呼ばれるものとなっております。今回XPERIA 1ではこのOISが搭載されております。

手ぶれ補正がないとズームなどをした時にどうしてもぶれてしまいきれいな写真を撮ることができません。

それが今回はOISが搭載されるということで、カメラのブレを最小限に抑えることが可能となります。

光学手ブレ補正がついている機種というのは、いろいろあるわけですが、ソニーではXPERIA 1で初めてOISを搭載することができました。

もともとソニーのスマホのカメラは定評がいいと言われておりましたが、実は最近のソニーのスマホというのはカメラの画素数は2000万画素レベルに落ち着いており、実際のところそこまでいいものとは思えませんでした。

実際に撮影してもそれなりにきれいに写真や動画は撮れますが、そこまできれいに撮れるの?というレベルでした。

今回OISが搭載され画素数も1200万画素とある意味刷新されております。そういうことから今回のXPERIAシリーズというのはかなり期待できるかと思います。

OISの導入により手ブレが少なくなり、きれいな写真を撮ることができるということで、XPERIA 1はかなり期待される機種です。

OIS機能というのは、XPERIA 1では初めて搭載されました。こちらの機能を搭載するスマホというのは、今後増えてくると思われます。

手ぶれ補正機能というのは、望遠で撮った時にないとかなり手ブレを起こしてしまいます。本当にそういう意味では手ぶれ補正というのは、必要な機能の一つになっていることは間違いないでしょうね。手ブレ補正が非常に少ないということもこの機種のメリットですね。

本当に今回のこのXPERIA 1にはかなり期待している人も多いのではないかと思います。

XPERIA 1の人気がすごいことに

XPERIA 1の人気がすごい 予約もすごい 相当おすすめできる機種に

2019年6月7日

XPERIA 1の人気はかなりすごいことになっているようです。

予約もかなり入っており、発売日に自宅に届かない可能性もあるということなのです。

もともとXPERIAが人気のある機種ですが、今回のXPERIA 1は実質premiumモデルということで、ドコモからならXPERIA ACEと呼ばれる機種が発売されましたが、このXPERIA ACEという機種と比較すると、相当XPERIA 1のほうがレベルが高いということになります。

XPERIA 1の人気がここまで高くなるとはソニーも予想していなかったのではないかと思います。

やはり今回はトリプルカメラにかなりの人が興味を抱いているということかと思います。複数のカメラを搭載するモデルというのは、日本でも当たり前になってきましたが、複数のカメラを搭載するというとやはりそれの制御も大変です。それでもやはり売れる機種をつくり続けるにはかなり大変かと思いますね。

もっとソニーもがばってもらいたいですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA