GALAXYS10のフィルム 手帳型ケースがすでに販売中 見た目がわかる画像流出


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

GALAXY S10が近々販売されることは知っている人も多いと思います。

GALAXY S10が近々販売されることにより、それに伴う周辺機器というのも販売されております。

周辺機器はフィルム及び手帳型ケースとなっており、そこに本体が掲載されており、本体がどのようになるのかということが非常にわかりやすくなっているのです。

GALAXY S10の手帳型ケースも登場

GALAXY S10の手帳型ケースもこちら登場しております。

GALAXY S10に関して言えば日本でも2つのモデルが販売される見込みになっております。

通常のGALAXY S10とGALAXY S10+の2つのモデルとなっております。

こちら現在出ている画像というのはGALAXY S10+の画像となっております。

GALAXY S10+というのは、GALAXY Sシリーズの中でも一番のハイスペックモデルになります。

GALAXY Sシリーズはもともとサムスンのフラッグシップモデルとなっており、日本で発売されるとしてもかなりスペックが高いモデルとなっており、他のモデルと比較してもかなり上位に食い込んでくるモデルとなっております。

GALAXY S10に関しては世界中が注目をしているスマホとなっているため、日本だけでなく世界に情報が出ているのです。

そのため世界でも最新モデルの情報というのはいち早く出てくるわけです。

前面デュアルカメラがすごい

GALAXY S10+に関しては前面がデュアルカメラになる見込みです。

前面デュアルカメラという機種はそこまで多くはありませんが、前面でもかなりきれいな写真を撮ることができるというものとなっております。

当然といえば当然なわけですが、前面カメラは全員が必要というわけではありません。

基本的に自撮りを行うことをメインに考えている人なら前面デュアルカメラでもかなり興味が湧いてくるのではないでしょうか。

通常デュアルカメラというのは、広角と望遠です。

広角カメラはいいのですが、自撮りで望遠というのはどういうことなのでしょうか?

ひょっとすると遠くの景色と自撮りを重ねて撮るなんてときに利用できるのではないでしょうか。

組み合わせが広角と望遠ならまさにそのような利用方法が考えられるのではないかと思います。

こちら前面部分と背面部分の画像となっておりますが、カメラは6つのモデルになる見込みとなっております。ここまでカメラがあると存在感は本当にすごいですね。

デュアルカメラでも本当にすごいと思っていましたが、ここまでのカメラがたくさんあるモデルが販売されるとなると非常に期待もできるかと思います。

カメラの組み合わせはどうなるのか?

カメラの組み合わせはどうなるのでしょうか?

背面カメラは4つのカメラになる予定となっておりますので、カメラのスペックも1つ1つ異なると思われます。

同じカメラを2つ搭載しているとは思えません。その用途によってカメラを使い分けるわけです。

まずは広角カメラが搭載されるということは間違いないでしょう。広角というのは風景などを撮るときなどには必要となるカメラです。

基本的に広角カメラというのはデフォルト状態でカメラとして利用されると思われます。

続いて望遠カメラです。望遠のカメラというのは、望遠レンズとなっており、遠くのものを近くに見せることができるカメラになると思われます。

これは間違いなくついてくるでしょうね。

ちなみに参考情報ですが、GALAXY A9というモデルのスマホがすでにGALAXYシリーズから販売されており、そのモデルではすでに4つのカメラを持つモデルとなっております。

そちらのカメラの構成というのは「超広角」「望遠」「標準」「被写界深度測定」の4つの構成となっております。

今回もこれと同じような構成になるのか、もしくは設定を変更してくるのか?というところが気になる部分ではありますよね。

広角でも超広角という言葉が使われており、今までの広角よりもさらに広い部分を撮ることが可能となります。

また望遠では光学レンズが搭載されており、2倍の光学ズームとなります。

デジカメなら3倍程度の光学ズームがあるので、それくらいは期待したいところですが、やはりコンデジのようにはいかないと思います。

その理由はやはりコンデジほどの厚みがスマホにはないからです。やはり光学ズームにしょうとするとそれなりの本体に厚みがいるからかと思います。

今回GALAXY S10+も似たようなレンズになることは間違いないかと思います。

CPUは2019年で最速

CPUいわゆるコンピュータの頭脳に関しては2019年で最速になると思われます。SnapDragon855と呼ばれるものを搭載し、非常に高速に動作することが可能です。

韓国ではExynosを搭載したモデルが発売され、日本では登場するモデルと異なると思われますが、日本ではSnapDragon855と呼ばれるCPUを搭載するモデルが多数発売されるため比較要素としてはそのほうがいいのかもしれません。

CPUの速度が高速ということで、期待もかなりできるでしょうね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA