ドコモ SIMロック 中古スマホや 譲り受けたものなども解除可能に 条件を一部変更

ドコモはSIMロック解除の条件を一部変更する案内を出しております。

2019年2月20日から受付条件が変更になります。

それではどのような条件になるのでしょうか?

変更対象となる携帯電話機および受付条件

※1:ドコモをご契約中のお客さまでドコモショップなどでご購入された携帯電話機の受付条件に変更はございません。
※2:受付条件・対応機種の詳細については、SIMロック解除の手続きにて今後ご案内します。
※3:SIMロック解除は「ドコモオンライン手続き」、「ドコモショップ」にてお手続きができます。

SIMロック解除は「ドコモオンライン手続き」、「ドコモショップ」にてお手続きができます。
「ドコモオンライン手続き」でのお手続きにはdアカウントが必要です(事務手数料は無料です)。
「ドコモショップ」でのお手続きは、1回の受付でお一人さま2台までとなります(一部の機種を除き、1台あたり3,000円の事務手数料がかかります)。

こちらはかなりありがたい施策となっておりますね。

中古で譲り受けたスマホでもSIMロックの解除が可能となるわけです。

ユーザーとしてはかなりありがたい施策であることは間違いありません。

ただしドコモのSIMロックを解除するということは?

SIMロック解除を行うということはドコモ以外のSIMを利用する為に解除を行うわけですが、世の中に出ているMVNOといういわゆる格安SIMですが、大半がドコモ系です。

そのためドコモ系のSIMならロック解除の必要がありません。ロック解除の条件が緩和になってもそれほど影響はないものと思われます。

ロック解除を行いたいというのは海外での利用がメインなのではないかと思います。

海外で利用する場合はロック解除を行わないと利用できないケースがかなりあるでしょう。

この今回の条件というのは、ロック解除を忘れた状態で、解約してしまったということにも使えるかと思います。

基本的にはどのようなスマホでもロック解除が可能ということになります。

ロック解除されると基本的には、ドコモ以外のSIMでも利用可能となります。

最近はキャリアからスマホを購入する人もいるかと思いますが、新品を購入したい人はMVNOのSIMを利用する人もかなり増えてきていると思います。

MVNOとドコモ、au、ソフトバンクとの決定的な差は? 違いは?

2019年9月17日

こちらにもMVNOの件をお伝えしておきます。

どうせ利用するのであれば、安く利用したいと思う人も多いですからね。

ただしMVNOは時間帯によっては通信速度がかなり遅いことが多いので、個人的にはあまり好きではありません。

そういうことが少ないキャリアのSIMのほうがトータル的にはオススメしたいですね。

引用元:nttdocomo


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA