ドコモ5Gは2020年に 商用開始 テスト運用は2019年9月から開始の予定

ドコモ5Gにに関しての記事を掲載します。5Gという言葉を聞いたことありますか?

最近世の中では5Gという言葉が出てきており、現在の4Gと比較して次の通信規格となっている名称となっております。

第5世代いわゆるファイブジェネレーションということになります。

このドコモ5Gに関してですが、5Gのプレサービスを開始するという案内が来ました。

各地域で実施しているということで、5Gに興味ある人は一度ドコモのホームページをご確認いただきたく思います。

5Gに関してドコモが案内しているページがありますので、紹介したいと思います。

5Gをわかりやすく紹介

https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/lecture/5g/index.html

こちらドコモの引用元のページとなっておりますが、5Gを非常にわかりやすく案内しております。

ドコモは2020年の実用開始をめざして「5G」の研究開発に取り組んでいます。
5GはLTE、およびLTE-Advancedのさらに次となる第5世代移動通信システムです。
5Gによって、例えば、人が密集したイベント会場や大都市エリアで、4K/8Kといった超高解像度動画のストリーミングを快適に楽しめるような世界をめざします。

トラフィックが1000倍?

2010年をベースに考えると2020年ではトラフィックは1000倍にもなる予想です。

それだけ通信回線が混雑しているということです。通信回線が混雑しているということは、当然ながら高速化技術も必要になるわけです。

高速化技術が必要になるということで、5Gという次世代通信規格というものが出てきているのです。

高周波バンド帯を新しく新設

高周波のバンド帯が5Gになると使われることになると思います。以前ソフトバンクがプラチナバンドいっていたバンド帯というものは高周波ではなく低周波です。そのバンド帯よりも高周波のバンド帯のほうが高速に通信することができるんですね。

高周波のバンド帯を活用することで、高速通信を実現するわけです。

ドコモのLTE 4Gのバンド帯

ドコモ 通信帯域 LTE 4Gで利用できるバンド MVNO 格安SIMで活用できる

2019年3月7日
現在LTEのバンドで利用できるものは上記をあわせてご確認ください。

上記で示しているもの以外に新しいバンド帯ができます。

「ファントムセル」と「Massive MIMO」との組み合わせ

ドコモは、5Gの実現に向けて「ファントムセル」と「Massive MIMO」という技術の組み合わせを提案しています。ファントムセルは安定した高速通信を、 Massive MIMOは高い周波数帯の有効活用を実現します。なお、ファントムセルはすでに携帯電話の標準化プログラムである3GPPで関連技術の標準化が進められています。

ファントムセル

低い周波数帯のマクロセルと高い周波数帯のスモールセルとの間で、通信の安定性確保に必要な制御信号と高速データ通信を提供するユーザーデータ信号を分離するネットワーク構成です。

ちょっとむずかしい言葉ですね。

利用するユーザーを特定して、そのユーザーをめがけて電波を投げる為、かなり効率よく電波を発信することができるというものです。

この技術を利用することで、Massive MIMOを効率よく運用することが可能となります。

Massive MIMO

MIMOは、高い周波数帯において伝送品質を向上させるための有力技術です。各アンテナ素子から送信される信号を制御して、ユーザーのいる方向に向けて電波が同じ位相で重なり合うようにすることで、電波を強めて送信します。また、多数のアンテナ素子を用いることで、鋭い指向性のビームを生成して通信します。ビームの指向性を高めることで高い周波数帯でも電波をある程度遠くまで飛ばすことができるとともに、セル間の干渉を減らして周波数利用効率を大きく高めることができます。

「ファントムセル」と「Massive MIMO」との組み合わせを組み合わせることで、高周波でもユーザーは問題なく高速通信を行うことが可能となります。

現在ビジネス用途がないか検討中

現在ドコモではビジネス用途が5Gにないか検討しているようです。

5Gに関しては、あまりまだ情報もないという人もいるでしょう。まさに今の通信速度でも十分という人もかなり多くいるのです。

しかしながら5Gになれば、いろいろな面でメリットがあるのです。

遠隔でいろいろなことができるようになる可能性が非常に高いのです。

4Gでも十分なのかもしれませんが、現在の4Gよりも100倍の通信速度が上がると言われております。

100倍ってすごくないですか?

100倍早くなるということで、どの程度すごいのか?ということですが、この通信を利用すれば、1G程度のファイルも数秒でダウンロードすることが可能になるのです。

正直なところありえない速さになることは間違いありません。

仮に現在100Mbpsだった場合ですが、単純に100倍なら10000Mbpsとなるわけです。

10Gbps以上の通信速度になるわけです。

私の自宅でもまだ光回線が300Mbps程度なので、かなり早いですね。有線よりも早く高速に動作させることが可能となるわけです。

相当早い通信速度を実現することが可能となります。

ここまで早くなるということは、正直なところかなり驚きですよね。

そこまで高速になるということに関して現在ドコモではパートナープログラムというものを行っているのです。

実際にそこまで早くなった時の利用用途がわからないということが主な目的のようです。実際に今の100倍早くなりますといったところで、現在の利用環境で満足していれば、そこまで大きな問題はないでしょう。むしろ早くしないから安くしてほしいという声も出てくるかもしれません。

このようなことを考えるとそこまで早くなくてもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、それでもやはり早いに越したことはありません。

通信速度は遅いより早いほうが使い側としてはいいのです。(値段は別です)

そこに関してビジネスチャンスがないかということを現在ドコモも模索中なのです。このように5Gのプレリリースを9月に行うということで、その時に一般の人でもどの程度高速に通信ができるのかということがわかるかと思います。

5Gの通信が高速だということがわかれば後はスマホとなります。

スマホに関しては、まだ5Gに対応したモデルが日本では発売されておりません。2019年に入り5Gに対応したスマホの販売も行われるようになるかと思います。そうなれば、かなり楽しみであることは間違いありませんね。

2019年の秋モデル以降に5G対応モデルの販売はあるのか

2019年の秋モデル以降に5Gに対応したモデルというものも販売されると予想されております。

2019年の夏モデルでは発売されないと思われます。

GALAXY S10やXPERIA ONEでも5Gに対応しているモデルの正式発表はありませんでした。

そういうことから秋モデル以降の販売になることは間違いないでしょう。

5Gというのは4Gと比較しても100倍高速に通信を行うことができる為、期待している人もかなり多いと思います。

そういうことから発売を待っている人も多いと思います。すでにSnapDragon855にモデムを取り付けることで、5G対応になるということで、モデル製品などの販売などは行っているようです。

そういうことから5Gに対応されるモデルの発表は近い将来行われることは間違いないでしょう。

XPERIA 1の後継モデル?にあたるPremiumモデルでは5Gに対応する可能性があるとも言われております。

5Gの本格機種導入は2020年ごろからか
5Gを利用できるスマホの導入は2020年から本格導入すると思います。

SnapDragon865 CPU 性能はどれくらい向上する? 2020年に発売されるスマホに搭載予定

2019年5月30日
こちら2020年に一般的に普及するであろうCPUでは標準で5G通信が可能となります。
そのため2020年では標準で普及するモデルに5Gが搭載されると思われます。

高速通信を行えるスマホが販売しだすのは2020年ごろになるかと思います。

新料金プランは5Gも見据えた料金に?

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年6月5日

ドコモから新料金プランが発表されました。

これは5Gを見据えた料金になっているという噂です。

今後5Gが出てきますが、5Gと4Gでは通信速度も異なるため、料金体系が変わるかもしれません。

しかしながら料金体系が変わればユーザーは面倒ですからね。そのため料金体系も見据えた価格体系になっている可能性もあります。

auは通信無制限というプランを出す予定ですが、ドコモも通信無制限に追随してもらいたいですね。

ドコモに期待している人は本当に多いと思います。

30GBでも足らないかもしれない

30GBの容量がギガホにありますが、30GBの容量でも今後5Gになれば足らないかもしれません。相当なギガ数ということで、4Gでは十分かと思いますが、5Gになると一気にダウンロードすることが出来るのです。

一気にダウンロードすることにより、30GBでは足らない恐れが出てくるのです。

30GBでも足らないということは、非常に辛いところですが、それくらい5Gになると通信速度が上がるわけです。

今おごは間違いなく、通信速度があがり、それに対応出来ないレベルの通信を行うようになることは明白です。

それでも足らないというのはよっぽどかもしれませんが、そのような時代になる可能性が高いということです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA