ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ドコモ ウィズ iPhone7 発売開始 スペック 毎月1500円の割引施策はオススメ

こちら上記のリンク先からiPhone7の購入を行うことが可能ですが、在庫があったりなかったりしますが、2019年3月5日時点では在庫が存在します。

ぜひ今のタイミングで在庫の確認をしていただき、購入いただければと思います。

ドコモウィズ施策というものを知っている人もかなり多いと思います。ドコモウィズ対象のスマホに機種変更を行うと毎月1500円の割引施策を受けることができるというものです。

ドコモウィズ対象のモデルとしてiPhone6sの発売がありましたが、iPhone6sはかなり販売台数を伸ばしていることを知っていますか?

ドコモウィズ対象スマホとしてのiPhoneの販売ということで、かなりの人が期待していたということになります。

iPhone6sというと3年以上前のモデルとなりますが、それでもiPhone6sが毎月1500円の割引かつ端末価格も5万円程度で購入できるということで、非常に人気のあるモデルとなっているのです。

またiPhoneなら2年以上利用してもOSのアップデートが行われるということで、かなりの人気があります。

ドコモウィズの概要

1500円毎月の恩恵を受けることができる施策の適用条件などを掲載しておきます。

<適用開始時期>
「docomo with」対象製品を購入した日から適用され月内に契約した場合だと日割りで割引額が適用されます。ただし以下の場合は翌月からの適用となります。
・必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合
・月々サポート及び重畳適用不可のキャンペーン割引※1を適用中の場合
*1)
「月々サポート」「はじめてスマホ割」「シニア特割」「ドコモにチェンジ割」「ドコモの学割2017(1,000円/月割引)」「シニアはじめてスマホ割」は重畳契約不可となります。重畳不可のキャンペーン割引契約中の回線が「docomo with」を申込んだ場合、キャンペーン割引は当月末までの適用となり、「docomo with」は翌月からの適用となります。なお、「ドコモの学割2016」「ドコモの学割2017」について、基本料割引は重畳不可となりますが、dポイント進呈(1,000pt/月)等の各種特典およびボーナスパケット(5GB/月)のみ重畳適用されます。

<適用終了>
以下のいずれかに該当した場合は前月末までの適用となります。
・「docomo with」対象外端末への機種変更
・端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せずに定価で購入した場合やSIMフリー端末等の既にお持ちの端末にSIMを差し替えて利用した場合は「docomo with」を継続適用
・適用条件(対象料金プラン/必須パケットパック)を満たさなくなった場合
・回線解約

docomo With お得 ドコモウィズ ドコモで機種変更 1500円の値引きを毎月受けつつ SIMフリー端末を利用

2019年2月28日

こちらがドコモウィズの概要となっております。

ドコモウィズ対象機種を購入することで、毎月の維持費が次回の機種変更時まで永遠に続くのです。

これはかなりメリットのあることではないでしょうか。

最低の維持費も280円となり、かなり安価にスマホを維持することが可能となっております。iPhone6s以外の一番安価な機種であれば、3万円程度で購入することが可能な機種もあり、非常にメリットがあると思います。

ドコモウィズにiPhone7が登場し、機種変更を検討している人も多いでしょう。

それでは改めてiPhone7のスペックを紹介しておきましょう。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7のスペック

機種 iPhone7
大きさ 138.3×67.1×7.1mm
重さ 138g
OS iOS10
CPU A10
RAM 2GB
ROM 32、128、256GB
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/500万画素 F値1.8
カラー ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他 Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

カメラ機能

光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

2018年モデルのiPhoneがA12というCPUを搭載していることを考えるとA10というCPUとなります。

A10というCPUですが、基本的には、十分使えるモデルとなっております。

A12からすると2世代前のものとなりますが、実際には利用する上では全く問題ないレベルではないでしょうか。

2世代前ということは、iPhone7の動作速度などは基本的にiPhoneXSなどと比較すると半分くらいの能力ということになるのではないでしょうか。

こちら動画の比較となっておりますが、動画比較としてはかなりこれはオススメです。

最新のiPhoneXSMAXとの比較となっております。

iPhone7でもそれなりに使えるモデルであるということがわかるかと思います。個人的には結構好きですね。

iPhone7でもこれなら十分いけるのではないでしょうか。

発売開始

2018年9月1日からiPhone6sの販売が開始されました。

それから数ヶ月で販売開始となっており、今はすでにiPhone7を購入できる状態となっております。

こちらがそのサイトです。

ドコモ公式サイトへのリンク先となっておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

早期の発売ということで、iPhoneを安く持ってみたいという人にとってはかなりありがたい施策であることは間違いありません。

iPhone7の売れ行きはかなり上がっているようです。

購入ならドコモオンラインショップがオススメ

ドコモオンライン ネットからドコモ スマホ 購入 メリット デメリット

2019年2月20日

こちらの記事も確認いただきたいのですが、事務手数料無料で購入することが可能となります。

それだけではなく、頭金もありません。非常にメリットのあるオンラインショップを最近は利用する人が非常に増えているのです。

オンラインショップを利用するメリットというのは、価格的なメリットもかなりありますが、時間的なメリットもかなりあります。

とにかくドコモショップでの契約はかなり時間がかかるのです。そのような時間の節約にもなるのです。

こちらドコモオンラインショップとなっております。

こちらも合わせてご確認いただければと思いますね。

機種変更時の事務手数料が無料ということもかなりオススメできる一つの要素となっております。

新規やMNPでも同様に事務手数料が無料です。事務手数料が無料ということはかなりお得に契約ができるということです。

ドコモウィズというのは、非常に安価に維持することが可能となっておりますので、検討してもらいたいと思います。

ついにiPhone7はドコモウィズとして正式発表

docomo WithにiPhone7 アイフォーン7が登場 維持費 1500円 毎月安く維持が可能

2019年3月15日

こちらを確認してもらいたいのですが、ついに正式に発表されました。かなり早い段階でのドコモウィズ対象機種となりました。

かなり嬉しいと思いますね。

ドコモウィズ戦略の端末というのはかなり販売台数も伸ばすのです。

とにかくiPhone6sが販売された時はかなり売れたようなので、iPhone7に関してもかなり売れると予想されます。

ここまで早い段階での販売というのは非常にありがたい誤算ですね。

かなりの人がこのタイミングで購入しているということになります。iPhone7がdocomoウィズ対象のモデルになったということは、正直なところ驚きですが、かなり嬉しいと思います。

iPhone7からiPhone7への機種変更でもかなり安価に維持することが可能となります。

最低維持費が本当に安くなり、かなりメリットがあるかと思います。

iPhone7のレビューが気になる方

iPhone7 /Plus アイフォン7 レビュー 評価 評判 使い勝手は?不具合 維持費が安い

2019年2月28日

こちらにiPhone7のレビューを掲載しておきます。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

カメラ性能やタッチの性能など今でも十分利用することができるモデルです。

OSもiOS12までアップすることも可能となっており、非常に使い勝手もいい機種です。

iPhone8の購入を検討している人でもiPhone7を検討するのもいいでしょうね。

iPhone7はかなり売れているよう

iPhone7はかなりの売上のようです。

相当売れているモデルになっているようです。さすがAppleの人気はすごいですね。

iPhone7のスペックは2年前だったとしても正直なところ十分です。

2年前のモデルだけあり、当然ながら価格も下がっているわけです。4万円ちょっとという低価格で購入することができ、実質価格は数百円です。

それだけで毎月維持することができるまたそれを2年以上継続して維持することができるということがかなりオススメできるのです。

iPhone7に限らずこのような低価格モデルのスマホは本当にオススメできますね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA